【福祉現場】経験&理論のバランスが肝【偽ベテランにならないため】

しゃふく・PSWの実務
この記事は約8分で読めます。

あのベテラン先輩の支援、うまく言えんけど違うやろって感じるんよなあ・・・。

良い気付きだ。

経験年数が多いベテランといっても、偽物ってことがあるからな。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

福祉の現場では、経験年数が10年とか20年とかになれば「ベテラン」と呼ばれることがでてきます。新人からすれば、雲の上のような人になったりもします。

でも、実際は経験年数的にはベテランであっても、我流や自己流で成長のとまったベテラン的な人、すなわち「偽ベテラン」もいるのです。経験年数が多いからといって、スゴイ支援ができるとか、ベテランだって尊敬するのはちょっと待ってくださいってことです。

真のベテランと偽物のベテランを分けるのは、理論の積み上げです。ベテランですから、どちらにしろ経験値は豊富です。しかし、理論は自ら学ばないと積みあがったり洗練されることはありません。

福祉の現場ではベテランと偽物ベテランが混在してますので、新人のころは「あの先輩の支援って正しいのかなあ・・・?見ててなんだかモヤモヤする・・・。」とか「ベテラン先輩が自信もって、こうだ!っていうんだけど、なんか違うんだよなあ・・・」と感じることがあると思います。私もそうでした。

今回の記事は、社会福祉士や精神保健福祉士、福祉の現場で働く方々には、経験と理論のバランスが超大切という話をします。特に理論の補強です。いつのまにか偽ベテランに成り果ててしまわないためにも、とても大切なことです。なので、この記事は

  • 福祉現場の経験が浅い方
  • 実力ある本物の福祉職ベテランになりたい方

上記のような方に役立つ内容になっています。

それではまいりましょう!

「経験と理論」バランスが超超超大切!

経験も理論も大切です。どちらかだけでは良い専門職とは言えないでしょう。

たとえば、経験だけに偏ったらどうでしょう?我流や独善におちいります。

ワシは長年この方法でやってきたんだ!

専門書とか理論なんてもんは、使い物にならん!

ここまでハッキリ言う人はいないでしょうけど、近しい考えの方は色んな現場におられると思います。

私的には、こうした方は知識や技術をアップデートする努力を放棄した偽ベテランです。ある程度は効果的な方法なり支援なりをしているように見えるけれども、根本的にめざしているものがズレていたり、自己本位。我流がうまく通じないクライエントについてはすぐサジを投げる感じがします。

ならば理論さえあれば良いのかというとそうカンタンでもなくて。理論だけでは現場に落とし込めず、実行できないのです。いわば、評論家のような具合になりまして、周りからは「アイツは正論ばかり言うが、実際やって見ろっていったらできないんだよ。」と、心のなかで思われたり、実際いわれたりすることがあるでしょう。

理論も経験も欲しいのです。経験と理論の両輪あってこそ実践力が備わるのです。

新人に圧倒的に足りないもの=経験

新人や新採職員に圧倒的に足りていないのは経験です。カンタンにいえば、就職したての新人の頃は、理論と経験のバランスでいうと、理論に極端にかたよった経験不足状態です。

「経験不足だから、センパイにはどうしたってかなわないや・・・」と気落ちすることはありません!

新人には新人の強みがあります。それは、理論の鮮度です。

大学や専門学校というのは理論を教える場です。その教育課程でまなんできた方は、理論を積み上げることができているでしょう。しかも、鮮度が高いのです。先輩達は、もうかなりのことを忘れているものです。

とはいえ、経験については、まだまだこれからの時期です。

経験というのは、日々の支援で困ったり、悩んだり、辛かったり、失敗したということだけでなく、うまくいった、嬉しかった、楽しかった、面白かった、成功したということもありますね。いろいろな実績や結果も、経験といえます。

チッチッチッ。

オレは学生のころから福祉の現場でアルバイトもボランティアもしたんや。そこいらの新人と一緒にされたら困るで!

その経験は貴重だ。

しかし、社会人としての経験はまた別物になる。

謙虚であれよ。

ボランティアやアルバイトの経験は貴重ですし、たくさん努力がいったことだと思います。苦労もあったはずです。

しかしながら、経験の質が違うのです。立場や役割、仕事内容が違います。

たとえば、利用者やクライエントからみても、ボランティアやアルバイトの職員にたいする関わりや期待と、正職員や常勤職員への関わりや期待は違いがあります。

いくらかの経験ある新人なら、若さも相まって「オレはできる!」「できなければいけない!」と意気込んでしまうかもしれません。恥ずかしながら、私もそんな頃がありました。高く伸びた鼻を何度へし折られたか・・・(笑)

たくさんの経験するにはたくさんの時間がかかります。経験からの学習力に差はあるでしょうけれど、飛び級みないなことはなかなかないわけです。

みなさまはどうか謙虚に。いままでの経験は別物だと思って取り組まれたほうが成長できるでしょう。アルバイトやボランティア経験を理由に自信家になっても、周囲や先輩からは、ごうまんに見えたり、根拠のない自信家に見えたりするものです。

まだまだ経験が足りない、まだまだ知らないことがあるという知的な謙遜があることが大切です。そうでなくては偽ベテランに一直線です。

就職して現場に出たならば、とにかく謙虚に、足りない経験をつみあげていくことが、着実な成長になります。

偽ベテランに圧倒的に足りないもの=理論

さて、現場には「ベテラン」だけでなく、「偽ベテラン」もいます。さきほどお伝えしたように、「今までこの方法でうまくやってきたんだ!」と、やり方を変えられない方だけでなく

ワシは現場で何十年とやっとるからわかるけどな。

キミのやり方はどうかと思う。間違っとるよ。

(理由は説明できない)

みたいな偽ベテランは、理論が圧倒的に足りていません。知識や技術をアップデートする努力を放棄したのが偽ベテランです。

わたしは転職で3つの職場をうつってきましたが、偽ベテランはどの職場にもいました。やっかいなのは、偽ベテランは経験年数は長いので、立場が先輩だったり上司だったりすることです。

立場が上の偽ベテランに強気で言われた新人や後輩は、「なんだかおかしいぞ?」「どうしてそうしないといけないんだろう?」と思いつつも、従わざるをえないということです。

ホント、腹が立ったり、悔しかったり、意味がわからなかったり、でも反論できないもどかしさがあったりしますよね・・・。

わたし自身、納得がいかなくて「それはおかしいんじゃないですか?」と議論したこともありました。けど、良い結果にならないんですよね。

ただ関係が悪化するだけで、偽ベテランがゆずってくれることはまずないです。仮にやりこめたとしても、恨まれたり報復されるでしょう。仕事がやりにくくなるし、結果的に支援までうまくできなくなる。当事者やクライエントの不利益になることも・・・。

偽ベテランにどう対抗するかは人によるでしょうけれど、私は理論と実践をひたすら積み上げて、偽ベテランよりもより良い支援や対応をする実績をつくるようにしています。言葉ではなく結果で示すというのが私の対処法です。

ちなみに結果をだせば、偽ベテランは黙って見ているか、嫉妬してくるか(サイテ―!)、それなりにこちらを承認したり頼ってくるか、といった感じです。

でもね、偽ベテラン以外の気づく人は気づいてくれます。「あいつのやり方は俺達とは違うけど、結果が出てる。どうやったらそうなるんだ?」と気にする人が現れてきます。

結果を出すには、1年とかそれ以上かかるかもしれません。忍耐も持続力もいります。だからこそ、偽ベテランは諦めたのでしょう。私たちが同じ道を行くことはありません。

結果で示せた頃には凄く自信になります。ほんとにできるんですよ!ともにやりましょう!

まとめ 経験と理論のバランスとれた本物のベテランになるために

社会福祉士や精神保健福祉士として働き始めた新人ワーカーのみなさんや、経験の浅いみなさんは、焦らず経験をつんでいってほしいです。

いま、思うような仕事や支援ができなくても、それが自然ですし、とうぜんです!周りや先輩に迷惑をかけている気がするからといって、「自分はワーカーに向いてないんじゃないか?」なんて思うことはありません!

でもね、毎日疲れてクタクタなところにほんとに言いづらいんですけど、仕事でギモンに感じたこととか、わからなかったこととかは調べるようにしてほしいです。なにかしら面白いと思えたことがあれば、ぜひ学習してほしいです。それが、理論の積み上げになります。

誰もが目標をもって社会福祉士や精神保健福祉士、福祉の仕事に就いたはずです。はじめはきっと、キラキラした目標や理想、野望をもっていたはずです。なのに、知識などの理論的アップデートをやめてしまって、目標も理想もあきらめたけど「オレはもうできている」みたく自己防衛して、経験と理論のバランスを崩して経験一辺倒になってしまった人。その、なれの果てが偽ベテランなんです。

えー

偽ベテランてめちゃくちゃダサいやん。

そうだ。

ところでさっきの偽ベテラン。

お前と姿かたちがちょうど似てたぞ。気をつけてな。

偽ベテランにはなりたくないと思った方なら、きっと実現できます!

経験は現場でおのずとついてきます。でも、理論はおのずとついてきません。自ら学びとらないと、一向に積み上げられないのです。

ホントに大変なことなんですけど、どうか初心を思い出しつつ、理論をともにつみあげていきましょう!経験と理論をつみあげ続けた先にあるのが社会福祉士や精神保健福祉士として、経験と理論のバランスのとれた本物のベテランだと私は思います。

もちろん、私自身もまだまだベテランにむけて修行中なのです。

以上、【福祉現場】経験&理論のバランスが肝【偽ベテランにならないため】という話題でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました