お金・投資

私がiDeCoでSBI全世界株式雪だるまを選んだ理由【セレクトプラン】

お金・投資

SBI全世界株式ってどうなん?

良いファンドだろう。私は好きだな!

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。超ドケチ人間です。

この記事は下記のような方に役立つでしょう。

  • SBIのセレクトプランでiDeCoを開いたけど、どのファンドにするか迷ってる・・・
  • 全世界株式1本に投資したいけど、SBIのセレクトプランにはeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が無い!
  • SBI全世界株式(雪だるま)に投資してる人っている?

 

私は積立NISAと特定口座でslim全世界株式に投資しています。

iDeCoでもそろえたいんですけど、SBIセレクトプランではslim全世界株式が選べない・・・。こうした悩みのある方は私だけではないはず!

私は悩んだあげく、iDeCoではSBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))を選びました。

同じ悩みをお持ちの方がいるやもと思い、私がSBI全世界株式を選んだ理由や参考情報をまとめました。

ではまいりましょう!

私がiDeCoでSBI全世界株式雪だるまを選んだ理由【セレクトプラン】

くりかえしますが、個人的なベスト投資信託は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です。

でも、SBIのセレクトプランではこれが選べないので、代わりに何に投資しようか?という話です。

代替案)eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)と手動全世界株式

この代替案をオススメしているのは、投信ブロガーのちゅり男氏です。

SBI証券のiDeCoセレクトプランのおすすめ商品ベスト3 - 神経内科医ちゅり男のブログ
おはようございます。 2018年11月から申し込みが可能となったSBI証券のiDeCoセレクトプランですが、オリジナルプランよりも明らかに魅力的な商品ラインナップになっています。 同じSBI証券内ですので移管手数料も不要ですから、プラン変更に1〜2ヶ月程度の時間がかかることを除けば気軽に切り替えられますね。 SBI証券...

ちゅり男氏は、全世界株式を選びたいならeMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)をオススメされています。また、複数ファンドを組み合わせて全世界株式の比率にすることも提案されています。

また、2019年にFIREしたケンズ氏も、SBIセレクトプランではeMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)を選択されているようです。

現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2022年1月)
現在のアセットアロケーションと保有全ファンド・ETF一覧(2021年7月)でお伝えしたアセットアロケーション(資産配分)と保有商品一覧を最新版に更新します。(半年に1回程度資産配分比率を確認しています。)...

むむむ・・・。とても参考になるし説得力もあるのですが・・・

やっぱり個人的な好き嫌いなんですけど「日本にも投資したい!でも、複数ファンドもちはリバランスが面倒くさい!」と思っちゃうんです。同じ方はいませんか?

ちなみに、インデックス投資を日本に広めたと言っても良い山崎元先生はこのように

ボーグルヘッズは、米国の投資家に対して、1本のグローバル(全世界)株式ファンドは、完全に分散された株式ポートフォリオを所有する最も簡単な方法だと述べている。日本の投資家も同様に考えていいだろう。全世界株式に投資する投資信託(日本株を含む「オール・カントリー」と称するようなもの)、ほんの少しだけ評価が落ちるけれども日本株除きの世界株、新興国がない分もう少し残念だけれども先進国株式を対象とするインデックスファンドは、日本の投資家にとっても、米国の投資家にとっても、「十分に良い投資対象」だろう(細かな差にはこだわらなくていい)。S&P500種指数やTOPIX(東証株価指数)に単独で投資するよりも明白に優れている。
引用元:トウシル楽天証券 山崎元 分散、低コスト、シンプル……ジョン・ボーグル氏の投資哲学を検討する

とおっしゃっています。山崎元先生のオススメ順位としては

山崎元先生のオススメ順

  1. 全世界株の投資信託(日本含む)
  2. 全世界株の投資信託(日本除く)
  3. 先進国株の投資信託

やっぱり全世界株式推しなんですね!

こちらの動画でも、点数付けされています。

[動画で解説]インデックスファンドの選択法 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
※この動画は、新型コロナウイルスの拡散防止のため、リモートにて撮影を行いました。※この動画は音がでます。ご視聴になる際は周囲にご注意ください。※お客様のご利用の端末・ネットワーク環境によって、一部表示されない場合があります。 …
  • 全世界株式(日本含む) 91点
  • 全世界株式(日本除く) 90点
  • 先進国株式(日本除く) 88点

『全面改訂 第3版 ほったらかし投資術』でSBIのiDeCoセレクトプランのオススメファンドが発表!

2022年3月11日、山崎元さんと水瀬ケンイチさんの最新共著「全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 (朝日新書)」が発刊されました。

早速読んでみたところ、SBI証券のiDeCoでは、SBI全世界株式(雪だるま)がオススメされていました!

きっと僅差だったと思いますが、全世界株式(日本除く)よりも、全世界株式(日本含む)がオススメなんですね。雪だるまの選択に狂いは無かった!お墨付きをもらったようで心強いですね。

でも、インデックス投信ブロガーでSBI全世界株式(雪だるま)を選んでいる人って、ほとんどいないんですよねえ・・・。寂しいなあ。

iDeCoをマネックス証券or松井証券に移管する方法もあるが・・・

現状、iDeCoでeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投資できるのは、マネックス証券松井証券です。(私の知る限り)

なので、iDeCo口座をSBIからマネックス証券松井証券に移せば、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を選べます

しかし、iDeCoの移管にはデメリットもあります。

iDeCo移管のデメリット

  • 移管手数料がかかる
  • 積立てたファンドは任意のタイミングで売却される
  • iDeCo口座が変更されてから、ファンドを買付することになる
  • 手続き完了までに1~2か月はかかる

要は、投資信託をそのまま移すことはできず、一度売却して現金化することになるんですね。現金化したうえで、新しいiDeCo口座でファンドを選択して買付することになる、と。

手数料対策としては、ハピタスのようなポイ活サイトを経由して、マネックス証券や松井証券などのiDeCoを開設すれば2000~4000ポイントくらい得られるようですが・・・。

全世界株式(雪だるま)を売ってから、全世界株式(slim)を買う・・・こりゃどう考えても合理的な選択では無いでしょうね。バクチです。

なので、iDeCo移管については「売買タイミングで損するリスクがあるし、手数料もかかる。slim全世界株式とSBI全世界株式にそこまでの大差は無さそうだしやめておこう」と思いました。

iDeCo移管については、ちゅり男氏のこちらの記事がとてもわかりやすいです。

iDeCoの口座移管の時、保有商品が現金化されることでデメリットはあるのか? - 神経内科医ちゅり男のブログ
おはようございます。 SBI証券のiDeCoにセレクトプランが追加されてから約3年が経過しました。 これから新規にiDeCoの口座開設をする場合は、商品ラインナップに優れるセレクトプラン一択だと思います。 一方で、何年も前からSBI証券のiDeCoを利用している方はオリジナルプランのまま継続している方も多いでしょう。 ...

SBI全世界株式(雪だるま)の問題点

よく懸念されるのは次の2点です。

SBI全世界株式(雪だるま)のデメリット

  • ベンチマークへの連動性
  • 3重課税問題

ベンチマークへの連動性に問題

SBI全世界株式のベンチマークは「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)」なんですけど、忠実には連動できないんじゃないの?という問題があるんですね。

「低コストな3本のETFを組み合わせてベンチマークに連動させよう」という仕組みなんですが、たしかに少々無理があります。

現状、3本のETFはこちら。

どれも経費率は超低コストで優秀なETFです!

ちなみに、SBI全世界株式の目論見書ではこう書かれています。

投資対象ファンドは、今後ベンチマークの動きへの連動を目的として、変更、追加または削除する場合があります。
引用元:SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))交付目論見書 2022.2.11

とあります。じっさい、2021年8月からは米国への投資対象がVTIに変わりました

今後、例えば楽天VTのように、投資対象がまるごとVTに変わる可能性もなきにしもあらずでしょうか?

ただし、かの有名なVTの経費率は0.07%。(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)

SBI全世界株式が信託報酬0.1102%程度という超低コストで運用できているのは、上記3本のETFを組み合わせているからなのでしょう。(VTを投資対象とする楽天VTの信託報酬は0.212%)

しかし代償として、SBI全世界株式にはベンチマークへの連動性に課題があります。この点は投信ブロガーの河童氏の記事がとてもくわしくてわかりやすい。説得力があります。

SBI全世界株式の運用コストと評価 - 河童のインデックス投資
SBI全世界株式は信託報酬、隠れコスト共に驚異的な安さで、楽天全世界株式より魅力的に見えると思いますが、SBI全世界株式の中身は、期待したものとはちょっと違います。残念ながら、ベンチマークに忠実ではないのです。それは組成内容に起因しています。

3重課税問題

3重課税問題についても、河童氏の記事がわかりやすいです。こうしたディープな話は知らない方がきっと多いと思います。

VT、楽天全世界株式(楽天VT)の三重課税問題について解説します - 河童のインデックス投資
VT、楽天全世界株式(楽天VT)には「三重課税問題」が存在します。これは都市伝説ではありません。ETFへの課税の仕組み上発生が避けられないものです。そして、海外ETFに興味のないインデックス投資家も、無視すべきではありません。

SBI・全世界株式(雪だるま)のリターン比較

では実際に、リターンにどれくらいの影響があるのでしょうか?

楽天・全世界株式インデックス・ファンドと比較

まず、同じベンチマークである楽天VTと比較してみましょう。ファンドをグラフで比較するときはマネックス証券が便利です。

およそ2018年1月1日から約4年半の比較期間では、楽天VTと0.6%差です。僅差なので日によって勝ったり負けたりですね。

SBI全世界株式は運用開始当初にベンチマークから下方乖離かいりしたようで、そのマイナスをいまだに引きずっている結果とも読み取れます。(これはファンド運用でよくあること)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)と比較

次に、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)と比較してみます。ベンチマークが違うので参考程度で。

この比較期間だとeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の方が好成績ですね。

注意点ですが、こういったリターン比較は比較するタイミング(日付)が変わると、カンタンに結果が変わります

比較を出しておいて言うのも無責任ですが、リターンだけではファンドの良し悪しは決められないということです。

もっと詳しく知りたい方は、水瀬ケンイチ氏の比較記事が参考になるでしょう。隠れコストや実質コストも含めて比較されているので、分析が一段と深いです。

【全世界株式】低コストインデックスファンド徹底比較(22年3月末) eMAXIS Slimが高評価
「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、全世界株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2022年3月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。全世界株式クラスの比較対象インデックス...

SBI・全世界株式の組入上位国・地域の比較

上記のようにリターンに違いがある理由は、信託報酬による差というより組入上位国の違いが要因だと思います。

参考として、SBI・全世界株式と楽天・全世界株式の2022年1月の月次レポートを比較してみます。

SBI・全世界株式 楽天・全世界株式
1位 米国 54.44% 米国 60.0%
2位 日本 7.29% 日本 6.1%
3位 英国 4.54% 英国 3.9%
4位 カナダ 3.46% 中国 3.4%
5位 中国 3.29% カナダ 2.9%
6位 スイス 3.02% フランス 2.6%
7位 フランス 2.90% スイス 2.4%
8位 ドイツ 2.42% ドイツ 2.2%
9位 オーストラリア 2.12% 台湾 2.0%
10位 台湾 1.77% 豪州 1.9%

米国の比率に5%近い差があるのと、各国少しずつ比率が違いますね。そりゃリターン差が出るわけです。

この事実をどう捉えるかです。私はこれくらいなら許容範囲ですが・・・、皆さんはどうですか?

SBI全世界株式(雪だるま)のオススメポイント

SBI全世界株式オススメポイント

  1. 約8000銘柄(世界株式の約98%)へ分散投資ができる
  2. 信託報酬は0.1102%程度(税込)で現状最安
  3. 実質コストも最安
  4. SBI全世界の純資産は400億円を超えており、安定運用が期待できる
  5. つみたてNISA適格ファンドなので存続していくと期待できる

分散銘柄数は、eMAXIS Slim 全世界株式の約3000銘柄を超えてるんですよね。

リターンには大差ないといわれますが、小型株にも分散されているほうが私は好みです。「全世界に投資するからにはとことん全世界にしたい!」みたいなモンです。

↓は雪だるまシリーズ500億円突破のPRです。SBIアセットマネジメントにとっても、まだまだ売り出したいファンドなんですね。

当社子会社SBIアセットマネジメントが運用するインデックスファンド『雪だるまシリーズ(4ファンド)』の純資産残高500億円突破のお知らせ(モーニングスター)- PR情報|SBIホールディングス
当社子会社のSBIアセットマネジメント株式会&#310...

結論:SBI全世界株式(雪だるま)は超低コストで優秀だからこれで良い!

低コストな全世界株式ファンドの代表格といえば

低コスト全世界株式ファンド

  1. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  2. SBI全世界株式(雪だるま)
  3. 楽天VT
  4. SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド

この4つですが、個人的にはどれを選んでもgoodだと思うんです

高コストなぼったくりファンドが大多数の国内において、これらのファンドを選んだ時点で正解。もっと言うと、ネット証券でiDeCo積立をはじめた時点で正解じゃなかろうか?

重要なのは、銘柄の分散、市場の分散でありましょう。

投資では先行きはわかりませんが「投資リターンを確実に増やす1つの原則は投資コストを最小限にすること」と名著『投資の大原則』でも語られています。この点、SBI全世界株式(雪だるま)は超低コストなので投資リターンを増やしてくれると期待できます。

SBI全世界株式(雪だるま)を無理やり一文で説明すると

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)に国際分散投資できる超低コスト全世界株式インデックスファンド

といったところでしょうか。”的”がポイントです。

つまり「3本の超低コストETFに投資して、全世界に国際分散投資します」というイメージが正しいかなと。ベンチマークへの連動性を重視する方には向かないファンドだと思います。

でも、先進国・新興国・日本の投資信託をバラバラで積み立てて全世界ポートフォリオをつくることに比べると、手間がかからないし正確だと思います。(全世界型のインデックスファンドがない一昔前は、このように自作するしか無かったのです)

SBI全世界株式(雪だるま)は、十分に国際分散できていて超低コストで良いファンドだと思います。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」においても、雪だるま全世界株式は18位にランクインしました。楽天VTとほぼ同じ順位ですね。

投資信託クリニックのカン・チュンド氏はこのように言っています。

つみたてNISA、特定口座ではSlim オール・カントリーを買付け、iDeCoでは SBI・全世界株式や、楽天・全世界株式の保有となっても、そんなに大きな違いが生じるわけではありません。
引用元:投資信託クリニック 3つの窓口(iDeCo・つみたてNISA・特定口座)での、全世界株式の攻め方について

まさに今回の悩みへのお答えですね。カン・チュンド氏は投資信託の個別の相談を受けておられるので、似た相談を受けることがあるのかもしれませんね。

余談ですが、個人的にはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックス連動をめざす現物株運用のインデックスファンドが出たら超うれしい!ベンチマーク問題も、3重課税問題も解消されますし。

でもまだ日本には存在しないんですよねえ。

きっといつか誕生・・・してくれ!買います!!

みなさまも積み立て頑張りましょう!

ちなみに、私はSBI証券楽天証券マネックス証券を使っています。いずれもクレジットカード投資でポイントがもらえるお得なネット証券。逆に言うと、毎月積立投資するならクレジットカードで投資しないとポイントがもらえず損です。

今から始めるなら、ポイント付与率の高いSBI証券マネックス証券がオシです。

以上、私がiDeCoでSBI全世界株式雪だるまを選んだ理由【セレクトプラン】という話題でした!

【オススメ関連記事】

2021年末、日本で初めて全世界株式に2倍レバレッジをかけた投資信託が誕生しました。全世界株式の未来を信じている方には夢のある商品かもしれません。

投資する?全世界株レバレッジ【グローバル2倍株(地球コンプリート)】
どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 最近、私が注目しているファンドがあります。 2021年12月15日、全世界の株式に時価総額比率を原則として、2倍のレバレッジをかけた投資信託が登場しました。それがこちらです。 ...

全世界株式(投資信託)のインベスターリターンを比較してみました。インベスターリターンがわかれば、その投資信託を保有している人の質を評価できるようになるでしょう。これは長く保有するに値する投資信託かどうかを判断するのに役立ちます。

全世界株式12本のインベスターリターン差を比較【2022年2月末】
インベスターリターン? ファンド保有者の成績のこと。 全世界ファンドで比較してみよう! どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 あなたは下記...
この記事を書いた人

社会福祉士 / 精神保健福祉士
 
現場歴およそ10年
 
作業所、相談支援事業所、入所施設、児童相談所、精神科デイケアなどを経験。現在も某福祉現場で奮闘!
 
詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

応援クリックいただくと喜びます!
にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ

しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました