社会福祉士

福祉用具専門相談員とは?【実は社会福祉士メリット】

社会福祉士

福祉用具専門相談員ってなに?

福祉用具の専門知識で、高齢の人や障がいのある人を支援するプロのこと

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

福祉用具専門相談員」はご存知でしょうか?

カンタンに言うと、福祉用具の専門知識を活かして、要介護状態の高齢の方や障がいのある方等の生活を支援するプロです。

この福祉用具専門相談員、ふつうは50時間の研修をうけないとなれません。でも、社会福祉士は研修をうけずに福祉用具専門相談員になれます。すでに専門知識があることになるからです。

今回は、福祉用具専門相談員のなり方、年収などを解説します。

社会福祉士の取得メリットですから、社会福祉士をめざしている方、すでに社会福祉士という方なら知っておいて損はないでしょう。

ではまいりましょう!

福祉用具専門相談員とは?【実は社会福祉士メリット】

福祉用具専門相談員とは?

何の仕事のプロ?

福祉用具専門相談員の仕事は、介護が必要な高齢者や障がいのある方が、自宅で安心して暮らせるように、福祉用具の選び方や使い方を専門知識でアドバイスすることです。

勤務先は、車椅子や特殊ベッドなどの福祉用具の貸与サービス・販売を行う事業所です。
参考:一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 Q&A

実際の仕事は、下記の動画をみるとイメージがわくと思います。

福祉用具専門相談員(職業情報提供サイト(日本版O-NET)職業紹介動画)
【※無断転載禁止】職業情報提供サイト(日本版O-NET)は、仕事内容や求められる知識・スキル等に係る情報を検索・参照できるWEBサイトです。約500の職業の概要を紹介する動画を配信しています。動画の他にも、職業解説、求められる知識・スキル等の数値データ、職業探しのためのツール、仕事管理支援ツールなどがありますので...

福祉用具専門相談員になるには?

福祉用具専門相談員は公的資格です。(国家資格ではありません)

福祉用具専門相談員の資格要件はありません

講習は誰でも受けることができますし、誰もが目指せる資格です。

福祉用具専門相談員になるには、「福祉用具専門相談員指定講習」を受けて、50時間のカリキュラムを修了する必要があります。

講習の最後には、1時間ほどの筆記試験があります。
※講習を探す方はこちら

ただし、この講習は社会福祉士なら受けなくてOKです。

社会福祉士なら、すでに専門知識があることになり、福祉用具専門相談員になる資格があります。

社会福祉士以外で講習をうけなくて良いのは、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、義肢装具士です。

精神保健福祉士は含まれていません…。

給料・年収は?

福祉用具専門相談員の平均月収は21万円です。(残業代除く)
(参考:平成28年度介護労働実態調査結果について

年収をグラフ化すると下記のようになります。

年収300~400万の方が多いですね。

求人はあるのか?

下記をクリックするだけで、全国の福祉用具専門相談員の求人が出てきます。詳しく知りたい方は、地域・希望年収なども入力すると良いでしょう。

福祉用具専門相談員の求人 | Indeed (インディード)
Indeed.com で福祉用具専門相談員の1,057件の検索結果: 福祉用具専門相談員などの求人を見る。

社会福祉士は福祉用具専門相談員に就職・転職できる

社会福祉士ならば、就職・転職先として福祉用具専門相談員になる選択肢があります。

ただし、収入は社会福祉士と大差ないか、若干低い可能性もあります

求人ごとに違うので、よくチェックした方が良いですね。

福祉用具専門相談員になりたい方、資格取得にご興味のある方はこちらもご参考に。

≫福祉用具専門相談員になるには?資格取得方法や費用について解説!

以上、福祉用具専門相談員とは?【実は社会福祉士メリット】という話題でした。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました