児童福祉児童福祉司

児童福祉司になるには?【計9ルートを経験者が簡単に解説!】

zidouhukusisininaruniha 児童福祉司
  • 児童福祉司になりたい
  • 児童相談所で働きたい
  • 児童福祉司の任用資格を取りたい

こういった思いの方へ。

この記事の内容
  • 児童福祉司になるには?【3ステップ】
  • 児童福祉司任用資格の取り方【計9ルート】
  • 地方公務員試験について

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場経験は約10年です。児童相談所での児童福祉司経験があります。

児童福祉司になるには、次の3ステップです。

児童福祉司になる3ステップ

  1. 児童福祉司任用資格をとる
  2. 地方公務員試験試験に合格(都道府県等による任用)
  3. 児童相談所で児童福祉司として任命される
    ※①②は前後可能

具体的には、以下の9ルートがあります。
出典:厚生労働省資料


これだけではわかりにくいですよね。解説していきます。

児童福祉司と児童福祉司任用資格のキホン

児童福祉司になるには、児童福祉司任用資格を取らないといけない

児童福祉司になるには、児童福祉司任用資格が必要です。

任用資格を平たくいうと「児童福祉司になるための資格」です。

任用資格という概念は、行政分野に多いですね。

例えば児童福祉司以外には、以下のような任用資格があります。

  • 児童指導員任用資格
  • 社会教育主事任用資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 老人福祉指導主事任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格

児童福祉司は役割・職務のこと(資格では無い)

児童福祉司は資格ではなく、役割・職務のことです。

地方公務員試験に合格・採用されて、児童相談所に児童福祉司として配属されて、初めて「私は児童福祉司です」と言えます。

退職したり、別の職務に異動したら、児童福祉司ではなくなります。名刺にも書けません。それが児童福祉司です。

ステップ1:児童福祉司任用資格の取り方【計9ルート】

児童福祉司になる第一関門です。9つのルートのいずれかを達成してください。
(根拠法:児童福祉法 第13条 第1項

児童福祉司の任用資格

  1. 社会福祉士
  2. 精神保健福祉士
  3. 公認心理師
  4. 医師
  5. 都道府県知事の指定する児童福祉司若しくは児童福祉施設の職員を養成する学校その他の施設を卒業した者
  6. 都道府県知事の指定する講習会の課程を修了した者
  7. 学校教育法に基づく大学又は旧大学令に基づく大学において、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者(当該学科又は当該課程を修めて同法に基づく専門職大学の前期課程を修了した者を含む。)であつて、厚生労働省令で定める施設において一年以上相談援助業務(児童その他の者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行う業務をいう。第七号において同じ。)に従事したもの
  8. 社会福祉主事として二年以上相談援助業務に従事した者であつて、厚生労働大臣が定める講習会の課程を修了したもの
  9. 前各号に掲げる者と同等以上の能力を有すると認められる者であつて、厚生労働省令で定めるもの

ちなみに、①~④の人が約5割。⑦の人が約3割です。


出典:厚生労働省資料

①社会福祉士

社会福祉士資格を取ったら、あとは児童相談所に配属されたらOKです。
シンプルなルートですね。

「社会福祉士って何?」という方には「【簡単に】社会福祉士とは?12視点で現役がまとめ解説」を書いていますので、見てみてくださいね。

また、社会福祉士になるには12のルートがあります。下記記事で学歴や社会人などの条件に合わせた最短コースも解説しています。

②精神保健福祉士

社会福祉士と同様です。

精神保健福祉士資格を取ったら、あとは児童相談所に配属されればOKです。
これもシンプルなルートですね。

精神保健福祉士についてもこのブログで解説しています。全体イメージをもてるように「【簡単に】精神保健福祉士とは?12視点で現役がまとめ解説」を書いています。

また、精神保健福祉士になる方法は下記で解説しました。学歴や社会人等の条件に合わせた最短ルートもわかるようになっています。

③公認心理師

心理の国家資格として誕生したのが、公認心理士です。
2018年に第1回試験が行われていますね。2022年で第5回でした。

臨床心理士は大学院卒が必要でしたが、
公認心理士は大卒+実務経験での受験ができます

ご興味のある方はBrush up学びの「公認心理師の資格取得 │ 講座の資料請求と学校(スクール)比較」からチェックできます。

④医師

医師になってから児童福祉司になる人は珍しいと思いますが、可能です。

例えば、精神科医の藤林武史さんは元児相所長です。こちらの『「児相、何してるんや」と言われて 元所長が明かす虐待死ゼロの近道』という記事で思いを話されています。

全文では、”児相はサッカーチームで言うとゴールキーパーのポジション。みんな一緒にプレーしてるはずなのに、最後に点数を入れられるとキーパーが非難される”と例えておられたのが印象的でした。

≫医師になるには【スタディサプリ進路】

⑤都道府県知事の指定する児童福祉司等養成校を卒業

養成校は以下の2校です。このルートで目指す人は数%しかいません。

入学条件もあるので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。
参考:厚生労働省資料

  1. 国立障害者リハビリテーションセンター学院 児童指導員科 (埼玉県)
  2. 国立武蔵野学院附属児童自立支援専門員養成所 養成部 (埼玉県)
  3. 上智社会福祉専門学校 社会福祉専門課程 社会福祉士・児童指導員科 ※閉校

⑥都道府県知事指定の講習会を修了

「都道府県知事指定の講習会」として指定されているのは、

(社福)全国社会福祉協議会 中央福祉学院の児童福祉司資格認定通信課程です。

ただし受講条件が厳しく、現に児童福祉に関わる業務をしている自治体職員限定です。

⑦大学で専修+1年以上の実務経験

このルートは以下2つが要件です。

要件2つ

  1. 大学で、心理学、教育学、社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業する
  2. 指定施設で、1年以上相談援助業務に従事する

大学については、それぞれリンクを貼っておきます。
ご興味のある学問からトライするのが良いと思います。

⑧社会福祉主事として2~3年以上の実務経験+指定講習会

社会福祉主事も児童福祉司と同じく「その仕事について初めて名乗れる職務」です。

社会福祉主事になるには、社会福祉主事任用資格をとって、その仕事(福祉職の公務員など)につく必要があります。

例えば、地方公務員福祉職について、社会福祉主事として実務経験を2~3年以上積んでから、異動で児童相談所に配属され、児童福祉司になるイメージですね。

実務経験に加え、「児童福祉司任用前講習会」等の講習会過程を修了することが必要です。

≫社会福祉主事任用資格ガイド

⑨前各号に掲げる者と同等以上の能力を有すると認められる者であつて、厚生労働省令で定めるもの

厚生労働省は、以下を例示しています。

認められた資格職

  1. 保健師
  2. 助産師
  3. 看護師
  4. 保育士
  5. 教員
  6. 児童指導員

上記の資格をもって、1~2年の相談援助業務に従事し、
児童福祉司任用前講習会」等の講習会過程を修了することです。

ステップ2:地方公務員試験に合格

試験はカンタンではない

任用資格を取り、地方公務員試験に合格し、児童相談所に配属されて、
初めて児童福祉司を名乗ることができます。

公務員試験に合格する必要があるので、これが難関となる傾向です。

今から児童福祉司をめざす方は、在学中等から丁寧に勉強を重ねてくださいね。

福祉職公務員になるには対策講座を受けた方がベターです。価格は20万円以上で高額ですが、合格できたらお金以上の価値を手にできるでしょう。

福祉職公務員の特化コース一覧は「【福祉職公務員・地方上級】通信Web講座・予備校3つ」にまとめました。

ただし、既に社会人の方が経験を活かしてノー勉で受かる例はあるので、社会人の方には「とりあえず受けてみようよ」ということで『社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】』という記事を書いています。

繰り返しますが、まだ学生の方はしっかりと勉強しましょうね。

児童福祉司の年齢制限

地方公務員上級の福祉職や児童福祉司採用試験の受験資格は、
30~40歳程というケースもあれば、59歳まで受けられるケースもあります。

自治体によるので一概に言えませんが、例えば東京都では4種類の採用区分を設けていますし、それぞれ年齢制限が違います。(≫東京都福祉保健局HPはこちら

どう勉強するか?

独学でチャレンジする人もいるでしょうし、通信講座を受ける人もいるでしょう。

独学

独学のメリットは以下です。

  1. 安い
  2. 自分のペースでできる

デメリットはこちら。

  1. 情報収集や勉強法のサポートを受けられない
  2. 質問できない
  3. モチベーションを保ちにくい

独学が向いている人は。自分でコツコツと勉強できる、自分で調べることができる人だと思います。

通信講座

通信講座のメリットは以下。

  1. 効率的(出題傾向に合わせた学習、調べる時間)
  2. 質問できる講座あり
  3. モチベーションの維持

デメリットはこちら。

  1. お金がかかる(23万~30万程)
  2. 進むペースが自分に合わないと感じるかも

通信講座を検討する方は「【福祉職公務員・地方上級】通信Web講座・予備校3つ」もご覧くださいね。

地方公務員試験を受けるには?

ご希望の地域で調べてみて知っていくことになります。

探すならKoumuWin!がオススメです。公務員求人がまとめられているので「各自治体HPを1つずつ見る」なんて非効率的なことから解放されます。

≫公務員試験情報サイト【KoumuWIN!】 「地方公務員」「福祉職」の公務員試験日程一覧

とりあえず、お住いの地域の地方公務員試験の福祉職(児童福祉司採用)を探してみても良いですね。

予習になるし、モチベアップにつながると思います。

ステップ3:児童相談所で児童福祉司として任命される

ここまで到着したら「おめでとうございます!お疲れ様でしたー!」ということです。

自治体によっては、初めは児童相談所以外に配属されるかもしれません。

けれど国策において、児童相談所は児童福祉司の人数を増やさないといけない状況ですし、児童相談所は敬遠されがちな職場でもあるので、異動希望を出していれば叶いやすいと思います。

目指す方はぜひ頑張ってくださいね!

なお、下記記事は児童福祉司についてのまとめ記事なので、仕事内容や年収・待遇などを知りたい方はチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました