精神保健福祉士

【年143万円多い】精神保健福祉士の地方公務員年収・給料・手取り

hukusisyokukoumuinn-mhsw 精神保健福祉士
  • 精神保健福祉士の公務員の平均年収・給料・手取りは?
  • 精神保健福祉士として公務員になるには?

こういった思いの方へ。

この記事の内容
  • 福祉職の地方公務員(精神保健福祉士)の給与・手取り・年収
  • 【家2軒買える!?】年143万円差を生涯収入にすると・・・
  • 福祉職公務員の競争率は?

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場経験は約10年です。児童相談所での児童福祉司経験があります。

精神保健福祉士は低めの収入ですが、精神保健福祉士の公務員だけは別格です。

その給与実態は、精神保健福祉士になろうか迷っている方や、現に精神保健福祉士という方にとって、知っておいて損はありません。

まず結論の表です。

項目 精神保健福祉士 福祉職地方公務員
(精神保健福祉士含む)
給与/月 252,500円 340,333円
手取り/月 209,860円 283,485円
平均年収 4,040,000円 5,471,170円

本記事の参照データは以下です。

参照データ:令和3年地方公務員給与実態調査令和2年度精神保健福祉士就労状況調査
手取り額:ファンジョブにて東京都・40歳未満・子ども0人の条件で計算
精神保健福祉士の給与・手取り:年4か月分のボーナスがある場合で計算

【年143万円多い】精神保健福祉士の地方公務員年収・給料・手取り

地方公務員の精神保健福祉士の平均年収は約547万円です。

精神保健福祉士
平均年収

404万円

福祉職地方公務員
平均年収

547万円

差額は約143万円です。

福祉職の地方公務員(精神保健福祉士)の給与・手取り・年収は?

地方公務員の福祉職の給与月額合計は340,333円です。
(参照:令和3年地方公務員給与実態調査

手取りは283,485円でした。ファンジョブにて東京都・40歳未満・子ども0人として計算)

「給与月額合計」とは、諸手当を含んだ額です。諸手当とは、扶養手当 、地域手当、住居手当、初任給調整手当、通勤手当、単身赴任手当、管理職手当などです。手取りとは違います。いわゆる額面であり、保険料などが引かれる前の金額です。

精神保健福祉士の平均じゃないやん?

地方公務員の精神保健福祉士だけを調査した統計は無かったんだ。福祉職は精神保健福祉士を含むから、大差はないと思う。

地方公務員の精神保健福祉士だけを調査した統計はありませんでした。

しかし、地方公務員福祉職に精神保健福祉士は含まれるので、この調査結果から平均年収を計算できます。

項目 収入
給与月額 340,333×12=4,083,996 (円)
期末手当(ボーナス) 793,004円
勤勉手当(ボーナス) 594,170円
合計 5,471,170円

つまり、地方公務員福祉職(≒精神保健福祉士)の平均年収は約547万円です。

【家2軒買える!?】年143万円差を生涯収入にすると・・・

年143万円。毎年、軽自動車が買えるほどの差です。

これを生涯で考えるともっと残酷です。
定年が65歳まで延長される予定なので、勤務年数は40年で計算します。

143万円 × 40年 = 5,720万円

5,720万円差となります。

精神保健福祉士として民間で働くか公務員となるかで、生涯収入に平均5,720万円の差が生じると考えられます。家2軒買えるレベルの金額です

お金だけが全てじゃないで!やりがいも大切や!

やりがいと5,720万円をてんびんにかけてみると?

やりがいを取るか5,720万円をとるか?く・・・幸せとはなんぞや・・・

どちらの方が重いか?あなた様はどうでしょうか。答えは人それぞれですね。

もちろん、福祉職公務員(精神保健福祉士)にもやりがいはあるので、実際は単純に計算できないですね。

福祉職公務員の競争率は?

公務員になれるならなりたいけどさ、公務員試験って競争率高いやん?

公務員試験は昔とは変わってきてる。競争倍率1倍代の自治体もあるんだ。

慢性的な人手不足が問題となっている福祉業界。地方公務員の福祉職採用にも影響を与えています。より良い人材の取り合いが起きているのです。

良い人材が地方公務員に就職するとはかぎりません。強い目的意識、やりがいを重視する方の中には、起業したり、民間の法人で働く方もいます。

なので、福祉職の公務員採用が競争率の低い穴場になっている自治体もあります。

福祉人材が乏しく、全国的に求められている今はチャンスなのです。多くの方が公務員になれる可能性をもっているということです。

こちらの「社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】」でも解説していますが、公務員試験に無対策で、「ぶっつけ本番」で受かる方も中にはいます。

最後に

もう一度結果の一覧です。

項目 精神保健福祉士 福祉職地方公務員
(精神保健福祉士含む)
給与/月 252,500円 340,333円
手取り/月 209,860円 283,485円
平均年収 4,040,000円 5,471,170円

お金があれば幸せになれるわけではありませんが、お金が少ないと不幸を増やすと言われています。

私は、身内や友人には福祉職公務員をオススメしたくなります。

「どうしても今の現場が良い」「福祉職公務員以外にやりたいことがある」という方にはオススメしませんが、ここまで読んでくださった方は何かしら思うところがあるのではないでしょうか?

後悔なきように。

現在の福祉職公務員試験の状況については、「社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】」でも解説しています。

しっかり目指すには対策講座を受けた方が良いのですが、価格は20万円以上します。高いですね。

しかし合格できたなら、年143万円ほどの年収UPを見込めます。先行投資として、価値は十分あると思います。

福祉職公務員の特化コース一覧は「【福祉職公務員・地方上級】通信Web講座・予備校3つ」にまとめました。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました