精神保健福祉士

精神保健福祉士の略称がPSWからMHSWに変わった理由

精神保健福祉士

MHSW?何の略?

メンタルヘルスソーシャルワーカーだ。

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

これまで、精神保健福祉士の略称はPSWでした。

厳密には、精神保健福祉士≠PSWですが(精神保健福祉士とPSW(精神科ソーシャルワーカー)の違いを解説

日常会話レベルではだいたい同じ意味で通じていました。

ところが、日本精神保健福祉士協会の英語表記は、JAPSWからJAMHSWに変わっています。

2020年 第8回定時総会において英語による表記及び略称を「Japanese Association of Mental Health Social Workers」及び「JAMHSW」に変更(6月21日付)
引用元:日本精神保健福祉士協会 協会の概要

日本精神保健福祉士協会のホームページアドレスも、「jamhsw」で始まるように変わっています。徹底していますね!

JAMHSWの新会長は「会長あいさつ」で、「本協会は、昨年の総会で本協会名の英語表記の一部について、長年親しんだ『Psychiatric』を『Mental Health』へと変更いたしました」と報告しています。

今後、精神保健福祉士の略称は「MHSW」として広まっていくでしょう。

いずれ精神保健福祉士の皆さまは、「PSWの〇〇です」と名乗っていると

MHSWじゃないんですか?

と、突っ込まれる時が来るかもしれません。

とは言え、今はまだ「MHSWの〇〇です」と名乗っても、通じないことが多いでしょう。当面は過渡期が続くと思います。

そもそも、なぜMHSWに変えたのでしょうか?

PSWのままではいけなかったのでしょうか?

MHSWへの名称変更にはさまざまな議論がありました。賛成派反対派の意見をみていきましょう!

※そもそも精神保健福祉士って何?という疑問のある方は「【簡単に】精神保健福祉士とは?11視点で現役がまとめ解説」もご覧下さいね。

精神保健福祉士の略称がPSWからMHSWに変わった理由

名称変更議論のポイントは2つです。

議論のポイント

  1. 「PSW」という呼称は世界スタンダードでは無い
  2. 現在は精神保健福祉士への役割期待が高まっており、職域は拡大している。「PSW」では精神科限定になってしまう。

反対派の意見

名称変更に反対の意見を無理やりまとめると、↓のようになります。

  • PSWの名称を使い始めた当初から、職域は精神科の医療機関だけではなく、施設職員等も含んでいた。いま職域が拡大したからと言って、名称を変える必要は無いのでは。
  • 精神医療と切り離せない対象者を考えると、精神医学、精神科を示すPを切り離せないのではないか。
  • 誰にも受け入れられやすい言葉に変えることで、専門職としての使命感を希薄化させはしないか。重い苦しみを背負っている人が、置き去りにされはしないか。

他にも意見がありましたので、ご興味のある方は下記リンクをご覧ください。PSWの”P“に込められた意味の重さを、感じることができます。

≫PSW通信:PSWという名称を考える 日本精神保健福祉士協会の英語名称の変更についての提案

賛成派の意見

対して、賛成派の意見を無理やりまとめるとこのようになります。

  1. 「PSW」は日本では馴染み深い表現だが、世界では「SW」がスタンダード。国際会議の場ではPSWでもSSWでもMSWでもなく、「I’m a Social Worker from Japan」の方が通る。
  2. 支援対象が様々なメンタルヘルス課題を持つ人々となっている。Psychiatricと言うより、Mental Healthと言った方がしっくりくる。
  3. 日本社会で「メンタルヘルス」という用語が普及してきている。社会と人々のメンタルヘルスの課題にかかわるソーシャルワークが精神保健福祉士の仕事である、という理解を定着させることは、社会的に意義が大きい。

私が最も説得力を感じたのは、MPSセンター副センター長で精神保健福祉士の佐藤恵美氏の意見です。

我々がどう呼ばれたいかではなく、どの名称を使うことが「誰にとって」「どのように役に立つのか」と考えるべきではないだろうか。もはや、こころの健康問題とは、精神障がい者だけを対象とせず、予防的観点も含めてすべての人の課題であり、また、職域・地域社会の課題であることをも意味する。とするならば、それらの概念を包含し、多くの人に受け入れられやすい「MHSW」という名称への変更は、国際的通念という観点のみならず、大きな意義があるのではないだろうか。
引用元:PSW通信:PSWという名称を考える 日本精神保健福祉士協会の英語名称の変更についての提案

佐藤恵美氏は「もし部下が発達障害だったら」の著者で、弊ブログでご紹介したことのある方です。

なお、名称変更の妥当性について、名古屋市立大学院の樋澤吉彦教授は論文を書いています。

本報告の当面の結論として述べることができる点は、P法制定時の経緯とともに社会福祉士との住み分けの課題、また「審議会」における精神保健相談員との住み分けの課題を棚上げしたまま、現時点におけるPSWの活動を表すのであれば、「MHSW」の略称は正しい、ということである。
引用元:日本精神保健福祉士協会による “Psychiatric Social Worker” から “Mental Health Social worker” への名称変更提案の『根拠』の妥当性 : 『精神保健福祉士法』制定時の議論の整理を通して 樋澤吉彦(2020)

雑感

PSWからMHSWへの略称変更は、まだまだ定着していません。

現役で働く精神保健福祉士ですら、「え?MHSWって何?」と答えるくらいです。

MHSWが定着するまで、時間かかるだろうなあ・・・。

そもそもPSWという呼称は、どれだけ認知されていたのでしょうか?

統計調査はありませんが、福祉業界内ですら「PSW」と言っても伝わらないことがあるくらいです。まだまだこれからだったのでは、と推測します。

ちなみに「メンタルヘルス」で思い出すのは「メンヘラ」。

「メンヘラ」は造語です。一般的に「メンタルヘルス(心の健康)になんらかの問題を抱えている人」を指して使われる言葉ですね。参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』メンヘラ

今後、MHSWが定着したら略称はどうなるでしょうか?

まさか、「エムエイチエスダブリュー」なんて言い方はしないでしょう。噛んでしまいます。

「エムエイチ」も言いにくい。噛みそうです。

「エムエス」だと、MSWとかぶってしまいます。MSWさんに怒られちゃいそうです。

もっと略して「エム」。なんだかマゾみたいですね。「私はエムの〇〇です。」・・・顔が赤くなりそうです。

では「メンヘル」でしょうか?しかし、ちょっと間違えば「メンヘラ」です。

俺はメンヘル!

え?お前メンヘラなんか??

・・・すみませんでした。

なおwikiによると、もともと「メンヘラ」は「メンヘル」だったそうです。

ともあれ、略称が変わっても、精神保健福祉士はソーシャルワーカーであることに変わりありません。

仕事が変わるわけでもありません。焦ったり慌てる必要もありません。

どっしり構えてやっていきましょう!

ひとまずこのブログでは、様子を見ながらPSWとMHSWを使い分けていこうと思っています。ご理解いただけると幸いです。

以上、精神保健福祉士の略称がPSWからMHSWに変わった理由という話題でした!

なお、精神保健福祉士についてもっと知りたい方に向けては「【簡単に】精神保健福祉士とは?12視点で現役がまとめ解説」を書いています。

また、精神保健福祉士になる方法は11ルートに分かれています。学歴別や社会人などの条件に合わせた最短ルートを下記で解説していますので、ご興味のある方は参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました