社会福祉士・精神保健福祉士

【社会福祉士・精神保健福祉士】運転免許は必要か?【現役が解説】

社会福祉士・精神保健福祉士

運転免許って必要?

 

「必須 or あればベター」の職場が多いね。

  • 社会福祉士に運転免許は必要?
  • 精神保健福祉士に運転免許は必要?
  • 自動車運転免許は取った方が就職に有利?

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場で10年超の経験です。

まず結論。運転免許が必要かどうかは、職場によります

ハローワークで調べた結果では、「必須 or あれば尚可」の求人が多数でした。

運転免許は、あるに越したことは無いでしょうね。

もし私が友人から相談されたら、取るようにオススメします。以下、もう少し詳しくお話しします。

【社会福祉士・精神保健福祉士】運転免許は必要か?【現役が解説】

普通自動車運転免許が「必須」の職場・職種例

免許必須の職場ってどこや?

普通自動車運転免許が「必須」の職場・職種とはどこか。ハローワークの求人から、↓2つの条件にあった求人を抜きだしてみました。

  1. 普通自動車運転免許が必須
  2. 社会福祉士 or 精神保健福祉士が必須

その結果、↓が該当しました。

  • デイサービス 生活相談員
  • 老人保健施設 支援相談員
  • 老人保健施設 介護支援専門員
  • 放課後等デイサービス 放課後等デイサービス
  • 障がい福祉サービス従事者
  • 地域包括支援センター
  • 生活支援員(知的障がい者施設)
  • 福祉用具専門相談員
  • 社会福祉協議会 相談員
  • 精神特化型訪問看護
  • 障がい者グループホーム 生活支援員
  • 介護施設入居相談員
  • 障がい者基幹相談支援センター 相談支援専門員
  • 地域生活支援センター 職業指導員
  • ヘルパー(居宅介護・行動援護・家事援助・移動支援・通院介助 等)
  • 就労継続支援A型事業所
  • ショートステイ 生活相談員

※ごく一部です

通所・訪問系の事業所が多いですね。特に、訪問・送迎業務のある職場は運転免許必須です。

考えてみれば当たり前ですが、運転免許が無いと仕事になりませんよね。

普通自動車運転免許が「あれば尚可」の職場・職種例

同様に、ハローワークの求人から↓2つの条件にあった求人を抜きだしてみます。

  1. 普通自動車運転免許が必須
  2. 社会福祉士 or 精神保健福祉士が、あれば尚可

その結果、↓がヒットしました。

  • 就労継続支援B型施設 職業指導員
  • 就労継続支援B型施設 支援員
  • 生活保護ケースワーカー
  • 地域包括支援センター
  • デイサービス・ショートステイ 生活相談員
  • 病院 医療ソーシャルワーカー(MSW)
  • 放課後等デイサービス 児童指導員
  • 特別養護老人ホーム

運転免許必須の職場よりも、求人数は少なかったです。

社会福祉士・精神保健福祉士は、運転免許を取った方が良い

社会福祉士・精神保健福祉士の求人には、普通自動車運転免許が「必須 or あれば尚可」が見受けられます

あなたが社会福祉士・精神保健福祉士として働くなら、自動車運転免許は取っておいた方が良いでしょう。求人の傾向を考慮すれば、そうなります。

ただし、運転免許が必須かどうかは、実際の求人を見ないとわかりません

例えば、地域包括支援センターであっても、地域包括支援センターごとに運転免許が「必須」だったり「あれば尚可」だったりします。

その地域の公共交通機関の普及度も影響するでしょう。要はケースバイケースということです。

私の体験談(ペーパードライバーの新卒時代)

私が新卒の頃はペーパードライバーでした。職場の車に乗る前に安全を祈願し、手に汗握りながら運転していました。

先輩に助手席に乗ってもらって、アドバイスをもらっていたこともあります。

ある時には、ガソリンスタンドに入って給油口を開くはずが、ボンネットを開いたことがありました。やっちゃってましたね。

今の職場では、毎年、新卒でペーパードライバーの方がいます。

  • 運転が怖い・・・
  • 免許は持ってるけどペーパードライバーで・・・
  • 軽自動車しか運転する自信がありません。

そうした方が運転に慣れていく姿は、福祉現場のあるある光景でしょう。

ちなみに、今まで私が働いてきた職場は、車の運転は必須業務でした。例えば、↓のシーンで運転していました。

運転シーン

  1. 作業品等の配送
  2. 作業所の事業・配達
  3. 利用者の送迎
  4. 家庭訪問
  5. 子どもの余暇活動
  6. 緊急時の移送 など

運転免許の取り方

「そんなん知ってるわい」と言われそうですが、ご紹介しておきます。

JAF(日本自動車連盟)は、↓のようにまとめています。

  • 運転免許試験場で、運転技能や法令の試験を受ける方法もあるが難関。
  • 新規に免許を取る人の95%は、指定自動車教習所の卒業生といわれる。
  • 指定自動車教習所を卒業すると、試験所での技能試験が免除される。
    引用元:JAF(日本自動車連盟)ホームページ

要は「指定自動車教習所に通いましょう」ということですね。

全国の指定自動車教習所協会の一覧は、全日本指定自動車教習所協会連合会のHPからチェックできます。お住いの都道府県の協会をクリックすれば、近くの教習所が見つかるでしょう。

ちなみに、免許は合宿なら割安で短期間というメリットがあります。友人ができたり、旅行もかねて取得できるという口コミが多いですね。

全国の合宿所は合宿免許受付センター合宿免許ドリームから検索できます。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました