キャリアガーデンさんに4記事目掲載「人が苦手」「話すのが苦手」でも・・・

キャリアガーデン専門職コラム

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

キャリアガーデンさんへ『「人が苦手」「話すのが苦手」でも社会福祉士・精神保健福祉士は大丈夫?』という記事を寄稿しました。(4記事目)

「人が苦手」「話すのが苦手」でも社会福祉士・精神保健福祉士は大丈夫? | 職業情報サイト キャリアガーデン
「なりたい!」が見つかる職業情報サイト

「人が苦手」「話すのが苦手」でも社会福祉士・精神保健福祉士になりたい方へ向けて

キャリアガーデンさんは、進路や仕事選びを考えている高校生や大学生、社会人等の方々がよくご覧になるサイトです。

そのキャリアガーデンさんが「専門職コラム」のコンテンツを作成するにあたって、ブロガー等へお声掛けされたようで、私もその1人として寄稿させていただきました。

このタイトルで書こうと思ったきっかけは、現場で仕事をしている折、後輩から『私、”コミュ障”なんです』と相談されたことがあったからです。

“コミュ障”は最近使われるようになった造語で、Weblioによると『「コミュニケーション障害」の略として用いられる語。コミュニケーション能力に欠点・難点があり、円滑な人間関係の構築に困難が生じている状態などを指す語。』です。

そのような障害があるのかどうかはさておき、「そもそも人が苦手だったり、コミュニケーションに苦手意識のある方が福祉の仕事なんてできるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

確かに、福祉の仕事は、人と関わらないわけにはいきません。人と関わることがわかりきっている業界です。(このコロナ禍においても、福祉現場では在宅勤務がなかなか普及せず、直に人と関わり続けています。)

そのような仕事に、”人が苦手”と自覚のある方が飛び込んで行くのは、不思議かもしれません。

ですが実際、社会福祉士や精神保健福祉士、福祉の仕事をする方の中には、意外にもコミュニケーションに苦手意識のある方が少なくありません

かく言う私自身も、「人が好き!」「人と関わるのが好き!」とはとても言えません。

でもね、やっぱり人との関わりがゼロになるのは辛いんです。

仕事を通してであっても、人と関わらせてもらって、結果的に助かっているのです。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、人との関わりを求めるのは人の真理だと思います。

支援者といえども人ですから、「人が苦手」「話すのが苦手」と言っても、やっぱり人の中にいたいのです。

私の経験から言うなら「人を支援することで、自らが救われる」ことがあるからですし、

マズローの欲求5段階説で考えると「愛情・所属欲求」に関わることですし、

人間の進化の過程から考えると、人間は本能的に「共同体から追い出されないこと」を重要視するのです。(共同体から追い出されることは、生死に関わることだった)

「人が苦手」「話すのが苦手」でも、人と関わる仕事をするのは自然なことです。

もっと言うと、「人が苦手」「話すのが苦手」だから福祉には向いていないとか、やめた方が良いとは私は思いません。

今回の記事ではその理由についても話しております。よろしければご覧くださいね!

キャリアガーデンさんの「専門職コラム」について

キャリアガーデンさんの「専門職コラム」に寄稿するブロガーの多くは現場に身を置く実践家です。

あくまで個人の体験・知識をもとにした情報ではあるものの、現場のリアルを知るには有益な情報が見つかるはず。

社会福祉士や精神保健福祉士になろうかどうか迷っている方が、この仕事のリアルを知れて、職業選択の助けになると良いなぁと思います。

以上、キャリアガーデンさんに4記事目掲載「人が苦手」「話すのが苦手」でも・・・という話題でした!

これまでのキャリアガーデン専門職コラム掲載記事

社会福祉士のイメージと現実とのギャップ【イメージほど感謝されない?】 | 職業情報サイト キャリアガーデン
「なりたい!」が見つかる職業情報サイト
社会福祉士のイメージと現実とのギャップ②【支援には正解が無い?】 | 職業情報サイト キャリアガーデン
「なりたい!」が見つかる職業情報サイト
私が福祉の仕事を約10年続けられた7つの理由 | 職業情報サイト キャリアガーデン
「なりたい!」が見つかる職業情報サイト
「人が苦手」「話すのが苦手」でも社会福祉士・精神保健福祉士は大丈夫? | 職業情報サイト キャリアガーデン
「なりたい!」が見つかる職業情報サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました