社会福祉士の私がeMAXIS Slim全世界株式に投資する理由6つ

お金・投資

なんでeMAXIS Slim 全世界株式に投資してるん?

理由は6つ

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

投資ときいて「投資なんて怪しい」「貯金以外はしてはいけない」「お金に汚いやつだな」と思った方がいるかもしれません。

でも、福祉の仕事はお金と無縁ではありません。むしろ、私たちが支援する内容は、お金や経済的なポイントだらけです。

工賃、障害年金、医療費助成、生活保護などなど、「お金で解決できる問題」は、実はかなり多いのです。

それに、働く私たち自身、お金がなくては生活していけませんし、思うような人生を選べなくなります。

なので、私たち自身がお金のモンダイを解決する力や実践力をそなえるのは大切なことです。

でも、投資って金持ちしかできひんやろ?

それはちがう

「投資はお金もちがすること」というイメージがあるかもしれませんが、違います。

いまは100円から投資ができる世の中です。しかも、国が制度をつくって推し進めています。例えば「つみたてNISAニーサ」という非課税制度です。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です
引用元:金融庁 つみたてNISAの概要

つみたてNISAをつかうには、投資することになります。私は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」というインデックスファンドに毎月、積み立てで投資しています。

今回は、ケチケチな私が、このファンドに投資し続けている理由6つをご紹介します。

既につみたてNISAを利用して投資している方も、そうでない方も、ファンド選びは誰もが悩むポイントです。

ではまいりましょう!

社会福祉士の私がeMAXIS Slim全世界株式に投資する理由6つ

世界中に分散投資できる

「卵は1つのカゴに盛るな」が投資の鉄則です。「投資対象の国や資産を分散しなさい」という意味です。

なので、日本に住みながら日本だけに投資するのは、とてもリスキーなのです。日本が傾けば一緒に倒れてしまうことになります。

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」はその名のとおり全世界(約50か国)に分散投資するファンドです。

どの国にどの割合で投資するかは、「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)」という指標に従って決められています。

時価総額加重平均というのですが、とてもカンタンにいうと「大きな国や企業により多く投資する」ということになります。

現時点では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投資すれば、アメリカに約60%投資することになります。

でも、この割合は各国の隆盛や衰退に応じて自動的にかわっていきます。例えば、10年後にはアメリカが50%にかわっていたりするのです。

各ファンドの投資割合は、ファンドの目論見書もくろみしょを見るとわかりますです。「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の目論見書は↓のリンクからPDFでみれます。

投資信託なら三菱UFJ国際投信

世界中に分散投資しているといっても、アメリカが6割もあります。ただ、この割合は放っておいても自動的に変わっていくので私は安心できます。

信託報酬が安いから

インデックス投資で投資ファンドを決めるにあたって重要なのが、信託報酬。つまり、手数料です。

投資ファンドを運営する会社と、投資する個人は、利益を奪い合う一面があります。利益の取り分を決めるのが、信託報酬などの手数料です。

手数料が高いほど運営会社がもうかります。私たち個人の取り分は少なくなるので、「投資しても損するファンド」となります。

例えば、信託報酬が1%というファンドに100万円投資した場合。年間、1万円が手数料としてかかることになります。(実際は”隠れコスト”があるので、もうすこしかかることが多い)

なので、何に投資するにしても、信託報酬は安い方が良いのです。インデックス・ファンドであれば、信託報酬0.2%未満が目安といわれています。「信託報酬0.2%以上のファンドを選んだら損」ってことです。

で、この信託報酬、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は年率0.1144%以内です。

例えば、100万円投資していたら、年間手数料は1100円程度ということです。

これがいかに激安であるかは、地方銀行の窓口にある投資信託パンフレットを見たり、ネット証券からさまざまなファンドの信託報酬を見ればわかってもらえるでしょう。

じっさい、信託報酬がやけに高くて損するファンドが、国内にはかなり多く存在します。信託報酬1%以上の投資信託もザラにあります。

実はわたしも某地方銀行の窓口で投資信託をはじめたのですが、信託報酬はすべてにおいて高かったです。しかも、売買するだけで手数料がかかってました。

なので、インデックス投資をするなら、ネット証券が間違いなくオススメです。地方銀行で投資するのはやめておきましょう。(私の家族が地方銀行で投資しようとするならば、全力で止めにかかります)

信託報酬を下げてきた実績があり、今後も下げると期待できるから

eMAXIS Slimシリーズというのをご存知でしょうか?

ご紹介している「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」はeMAXIS Slimシリーズの1つです。eMAXIS Slimシリーズは共通点があり、

業界最低水準の運用コストを、将来にわたってめざし続ける
引用元:https://emaxis.jp/lp/slim/mufgbank/

というものです。「そんなの口だけじゃない?」というギモンがわくかもしれませんが、実績が公開されています。

引用元:三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 信託報酬率の引き下げ実績 (イメージ図)

信託報酬の低コスト単独首位を目指すファンドではありませんが、他社がより安い信託報酬に設定したならば、すばやく同水準に値下げするというスタンスです。

逆にいうと、今は安いと思われる信託報酬のインデックスファンドであっても、10年、20年後には他と比べて高い信託報酬になっているかもしれません。近年、信託報酬の低コスト化が争われている真っ最中で、まだまだ変化する可能性があるのです。

国内のインデックス投資環境はそのような状況にあるので、「業界最低水準の運用コストを、将来にわたってめざし続ける」という方針をうちだすeMAXIS Slimシリーズは、長期の積立ファンドに選んで損はしないと考えられます。

純資産が積みあがっているから

現在、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の純資産総額は1000億円を超えています。

なので、早期償還そうきしょうかんのリスクはまず無いと言えますし、安定的な運用が期待できます。さらに、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)ではファンドの純資産総額に応じて信託報酬が安くなる設計になっていますから、これまたメリットなんですね。

基本的に、純資産総額は多いほど安定的な運用が期待できます。(毎月の資金流入が安定的なファンドが良い)

また、ファンド選びでは、「早期償還そうきしょうかん」や「繰上償還くりあげしょうかん」に気をつけた方が良いです。両方とも同じ意味ですが、要は「ファンドの運営会社側の都合で、勝手に保有ファンドが売られてしまう」ということです。

どんな時に早期償還されるかは、各ファンドの目論見書をチェックするとわかります。例えば、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の目論見書ではこのように書かれています。

以下の場合等には、信託期間を繰上げて償還となることがあります。
・受益権の口数が10億口を下回ることとなった場合
・対象インデックスが改廃されたとき
・ファンドを償還させることが受益者のため有利であると認めるとき
・やむを得ない事情が発生したとき
引用元:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)交付目論見書2021.01.27

一般的には、純資産総額が30億円未満だと早期償還されやすいといわれますから、避けた方が良いでしょう。

トラッキングエラーが少ない

トラッキングエラーとは、ファンドが目標とするベンチマークと、実際のリターンの差を表す数値のことです。インデックスファンドでは、「トラッキングエラーが小さいほど良い」とされます。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のベンチマークは、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)です。

2021年2月の月次レポートによると、トラッキングエラーは過去1年でマイナス0.2%です。

ベンチマークよりリターンが0.2%少ないのは、運用管理費用(信託報酬)がかかっているので当然のことですし、目論見通りの運用がされていると考えられます。

ファンドによってはトラッキングエラーが高いのですが、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は現状、安心できます。

複数のファンドをもつと落ち着かない

これは私の性格的特性が強く影響しています。積立するファンドが1つなら、気持ちがスッキリして、あれこれいじりたくなる衝動に駆られないのです。

インデックスファンドは、1つに絞らないといけないわけではありません。例えば、Aファンド、Bファンドにそれぞれ毎月5000円ずつ積み立て投資しても良いのです。

でも、私はこれが苦手です。なぜかというと「AファンドとBファンドの比率をどうしようか・・・」と繰り返し悩んでしまうのです。

でも、こういった感情的な居心地は、長期で積立する場合は大切だと思います。

インデックスファンドは、一度買ったら気分の良いときも悪い時も、利益が出ているときも損失を抱えているときも、そのお金が必要となる将来までずっと持ちつづける(ホールドする)ことが大切です。

しかし、居心地の悪いファンドに積立していたり、迷いのあるポートフォリオだと「これで良いのだろうか?」というギモンが沸き起こります。

不必要に売買して、利益を損なう可能性が高いでしょう。

投資においては「感情は敵」といわれます。感情的に売買したら損をするということですね。この感情をうまくコントロールする意味においても、平常時のうちに気持ちが落ち着くアセットアロケーション・ポートフォリオ組むことが大切だと思います。

私の場合は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)だけに絞ることが、一番居心地良かったということです。

バランスファンドが性分に合わない

伝統的資産と言われるのが株式と債券。これとは別に、非伝統的資産(オルタナディブ資産)というわれるものは、伝統的資産と違った値動きをするので、分散効果があるといわれています。例えば、REIT(不動産投資信託)や金(ゴールド)です。

複数の資産に分散して投資するファンドは、バランスファンドと呼ばれています。例えば、株式50%、債券50%で構成されるバランスファンドなどがあります。

しかし、やはり私の性分的な理由ですが、バランスファンドにすると「この投資比率に納得できないと思う時があります。居心地が悪いんです。(バランスファンドを批判する意図は全くありません)

なので、リスクをとれる分はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投資し、リスクをとれない分は現金としてもっておくというシンプルなアセットアロケーションとポートフォリオ。

これが私にとって最も居心地が良く、納得できるスタイルです。

最後に

投資では、ファンド選びはとても大切です。

2020年の2月末頃から3月にかけて、株価は大暴落しました。コロナ・ショックと呼ばれており、私も損失をかかえた時期があります。

このとき私が感じたのは、心から信じられるファンドだけに投資した方が良いということです。

例えば、株価が暴落して50%ほどの損失を抱えてしまったとしても、再び元に戻っていくと信じられるファンドかどうかです。

よくわからないまま積立していると、暴落時に混乱して売却してしまいかねません。

私にとって、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は暴落が起きても信じて持ち続けられるインデックス・ファンドです。全世界の発展に投資するファンドだからです。

一部の国や企業の隆盛・衰退はあっても、全世界は発展し続けると信じています。なので、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投資しているということです。

でも、何に投資するかは人それぞれ。絶対もうかるという話ではないですから、あくまで私個人の考えということになりますね。

以上、社会福祉士の私がeMAXIS Slim全世界株式に投資する理由6つという話題でした!

【オススメ関連記事】

超ドケチな私がインデックス投資を選ぶ理由3つ【社会福祉士兼PSW流】
「インデックス」はご存知でしょうか? あ~ これやろ? テージー カラーインデックスPP A4 12山(番号付)5組 posted with カエレバ 楽天市場...
お金の貯め方・増やし方TOP11【福祉関係の方むけ】
お金たまらん! 生活くるしい! もう福祉の仕事やめよかなぁ・・・ 待てぇい! 改善方法はあるぞ。 どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 わたし達、...
社会福祉士兼PSWの投資ポートフォリオ&アセットアロケーション
なんで投資なんかしてるん? 自由と将来のためだよ。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 私たち福祉関係の人間は、「投資」といわれても身近に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました