精神保健福祉士

精神保健福祉士の服装は?白衣を着る?【答え=職場次第】

psw-mhsw-hukusou-hakui 精神保健福祉士
  • 精神保健福祉士にふさわしい服装は?
  • 精神保健福祉士って白衣を着るの?

こういった疑問のある方へ。

この記事の内容
  • 精神保健福祉士にふさわしい服装に迷ったら職場に合わせよう
  • 精神保健福祉士は白衣を着る?答え:職場次第
  • 精神保健福祉士が白衣を着ることには反対意見が存在する

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場経験は約10年です。

精神保健福祉士にふさわしい服装って何か?どんな服装にしたら良いか?

制服が決まっていない職場で迷ったなら、まずはその職場に合わせるのがベターです。
周りの人の服装をチェックしましょう。

制服が決まっている職場なら、服装に迷うことは無いですね。
精神科病院や精神科診療所・クリニックであれば、白衣を着ることもあるでしょう。

ただし「精神保健福祉士が白衣を着ること」には反対意見が存在します

このあたりを解説していきます。

精神保健福祉士の服装は?白衣を着る?【答え=職場次第】

迷ったら職場に合わせるのがベター

「精神保健福祉士はどんな服を着たら良いですか?」と聞かれたら、

まずは職場の精神保健福祉士さんの服装に合わせるのがベターと答えます。

理由としては、私は組織で働くのに慣れていて、「郷に入っては郷に従え」「出る杭は打たれる」的な思考もありまして、まずは様子見したほうが良いと思うからです。

精神保健福祉士は組織やチームのなかで動くので、職場での人間関係はとても大切です。

例えばドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の主人公みたいに「私失敗しないので」「いたしません」と言って敵をつくっていたら耳を傾けてもらえず、仕事できなくなります。(カッコいいですけどね!)

患者さんや利用者さんへの面接がうまければOK、という仕事でもないんですね。

なので、迷ったらまずは職場の精神保健福祉士さんの服装を真似るのがオススメです。

自らのカラーを出すのは腕前が認められたり、役職や立場がついてからがベターでしょう。

私服の職場のサンプル

精神保健福祉士が私服を着ている職場(制服が無い職場)では、いろんなパターンがあります。

まず、きれいめな格好をされている精神保健福祉士さんは⇩の手前の男女のような感じ。

役場や相談支援事業所、病院のPSWさんに多いと思います。

柄なし、襟付き、ジーンズ以外のパンツ(チノパンとか)、なめらかな感じの素材の服を着ている人が多いですね。

リアルな例としては「「第54回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会/第17回日本精神保健福祉士学会学術集会に参加しました」の精神保健福祉士さん達の集合写真の服装がザ・精神保健福祉士(相談支援職)の服装という感じです。

白衣の職場のサンプル

精神科病院や精神科診療所・クリニックなら、精神保健福祉士の制服が白衣ということもあるでしょう。

私の経験でも、精神保健福祉士が白衣を着ている精神科病院がありました。

ちなみに、病院やクリニックで白衣を着ることがあるのは精神保健福祉士だけではなく、MSW(メディカルソーシャルワーカー)も同じです。

例えば私が学生の頃、社会福祉士実習で某大学病院の地域連携室に入ったときはMSWの制服は白衣でした。

もちろん私も白衣を着ましたが、患者さんは医師と勘違いして「先生」と呼んできたり。

違和感を覚えつつも「オレが先生?・・・悪く無い。」と偉くなった気分になったのを覚えています(苦笑)

精神保健福祉士が白衣を着ることには反対意見が存在する

精神保健福祉士が白衣を着るのはふさわしくないのでは?』という意見があります。

理由は、精神保健福祉士の専門性がクライエントさんとの関係性にあるからです。
服装は関係性に影響を与えるんですね。

で、精神保健福祉士が白衣を着ると次のような影響があると考えられています。

  • 関係性 → 支援する者(精神保健福祉士)と支援される者(患者さん)
  • 権威 → 精神保健福祉士に権威がある(上の立場)

この点について、日本社会事業大学 大学院福祉マネジメント研究科の古屋教授がまとめておられます。2011年の記事ですが色あせてないですね。

精神科医の伊藤順一郎氏は『第63回こんぼ亭月例会『僕は白衣を捨てて町に出た~精神医療、診察室の外へ出る~』』で次のように話しています。

「白衣を捨てて」にはいろいろな意味合いがあります。
第一に、診察室という場を出て、生活の場で仕事をするようにしたという意味があります。
第二に、白衣に象徴される「権威」の力を借りることをやめたという意味もあります。
第三に、「問診 – 診断 – 処方」という流れを、利用者との対話の中心に置くことをやめたということでもあります。
そのことによって、生まれてきたこと --- それは、生活の場にふさわしい態度で、利用者のご自宅や生活の場におもむき、彼らの苦悩に耳をかたむけ、共に悩み、考え続ける対話的態度を身につけてきたということでしょうか。
引用元:特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構・コンボHP 第63回こんぼ亭月例会『僕は白衣を捨てて町に出た~精神医療、診察室の外へ出る~

精神科医の中でも、白衣を脱ごうという方々がいますね。

例えば、ACT-Kを立ち上げた精神科医の高木俊介氏は革ジャンです(!)

さすがに我々、精神保健福祉士が仕事で革ジャンを着るのは難しそうですが(笑)

白衣を脱いで私服を着ることは、精神疾患や精神障がいのある方の生活を支援するうえで深い意味が込められているのです。

意図をもって白衣を脱ぐ精神科医が出てくるなか、精神保健福祉士が白衣を着るということはどうなのかという意見があるわけです。

最後に

医療現場の精神保健福祉士は白衣を着ることがあります

地域の事業所や行政の精神保健福祉士は、私服を着ることが多いでしょう。

面接などを控えていてどんな服装が良いか困っている方には、ジョブメドレーの「【スーツ・私服別】医療介護福祉職の面接にふさわしい服装・髪型・メイク・身だしなみまとめ」が役立つと思うのでリンク貼っておきますね。

ちなみに私は、所属機関の役割を考えつつ、なるべく対等性を感じてもらえるようにしたい、見た目で信頼感を損ないたくない、という考えで仕事着を選ぶようにしています。

ご参考くださいね!

この記事を書いた人

社会福祉士&精神保健福祉士|大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書く日々|月4万PV|妻と猫が大切

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました