福祉全般

【比較解説】地域活動支援センターの類型【Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型】の違い

福祉全般

 

地域活動支援センターってⅠ型とかⅡ型とかあるけど、何が違うん?

違いは3つ。

事業・職員配置・利用者数だ。

私は社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

身体障がい、知的障がい、精神障がいのある方等が、通所して利用できる地域活動支援センター。

地域活動支援センターには、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型の3タイプがあります。この3つは何が違うのか?

比較しながらシンプルに解説します!

地域活動支援センターの類型【Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型】の違い

職員配置の違い

数字が小さい型ほど、職員配置は充実しています。

参考:地域生活支援事業等の実施について 厚生労働省社会・援護局

実利用者数の違い

いわばノルマのように、各類型ごとに利用者数の下限が決められています。

数字が小さい型ほど、利用者数が多いイメージです。

参考:地域生活支援事業等の実施について 厚生労働省社会・援護局

事業の違い

地域活動支援センターの事業は2つあります。

その2つとは、基礎的事業機能強化事業です。以下、それぞれシンプルに解説します。

基礎的事業はどの類型でも行う

どの類型の地域活動支援センターも基礎的事業を行っています

したがって基礎的事業を行っている点では、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型の間に違いはありません。

基礎的事業とは下記3つのことです。

基礎的事業の内容

  1. 創作的活動
  2. 生産活動
  3. 地域にあわせた支援

ところで、創作的活動や生産活動とは何なのでしょう?バクゼンとしていますね。

実は、「この活動をしなさい」とは決まっていません。

よくある活動は以下の通りです。

  • 園芸
  • 農作業
  • 料理
  • 手工芸
  • 音楽
  • 習字
  • 折り紙 など

活動内容は、それぞれの地域活動支援センターで決めることができます。自由度があるんですね。

したがって創作的活動と生産活動の中身は、それぞれの地域活動支援センターで違います

そのため実際の地域活動支援センターでよくあるのは、「Ⅰ型のA地域活動支援センターは料理と手工芸・折り紙を行っているが、同じくⅠ型のB地域活動支援センターは園芸・農作業を行っている」ということです。

基礎的事業(①創作的活動 ②生産活動 ③地域にあわせた支援)は、どの類型の地域活動支援センターも行っています。

ただし基礎的事業の中身には、地域活動支援センターごとに個性があります

類型ごとに違うわけではありません。地域活動支援センターごとに違うのです。

機能強化事業の内容はⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型で違う

機能強化事業は名前のとおり、地域活動支援センターの機能を強化する事業。これも、地域活動支援センターが必ず行う事業です。

ただし機能強化事業の内容は、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型で違います

参考:地域生活支援事業等の実施について 厚生労働省社会・援護局

類型によって大きく違うことがわかりますね。Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型の差異がハッキリしやすいポイントです。

ちなみに上の図でⅢ型の箇所だけは、事業の説明になっていないように見えますよね。

調べたところ、地域活動支援センターのⅢ型は過去に無認可作業所(別名:小規模作業所、共同作業所)と呼ばれていた施設のことです。

支援充実のためにⅢ型という類型が設計され、移行できるようにされた背景事情があるようです。


地域活動支援センターや福祉制度、障害福祉サービスをよく知るには、障害者総合支援法の理解がマストです。

こちらの本は図解があってわかりやすいので、解説本をまだもっていない方にオススメです。(私も持っています)

なお、Twitterでも福祉について情報発信しています。ブログ投稿もお知らせしていますので、フォローしてもらえると嬉しいです!

【オススメ関連記事】

地域活動支援センターって、似た名前のセンターがあったり、似た活動をしている事業が多いです。混乱しますよね?整理記事をつくりました。

①地域活動支援センターと地域生活支援センターの違いを知りたい方へ

②地域活動支援センターと就労継続支援事業の違いを知りたい方へ

③地域活動支援センターと精神科デイケアの違いを知りたい方へ

④地域活動支援センターと地域包括支援センターの違いを知りたい方へ

 

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました