社会福祉士

社会福祉士の給料・年収高い職場ランキングTOP42【最新公式調査より】

社会福祉士

給料ええとこで働きたい!

  • 社会福祉士で給料の高い職場はどこ?
  • 年収の高い職場が知りたい!
  • いまより収入の高い職場で働きたい!

こういった思いの方へ。

この記事の内容
  • 社会福祉士の給料・年収高い職場ランキングTOP42

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場で10年超の経験です。

社会福祉士の平均年収は、職場によって268万~638万円の幅があります。

社会福祉士全体の平均年収は403万円ですが、

実際に私たちが得られる年収は、403万円よりも高かったり、低かったりしますね。

やりがいも大切ですが、どうせなら年収も高い職場で働きたいものです。

さて、今回のランキングは以下の調査をもとにしています。

本記事のランキングを見れば容赦無い現実がわかります。残酷なくらい。

ではチェックしましょう!

社会福祉士の給料・年収高い職場ランキングTOP42【最新公式調査より】

社会福祉士の平均年収ランキング 1位~10位

1位から!?記事的には最下位からが良いんちゃう?

みなさんが知りたいのは、年収高い職場だと思うので!

茶番はさておき。ご覧くださいませ。

行政関係(公務員)が大半です。公務員は収入面で恵まれています。

1位 保護観察所・地方更生保護委員 638万円

保護観察所・地方更生保護委員は、国家公務員の組織です。年収は2位よりも106万円多い。頭一つ飛び抜けています。別格ですね。

2位 児童相談所 532万円

児童相談所は地方公務員の組織です。

社会福祉士が入職した場合の働き方は、2つ考えられます。

  1. 児童相談所の児童福祉司(ケースワーカー)
  2. 一時保護所の児童指導員

児童相談所の年収が高い理由は、特殊勤務手当が増額された影響(残業だらけ)かもしれません。

従来より単位費用において児童福祉司の特殊勤務手当を算入しているところ、その積算について月額2万円相当に引き上げる
引用元:厚生労働省 令和2年度予算案について

なお、児童福祉司にご興味ありましたら、【経験者解説】児童福祉司とは?仕事内容・年収・なるには【まとめ】もご覧ください。私のケースワーカー経験をもとに解説しています。

5位 都道府県社会福祉協議会 /  10位 市区町村社会福祉協議会

5位と10位の社会福祉協議会について、よくある質問は「社会福祉協議会の職員は公務員なの?」というもの。

答えは、社会福祉協議会の職員は公務員ではありません

ただし、給与や福利厚生は、公務員レベルです。安定した収入・生活を求める方に、マッチしやすい職場でしょう。詳しくは「社会福祉協議会の職員=公務員?【社会福祉士解説】」で解説しています。

また、上位TOP10をほぼ独占した福祉職公務員をめざすなら、対策講座を検討しましょう。福祉職公務員に特化したコースがある大手の一覧は「【福祉職公務員・地方上級】通信Web講座・予備校3つ」でわかります。

公務員ばっかりで参考にならん!

次は民間の職場も出てくるぞ!

社会福祉士の平均年収ランキング 11位~20位

11位 乳児院・児童養護施設・母子生活支援施設 437万円

「乳児院・児童養護施設・母子生活支援施設」は入所施設です。

職員は土日休日関係なくシフト制で働く場合が多いでしょう。宿直手当や夜勤手当がある分、年収は高めと思われます。

入所施設で働く場合は、施設特有の辛さを覚悟しましょう。「楽で高給な職場」を期待すると後悔しかねません。体験談を「児童養護施設の仕事が厳しい12の理由【元児童指導員の本音】」でお話ししています。

13位 市役所、町村役場 436万円

「市役所、町村役場」は、やはり公務員の安定感ですね。

社会福祉士は福祉事務所などに配属される傾向です。

14位 介護老人福祉施設 423万円

「介護老人福祉施設」は特別養護老人ホーム、いわゆる特養ですね。

入所施設なので勤務はシフト制で、土日祝や夜間も働く現場です。勤務形態に体を合わせる働き方が求められますね。また職務は介護ですから、やはり体を使ってナンボです。

まさに、体力勝負の現場と言えます

過酷な分の手当は支給されるので、年収は高めなのでしょう。

19.5位 社会福祉士の平均年収 403万円

19位と20位の間に、社会福祉士の平均年収がランクインしました。

つまり、社会福祉士の平均年収403万円以上を稼げる職場は、下記3パターンに集約されます。

社会福祉士の平均年収よりも高い職場

  1. 行政・公務員
  2. 社会福祉協議会
  3. 入所施設

年収の高い職場で働きたい方は、上記のいずれかを狙うと希望の叶う公算が高いです。

なお、全国の社会福祉士の就職・転職方法をランキングにしたのが「社会福祉士の就職・転職方法ランキングTOP10【最新公式調査より】」です。平均年収UPをお考えの方はご参考に。

社会福祉士の平均年収ランキング 21位~30位

年収376万円~398万円は、社会福祉士平均年収のボリュームゾーンですね。この年収帯に多くの民間職場がひしめき合っています。

22位 病院・診療所 398万円

病院・診療所の平均年収はMSWの平均年収として読むことができます。

MSWはメディカル・ソーシャル・ワーカーの略称です。医療ソーシャルワーカーとも呼ばれますね。

PSWと混同されることがあるので、MSWとPSWの違いとは?社会福祉士・精神保健福祉士解説でわかるように解説しました。

なお、MSWの平均年収は、↓の通りです。


出典:社会福祉士就労状況調査結果報告書(令和2年度)

「平均」と「正規職員」の差は7万円ですから、MSWは正規職員が多いと推測できます。

27位 地域包括支援センター 386万円

地域包括支援センターは、市町村が設置する組織です。

運営するのは市町村か、市町村から委託された民間法人です。そのため、地域包括支援センター職員の身分は「公務員もいれば民間職員もいる」ということです。
参考:厚生労働省 地域包括支援センターの手引き 地域包括支援センターについて(概要)

なお、地域包括支援センターは、地域活動支援センターと間違えやすいので要注意です。両者の違いは「地域活動支援センターと地域包括支援センターの違い【社会福祉士解説】」で解説しています。

なお、地域包括支援センターの平均年収は、↓の通りです。


出典:社会福祉士就労状況調査結果報告書(令和2年度)

28位 独立型社会福祉士事務所 382万円

28位に独立型社会福祉士事務所がランクインしました。

独立型社会福祉士事務所のメリットは、所属組織に縛られず、自分たちが必要と思うことを実行しやすい点でしょう。

意外に感じたのは、社会福祉士として平均的な年収を確保できていることです。

組織で働く日々に慣れ切った私は、「独立」と聞くと不安定なイメージを抱いてしまうんですね。

しかし調査結果を見る限り、実際は私のイメージ通りでは無いのかもしれませんね。

社会福祉士の年収ランキング 31位~42位

最後に31位から42位です。

34位 子育て世代包括支援センター 368万円

子育て世代包括支援センターは市町村が設置する、母子保健法が根拠法の組織です。

子育て世代包括支援センターは民間に委託できるので、実際に働いている職員の身分は公務員とは限りません。
参考:子育て世代包括支援センターの設置運営について(通知) 厚生労働省雇用均等・児童家庭局長通知 平成29年3月31日

41位 高等学校 288万円 / 42位 小学校・中学校 268万円

41位・42位は学校関係(大学以外)でした。上記はスクールソーシャルワーカー(SSW)の平均年収と読み替えられます。

その額は社会福祉士最低レベルの200万円台です。原因はスクールソーシャルワーカー(SSW)の不安定な雇用形態でしょう。

下記の図をご覧ください。


出典:社会福祉士就労状況調査結果報告書(令和2年度)

「平均292万円」は「契約職員295万円」と3万円差ですので、SSWの大半は契約職員と推測できます。SSWは不安定な雇用形態で働いているのです。

こちらの「町に必要」正規採用も SSW待遇格差 非正規大半兼務多く 活動継続へ雇用安定必要でも報道されていますね。

正規職員であれば年収464万円を誇る高給ですが、ごく一部のSSWでしょう。

なんでこんなに正規職員が少ないんや?

SSWの分野はまだまだ黎明期。
年々拡充しているところなんだ。

学校には、いじめ・虐待・不登校などの多種多様なニーズがあります。

子どもへの投資は未来への投資です。子ども分野に予算を割かない政策は、「今さえ良ければ良い」という近視眼的な愚策ではないでしょうか。

文部科学省・教育委員会の皆さまには、スクールソーシャルワーカーの正規職員を増やし、手厚い支援体制の構築をお願いしたいです。(私たち世論のサポートも必要ですね)

なお、スクールソーシャルワーカーのなり方などについて、「学校で働く社会福祉士=スクールソーシャルワーカー(SSW)とは?」で解説しています。

最後に

社会福祉士の年収は職場次第です。

私自身も福祉業界で2回転職していますが、
転職した結果、年収が100万円以上増えたことがあります。(元の年収も低かったですが・・・)

転職先も同じ福祉業界なので、働くやりがい・辛さはあまり変わりませんでした。

でも違うのは、年収です。歴然と違いました。

最初は「何かおかしいな・・・」と思いましたが、
次第に「これが世の中なんだな・・・」と気持ちは変化していきました。

同一労働同一賃金が叫ばれて久しいですが、実現はまだ先なのでしょう。

社会福祉士の年収を左右するファクターは、どの職場で働くかです。

本当はもっと価値のある働きをしているのに、見合った給料・年収をもらえていない方がいるかもしれません・・・。

社会福祉士の就職・転職方法はたくさんあります。詳細はこちらの「【最新調査】社会福祉士の就職・転職方法ランキングTOP10」でまとめています。

給料UPの交渉などを代行してくれる転職エージェントについては「【3つだけ!】社会福祉士おすすめ転職サイト・転職エージェント」で比較検討しています。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました