PR

精神保健福祉士が選ぶ|統合失調症のおすすめ映画【ネタバレあり!】

seisinnhokennhukusisi_tougousittyousyou_osusumeeiga

統合失調症がわかるオススメ映画ってある??

こうしたあなたへのおすすめ映画は、『ビューティフル・マインド』です。

私は10年以上、精神保健福祉士・社会福祉士として様々な現場で働いてきました。独身時代は映画を1日4本観ていたことがあります!

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。

人と交流しながら生活する機能が低下したり、自分が病気だと気づきにくくなったりすることもあります。

この病気の原因やメカニズムはまだよくわかっていませんが、遺伝的な要因やストレスなどが関係していると考えられています。

統合失調症のことを知るには、映画を見るのも一つの方法です。今回は、実在した天才数学者の半生を描いた「ビューティフル・マインド」をご紹介します

精神保健福祉士が選ぶ|統合失調症のおすすめ映画【ネタバレあり!】

この映画では、主人公のジョン・ナッシュが統合失調症になり、幻覚や妄想に苦しみながらも、妻の愛や友人の支えで立ち直っていく姿が描かれています。

統合失調症の人は、本当にあることと違うことを見たり聞いたりしたりします。それを幻覚や妄想と言います。薬で少しよくなることもありますが、完全に治ることはありません。

また、感情がにぶくなったり、やる気がなくなったりすることもあります。それを陰性症状と言います。薬ではあまり効きません。

あなたはこの映画を見ているうちに、統合失調症の世界を体験したような感覚になれると思います。

統合失調症の患者さんやその家族と関わる場合は、彼らがどんな思いで生きているのかを理解することが大切です。

この映画は、そんな理解を深めるきっかけになるかもしれません。

統合失調症は日本では約30万人の方がかかっています。その半分くらいの15万人の方は入院しています。

でも、統合失調症についてよく知っている人は少ないかもしれません。

本やインターネットで勉強することも大切ですが、映画で見ることもおすすめです。

「ビューティフル・マインド」は2001年に公開された名作で、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など多くの賞を受賞しました。

私はAmazonプライムで無料で観ましたが、他にもDVDやブルーレイで入手できます。

統合失調症の人の世界を感じられる映画です。ぜひ一度ご覧になってみてくださいね!

精神保健福祉士の仕事について知りたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

コメント