【人生が変わる】社会福祉士・精神保健福祉士の魅力

しゃふく・PSWの資格取得・就職・転職
社会福祉士と精神保健福祉士の魅力って?
あるぞ!人生が変わった。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 社会福祉士や精神保健福祉士を志す方。なるかどうかお迷いの方へ。 以下のようなご心配がありませんか?

「収入が少ない?」
「病むんじゃないか?」
「将来性はあるのか?」
「仕事が無いのでは?」
「結婚できないんじゃないか?」
「離職率が高いのでは?」

いかがでしょう?社会福祉士や精神保健福祉士にはネガティブな情報がよく出回っており、上記のような心配をされるのは当然のことです。このブログでは上記の関連タイトルでそれぞれ記事があり、解説・対策方法をお伝えしています。

今回の内容は、社会福祉士や精神保健福祉士になって、どんなメリットがあったか?というポジティブな体験談です。

私は、社会福祉士・精神保健福祉士になって人生が変わりました。今があるのはこの仕事についたおかげです。

私自身はどのように変化したのか?ポイントは3つです。

なる前
  1. ①自分に厳しい
  2. ②他人を変えたい・他人が悪い
  3. ③自分のことだけ考える
現在
  • ①自分に優しくなれた
  • ②変えられるのは自分
  • ③人の都合も考える

とても個人的な話ですよね。(ちょっと恥ずかしいですが・・・)

でも、周りの社会福祉士や精神保健福祉士に魅力をきいてみても、「自分が変わった」という話をよく聞きます。

社会福祉士や精神保健福祉士の魅力というと、「人のためになる」「やりがい」「良い支援ができたら嬉しい」といったイメージがあると思います。それは確かに正解なんですが、もっと深い魅力があるんです。

それは、社会福祉士・精神保健福祉士として仕事をするうち、自分が変わる、人生までも変わっていくということです。

じっさい、学生時代の友人などに会うと「昔のぱーぱすとは思えない」と口々に言われるほどです。それほど、内面的な変化が起きる仕事です。

社会福祉士・精神保健福祉士の仕事の魅力を、体験談をまじえてお話していきます。それではまいりましょう!

【人生が変わった】社会福祉士・精神保健福祉士の魅力

自分に優しくなれた

もともと私は「○○じゃないといけない」とか「○○すべき」という考えを自分にも他人にも向けるところがありました。

例えば、「学校を卒業したら働かないといけない」「○歳には結婚していないといけない」「結婚したら子どもを育てないといけない」

がんじがらめの価値観に自分をしばりつけ、目の前にレールを自ら引いていた私。しかし、レール通りにうまく進めないのが人生。苦しみました。

結局、思うようにならないことが多く、ずっと苦しんで生きていました

しかし、社会福祉士や精神保健福祉士として仕事をするうち変わっていきました。

早い話が、社会福祉士・精神保健福祉士の理想像を演じるなかで、プライベートな自分自身もそれに近づいていったのです。

例えば、精神障がいのある方を支援をするなかで、「仕事すべき」とか「結婚すべき」なんてことは言うわけにはいかなかった。社会福祉士や精神保健福祉士は多様な価値観を受容する専門職だからです。

ホンネとしてはつい言いたくなってしまう「どうして○○しないんですか?」という言葉を飲み込みながら、日々支援をし続けました。

たくさんの人の人生を見ました。

たくさん夢や希望、失敗や挫折、喪失や悲嘆を聴いてきました。

「思うようにいかなかった」という彼らの苦しみ。

私自身の人生とダブって見えました。

私は心の内の声は秘めつつ、専門職として演じ、声をかけました。

「ご自身にも優しくしてあげてください。もう十分頑張ってこられたのですから・・・。」

こうして、かけ続けた言葉は自分自身にも返ってきました

「そうだ。私は私自身に厳しいぞ・・・。私も自分に優しくしてあげよう。」

次第に本気で思えるようになりました。

いつのまにか私の目の前のレールは取り払われました。

そこには自由が広がっていました。

人生には正解が無い。生き方は自由なのだ。

社会福祉士・精神保健福祉士として働くなか、自分自身をいたわれるように変わりました。ずっとラクに生きられるようになったのです。

自分が変われば周りも変わるとわかった

もともと私は、人のせいにばかりして生きていました。

「どうして○○してくれないのか?」

「私が○○するのは親が○○だからだ」

周りのせいにばかりしていました。

だから、周りの人を変えようとしていました。

でも、変わらないんですよね。変わらないからどんどんイライラして、不満や怒りをかかえていきました。(そりゃ考えてみれば当然ですが、私だって他人から都合よく変えられようとすれば抵抗します)

ところが、社会福祉士や精神保健福祉士として人の人生・生活を支援をしていて、ある事実に気づくようになりました。

それは、「人のせいにしている人の人生は好転しないということ。

支援が上手くいかないケースの大半は、ハッキリいって「自分が変わろうとしない人」です。

「周りが悪い」

「あいつが○○してくれたら」

「あの時○○といわれたから」

「親が○○だから」

「子どもが○○だから」

そう言い続けている人たちの人生には、変化が起きないし、彼らが望むような人生には変わっていかないのです。彼ら自身が「自分が変わろう」と思うようにならない限りは・・・

この事実に私は気づき、私自身の人生についても考えてみました。

そうだ。私も人のせいにばかりしているぞ・・・。自分が変わろうと思うのは何だかしゃくだが、自分が変わろうとしない人の人生は何も変わりはしない。まずは自分が変わろう。

そう思うようになったのです。

例えば仕事で苦境にあっても、「配属を変えてもらいたい」「こんな仕事どうしようもない」となる前に、「どうすれば乗り越えられるか?」「私が変えられることは何か?」と考えるようになりました。

周りを変えるのではなく、自分が変わること。自分が変えられることに集中すること。

自分が変わると、不思議と周りも変わりだす

私の生き方、人生が変わるほどの気づきでした。

気持ちをコントロールしやすくなった

もともと感情のアップダウンが激しい人間でした。

ささいなことで怒ったり、不機嫌になったり。

周りからは気難しい人間に見えていたようです。

社会福祉士・精神保健福祉士として働きだしてから、色んな人たちに出会いました。

正直言って、腹が立つ利用者さんもいました。

嫌いな患者さんもいました。

逆に、魅力的な利用者さんもいました。

ところが、社会福祉士・精神保健福祉士として働くなかでは、自分の感情をコントロールしないといけませんでした

社会福祉士・精神保健福祉士は、腹が立っても、嫌いだとしても、好意的だとしても、全ての人をかけがえのない存在として尊重する専門職

そんな神様のような慈悲の心は、私にはありません。

ホンネを隠して、演じないといけませんでした。

それは、自分の感情を常に見つめ「専門職としてどう関わると良いか」を考え、行動する繰り返しの日々でした。

ところがそうした日々を繰り返すうち、感情をコントロールしやすくなっていることに気づきました。

正確に言うと、自分の感情に気づきやすくなった

怒りや嫌悪、ストレスを感じたら、すぐに対処、制御しやすくなったのです。

感情とは不思議なもので「自分はいま、怒りを感じている」と理解すると、それだけで怒りの感情は少なくなるのです。

社会福祉士・精神保健福祉士は自分の感情をモニタリングし続ける専門職。

そうしたトレーニングの繰り返しによって、私は自分の感情をコントロールしやすくなったのです。

【まとめ】社会福祉士・精神保健福祉士になると変化できる理由

なぜ、社会福祉士や精神保健福祉士として働くと変化が起きるのでしょうか?
大きな理由は2つ

  1. 自己覚知
  2. 大勢の人生を知る経験

です。

自己覚知は、簡単にいえば「自分を知ること」です。

社会福祉士の自己覚知【必要な理由・やり方を社会福祉士が解説】
自己覚知ってどれくらい大切? 定年まで毎支援つづける。 それくらい大切だ。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 社会福祉士に関心をお...

社会福祉士も精神保健福祉士も、自分をよく知ることで、より良い支援ができる専門職。

良い面も悪い面も深く知っていくことになります。

そのプロセスで、自己理解が深まり、変化のきっかけとなるのでしょう。

また、大勢の人生を知るのも社会福祉士・精神保健福祉士ならではです。

普段の生活では、ふつう聞きもしない人それぞれの人生の奥深さを知ることになります。

嬉しさ、楽しさ、悲しみ、苦しみ、戸惑い、嫉妬、恋愛、挫折、夢、親への憎しみ等々。

それらが、利用者さんや患者さん1人のモンダイではなく、家族代々の文脈でつながっているケースをたくさん見ます。

そうした経験が、いつの間にか働く私たち自身の価値観までも変えていく

結果、生活・生き方が変わり、人生が変わるレベルの変化が起きるのでしょう。

私は社会福祉士・精神保健福祉士になって良かった。

この仕事についたきっかけは、何か劇的なことがあったわけでもなく。色んなめぐりあわせでしかありません。

でも、今、満足のいく人生を送らせてもらえているのは、社会福祉士・精神保健福祉士の魅力のおかげと感じています。

以上、【人生が変わった】社会福祉士・精神保健福祉士の魅力という話題でした。

【関連記事です】

社会福祉士と精神保健福祉士、どちらを先にとると良いかお悩みの方へ。私の考えをお伝えします。

社会福祉士と精神保健福祉士どちらを先に取る?【両資格者解説】
どっちから先に取ったらいいんや!? 働きたい現場に合わせて取るのがオススメだ。 フローチャート付きで解説しよう。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 ...

国家試験は難関といわれますが、勉強法を工夫すればダブル合格も可能です。一発ダブル合格した私の勉強法を紹介した記事です。

社会福祉士・精神保健福祉士ダブル合格独学勉強法【両資格者伝授】
ダブル受験なんてしたら大変やん。 せっかくの自由時間がなくなるやん! 時間あるぞ。独学ならな。 その勉強法を伝えよう。 社会福祉士・精神保健福祉士の受験...

社会福祉士や精神保健福祉士になるおつもりなら、福祉職の公務員試験の受験も検討した方が良いです。その理由を解説しています。

社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】
給料すくね~!年収上がんね~! でも福祉の仕事はやめたくない・・・ 解決策はある。 福祉系公務員への転職だ。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 社会...

コメント

タイトルとURLをコピーしました