社会福祉士

【発表】社会福祉士の一発合格率=42%~60%【現役解説】

社会福祉士

社会福祉士の一発合格率ってどれくらい?

42%~60%なんだよ。

この記事の内容
  • 社会福祉士国家試験 一発合格率
  • 社会福祉士国家試験 合格率の推移
  • 社会福祉士受験資格の取得ルート

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場で10年超の経験です。

社会福祉士の国家試験の合格率は30%くらいで毎年推移しています。

けれど、一発合格率は約42%~60%です。

詳細データをもとに解説していきます。

【発表】社会福祉士の一発合格率=42%~60%【現役解説】

社会福祉士国家試験 一発合格率は?

まず一発合格率の定義ですが

一発合格率 = 新卒の合格率

とします。新卒が国家試験をうけるのは1回目だからです。

では、一発合格率を見てみましょう。(第31回社会福祉士国家試験の結果)

一発合格率 (現役合格率)
福祉系大学等 54.7%
短期養成施設 42.4%
一般養成施設 59.5%

一般養成施設は一発合格率はほぼ6割。落ちる人の方が少ないです。

5割を切ったのは短期養成施設のみですが、それでも4割以上です。

なお、大学・ルート別の合格率ランキングは「【社会福祉士国家試験合格率】大学・ルート別ランキング【第34回】」にまとめています。

では、どうして社会福祉士の合格率は平均約30%なんでしょうか?

その理由は既卒との合格率にあります。次のグラフをごらんください。

f:id:a_purpose:20200714095933p:plain
参考: 厚生労働省HP 第31回社会福祉士国家試験学校別合格率

これが身もフタもない事実です。新卒と既卒の合格率差は約20~40%です。予想以上の差ではないでしょうか?

新卒(一発合格率) 既卒   合格率差
福祉系大学等 54.7% 14.4%  40.3%
短期養成施設 42.4% 18.5%  23.9%
一般養成施設 59.5% 17.6%  41.9%

社会福祉士の平均合格率を下げているのは既卒の人(前年度までに卒業・修了した人)です・・・。

めちゃくちゃ不名誉な話ですが、先輩たちが後輩たちよりも成績が悪いわけです。

社会福祉士、ラクに取れそうやん!

息抜きはOK!

けど、一発合格しないと悲惨なことになるから気をつけよう!

社会福祉士の一発合格率は約42%~60%です。30%ときくと難関なイメージですが、これなら悪くないですね。

でも、油断は厳禁です。悲惨なことになるので、こちらの「【5つの損失】社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に落ちたら・・・」で解説しています。

社会福祉士国家試験 合格率の推移

近年の社会福祉士合格率は約30%です。

f:id:a_purpose:20200711220103p:plain
参考:社会福祉士国家試験の受験者・合格者の推移

第32回の合格率は29.3%でした。やはり約3割に変わりなしです。
参考:社会福祉振興・試験センターホームページ 第 33 回社会福祉士国家試験の合格発表について

社会福祉士受験資格の取得ルート

社会福祉士の受験資格を得るのはなかなか大変です。
(参考:社会福祉振興・試験センターホームページ 受験資格

福祉系大学等ルートとは?

短期養成施設にも一般養成施設にも通っていなければ、福祉系大学等ルートです。消去法なんですね。以下の3ルートがあります。

  1. 福祉系大学等(4年)+指定科目履修
  2. 福祉系短大等(3年)+指定科目履修+相談援助実務(1年以上)
  3. 福祉系短大等(2年)+指定科目履修+相談援助実務(2年以上)

4年制大学でストレートに単位をとった人はこのルートになることが多いでしょう。

受験者数が一番多いのもこのルートです。

短期養成施設ルートとは?

大学に通ったり実務経験があったりマチマチですが、最終的に短期養成施設等に通った人は短期養成施設ルートです。以下の5ルートがあります。

  1. 福祉系大学等(4年)+基礎科目履修+短期養成施設等(6か月以上)
  2. 福祉系短大等(3年)+基礎科目履修+相談援助実務(1年以上)+短期養成施設等(6か月以上)
  3. 福祉系短大等(2年)+基礎科目履修+相談援助実務(2年以上)+短期養成施設等(6か月以上)
  4. 社会福祉主事養成機関(2年以上)+相談援助実務(2年以上)+短期養成施設等(6か月以上)
  5. 児童福祉士司or身体障害者福祉司or審査指導員or知的障害者福祉司or老人福祉指導主事の実務経験4年+短期養成施設等(6か月以上)

短期養成施設は、ほぼ通信課程です。

一般養成施設等ルートとは?

上記とおなじで、大学に通ったり実務経験があったりマチマチですが最終的に一般養成施設等に通えば一般養成施設ルートです。専門学校が多いですね。

以下の4ルートがあります。

  1. 一般大学等(4年)+一般養成施設等(1年以上)
  2. 一般短大等(3年)+相談援助実務(1年以上)+一般養成施設等(1年以上)
  3. 一般短大等(2年)+相談援助実務(2年以上)+一般養成施設等(1年以上)
  4. 相談援助実務(4年)+一般養成施設等(1年以上)
この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました