児童福祉児童福祉司

【書評】新・ちいさいひと青葉児童相談所物語1巻【ネタバレあり】

児童福祉司

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

児童相談所をテーマに扱ったフィクション作品、『新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語』の1巻を読んでみました。

本作品の主人公は児童福祉司です。福祉職を主人公とする作品は、医療職や司法職と比べて少ない印象ですから、貴重なマンガと言えるでしょう。

しかも連載が続いている人気作品です。

1巻は児童福祉司が子ども(ちいさいひと)を救うストーリーです。本記事では『新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語』の1巻だけをレビューします。

【書評】新・ちいさいひと青葉児童相談所物語1巻【ネタバレあり】

本作は命の危機にある子どもを、正義感ある児童福祉司が救うストーリーです。

本作の輝いている点は、テレビや新聞等のメディアでは悪者(?)扱いな児童相談所・児童福祉司が、ヒーローのように扱われていることでしょう。

しかもストーリーは緊張感を保ちながら、刑事・探偵ドラマのように展開していくので面白いですね。読後感は清々しいでしょう。

・・・と、べた褒めなのですが現場視点でみると「実際にそれをやっちゃったら法的に問題では?」という点も散見されたので列挙します。

現実ではできないこと

まず、三歳児健診に来なかった母子家庭の訪問で、腐臭がして児相職員が居宅の中に入る場面です。

これは法的にはできません。住居侵入罪に問われかねないでしょう。

本作品の別ページではちゃんと解説されていますが、本来は以下のプロセスです。


出典:【発出版】子ども虐待対応の手引き

つまり児相職員が無断で住居に入って良いのは、臨検・捜索(実力行使)のみで、最終手段です。

物語での家庭訪問が臨検・捜索だったならOKですが、そういう文脈では無いように見えました。

他にも「それはやったらアカンやろ」と思ったのは、

  • 家庭訪問時に、児相職員が保護者宛の文書をこっそり自分のポケットにおさめる
  • 保護者の個人情報を、パートナーに無断で伝える

という場面等。実際にすると窃盗や守秘義務違反になるのではと思いました。結果的にうまく進んでいますが、現実はそうなるとは限りません。

こういった点はやはりフィクションならでは。物語をドラマチックに進めるための演出かな?と思います。

実際は法令に従って動くので時間がかかるし地味です。

腐臭がする・・・いったん所に連絡して対応を協議しよう。

という感じかな。興ざめですよね!

児童相談所・児童福祉司にスポットライトを当てた意義ある作品

メディアから批判の的となりやすい児童相談所・児童福祉司。

子どもを救えなかった時は、現場職員も人間ですから相当のダメージを受けます。

社会的なバッシングも相まって休職者が相次ぎ、壊滅的なダメージを受ける現場もあります。

メンタルが要因で休職する人が多いことは、全国の児童相談所が抱える悩みとなっています。

こうした背景もあってか、児童福祉司を目指す人は少ないです。

ネガティブなイメージの付きまとう児童相談所・児童福祉司に、ポジティブなイメージを加えているのが本作品の意義だと思います。

絵になりにくいのが支援現場ですが『子どもの命を救う』という形で児童福祉司にスポットライトを当てています。

作中において私が好きだったのは、電話一本にSOSが込もっている現場の緊張感を描写しているシーンです。

『ちいさいひと』という言葉に込められたメッセージも、「なるほど」と気づきを得ました。

フィクションなので現実の児童福祉司とはズレがありますが、児相職務の尊さを楽しみながら理解できる作品だと思います。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました