統合失調症がわかる映画:ビューティフル・マインド

福祉リアルと本音

統合失調症がわかるオススメ映画ってある??

「ビューティフル・マインド」かな。

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

精神疾患で入院している患者さんのなかで、もっとも割合が多い疾患をご存知でしょうか?

それは統合失調症(旧称:精神分裂病)です。

精神疾患で入院している患者さんの5割が統合失調症の患者さん。平成29年には約30万人のうち、15万人が統合失調症の患者さんでした。
参考:厚生労働省HP 精神保健医療福祉のデータと政策

精神保健福祉士やPSW(MHSW)には統合失調症の理解が欠かせません。この疾患の理解なくしては務まらない仕事です。

けれど、統合失調症をよく理解できている人は、あまり多くないと思います。

統合失調症には陽性症状と陰性症状がありますが、じっさいの症状には個人差があります。また、完治することはなく、寛解をめざして治療する病気です。

陽性症状?

寛解?

統合失調症について

  • 陽性症状 本来あるはずのないものが現れる症状 例えば幻聴、妄想など(薬で改善しやすい)
  • 陰性症状 感情の平板化や意欲の減退、思考の低下などの症状(薬で改善しにくい)
  • 寛解 統合失調症による症状が好転または、ほぼ消失して臨床的にコントロールされた状態状態(でも再発しやすい)

こう言われても、忘れてしまいそうではないでしょうか?

そこでちょうど良い方法が「ビューティフル・マインド」という名映画で理解してしまおうというわけです。

どんな映画なのか、映画紹介文から引用します。

ラッセル・クロウ扮する天才数学者のジョン・ナッシュは、国際的な名声を名声をつかみかけたところで国家の陰謀に巻き込まれてしまう。もはや信じられるのは、献身的な愛で支えてくれる妻のみ。勇気と栄光に彩られた感動のストーリー。
引用元:Amazonプライムビデオ ビューティフル・マインド解説文

2001年の映画ですが、廃れることの無い名作でしょう。

統合失調症のことが知りたいとか、精神疾患のことが知りたいとか、勉強モードになると面白味がなくなることもありますが「ビューティフル・マインド」はそういう映画ではありません。実在した数学者の半生を描いた作品なんですね。

なので、「統合失調症ってこういう病気だよ」というような啓発目的の映画ではないのです。

私が感動したのは、ストーリーを観ているうちに、統合失調症の世界を体験したかのような気分になれたことでした。

統合失調症の利用者・患者さんと関わるなら、彼らがどのような世界の中にいるのか知っている方が良いでしょう。

ちなみに私はAmazonプライムで無料で観れました。Amazonプライムさんにはお世話になっております。

Amazonプライム・ビデオ

以上、統合失調症がわかる映画「ビューティフル・マインド」という話題でした!

【関連記事】

精神保健福祉士の仕事がわかる本はこちらの記事で

精神保健福祉士(PSW)の仕事が物語でわかる文庫本
精神保健福祉士ってどんな仕事するんやろ? イメージしにくいよな どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 精神保健福祉士ってどんな仕事をする...

児童相談所や児童福祉司の仕事を知りたい方はこちらの本がオススメです

児童相談所の業務内容が小説でわかる『走れ!児童相談所』って?
児童相談所って、どんな仕事してるんや? 児童についてあらゆる相談を受けて指導・支援している。 ・・・っていうだけじゃ伝わらないよな。 どうも!社会福祉士・精神...

コメント

タイトルとURLをコピーしました