福祉現場のパターナリズムの価値を再考しよう

しゃふく・PSWの実務ノウハウ
この記事は約6分で読めます。

パターナリズムってあかんやつやろ?

そうでもない。

パターナリズムは使い分ければ価値がある。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士ぱーぱすです。

パターナリズムは、相手の利益のために本人の意向にかかわりなく生活や行動に干渉して、制限を加えるべきとする考え方のことです。医者と患者の関係や、親と子の関係でみられることです。

いっぽう、近年の福祉現場では、インフォームド・コンセントが重視されています。インフォームド・コンセントは、直訳すれば「説明にもとづく同意」となります。つまり、患者が病気の説明を十分受けて了解したうえで、医師とともに治療法などを決定していくことがインフォームド・コンセントになります。

教科書的にはインフォームド・コンセントの大切さが繰り返し伝えられていますから、パターナリズムは過去の悪しき考え方・関わり方のように思われているかもしれません。私自身もそうでした。福祉の現場でも、「インフォームド・コンセントは良い」「パターナリズムは悪い」といった捉え方をしている方もいます。

ところが、いざという場面では、インフォームド・コンセントだけではうまく支援できないと感じる場面がございませんか。

今回は福祉現場でのパターナリズムについての話でして、パターナリズムの価値を再考する内容となっております。私のスタンスとしては、パターナリズムを絶対悪のように扱うのは間違いではというものです。賛否あるかと思いますが、大いに議論・検討の価値があるテーマだと確信しています。

ニッチなテーマですが、次のような方に役立つ内容となっております。

この記事が役立つ方

  • 現在の支援につまづいている方
  • 多様な支援・関わり方ができるようになりたい方
  • インフォームドコンセントに基づく支援だけでは限界を感じる方

まずは、私が現場で感じていることをメインに話していきます。それではまいりましょう!

パターナリズムな人とは?

パターナリズムは相手の利益のために本人の意向にかかわりなく生活や行動に干渉して、制限を加えるべきとする考え方です。そこで1つご質問させていただきたいのです。

あなたにとって、最もパターナリズムな人は誰ですか?

身近な方でなくてもかまいません。アニメのキャラクター、映画やドラマの登場人物かもしれません。

もしかしたら、あなたの父親でしょうか。

子どもの頃の親の関わりには、パターナリズムがよくあります。

例えば、ある小学生の子どもがタバコを吸っていたと知った親の多くは、子どもからいかにタバコを好きかといった理由を言われても、タバコを吸わないように見張ったり、お金を渡さないようにしたり、制限を加えるでしょう。

タバコなら自分の身体の害で済むかもしれません。

もしこれが誰かを傷つけたり、犯罪行為につながる行動となれば、本人の意向にかかわらず止めようとするのが親というものではないでしょうか。(もちろん、放っておく親もいるでしょうが・・・。)

いけないものをいけないとハッキリ伝える、伝えてもらえるのも、社会ルールを理解・体得するために必要な関わりだと思います。

それは、昔で言うと「父親」が担っていた役割なのかもしれません。つまり、パターナリズムは「父性」に通じるものがあると思います。

精神科医 樺沢紫苑氏の著書『父滅の刃~消えた父親はどこへ アニメ・映画の心理分析~』がパターナリズム再考の参考になる

パターナリズムについて調べたり考えたりしている時に、私の好きな作家であり精神科医の精神科医の樺沢紫苑氏が、著書『父滅の刃~消えた父親はどこへ アニメ・映画の心理分析~』(みらいパブリッシング出版)で父性について語られました。

パターナリズムや父性を理解して実践したいと思い、さっそく本書を買ってよんでみました。

父性に不変の明確な定義はないようです。アニメや映画の登場人物を分析することで、その時代の父性について考えるという内容になっていました。しかしながら、その父性は近年の日本では減退、ついには無くなってしまったのではないかと指摘されています。

私自身がこれまで観てきた身近な作品に、これほどにまで父性が(裏)テーマになっていたのかと、目を見開く思いをしました。「海賊は父性の象徴」という指摘は印象的でした。(これは本書のエッセンスのほんの一握りでしかありませんが)私自身はアニメや映画の見方が広がりました。

福祉現場でのパターナリズムを考えるうえでとても参考になる内容でしたので、パターナリズムや父性にご興味のある方にとてもオススメです。私自身、福祉現場の実践で父性を意識した関わりができるようになり、その手ごたえを感じています。

本書については、下記リンク先でも詳しく紹介されています。

父滅(ふめつ)チャンネル | みらいパブリッシング
父滅(ふめつ)チャンネルのページです。みらいパブリッシングは「みらい」創造する出版社。

福祉現場はパターナリズムに欠けがち

現在の福祉現場ではインフォームド・コンセントが重視されています。社会福祉士のカリキュラムでもそのようになっています。

私はインフォームド・コンセントは非常に大切と理解しています。原則はインフォームド・コンセントであることに異論はないです。

そのうえで、あえていいたいのは、パターナリズムも時に必要ということです。

福祉現場にはパターナリズムも必要じゃないか

わたしは決して、インフォームド・コンセントを悪者にしたいのではありません。

例えば、児童福祉の分野のように、子どもが危ない行動や社会ルールを破る行動をとった時などは、パターナリズムも必要だといいたいのです。


わたしは虐待にあった子どもの支援にかかわったことがありますが、その子たちが求めているのは共感・受容でありつつも、それだけではないように見えました。

彼らは、暴力や破壊といった形で、社会ルールを逸脱しがちでした。彼らの多くは、家庭でまっとうな父親をみていなかったのです。

暴力で支配された家庭、アルコールやギャンブルで秩序のない家庭、そもそも父親がいない家庭、父親はいるけれどとても影の薄い存在などなど・・・

もちろん、傷ついた心をうけとめてくれる優しさは必要と考えます。

しかし優しさだけでなくて、不健全な家庭で育った子たちが求めているのは、規範やルールを逸脱してしまった自分を許さず叱りつけ、守るべき規範やルールを明確に示してくれるパターナリズムでもあるように思えてならないのです。

事実、叱られた後の彼らは、一時的に反抗することはあっても時間が経つとパターナリズム的な大人をしたうものでした。当然、その児童の利益のために叱っていることは欠かせないポイントです。

まとめ パターナリズムにも価値がある

「いつでもどこでもインフォームド・コンセントが絶対だ!」というのは、視野の狭い考え方と思います。インフォームド・コンセントの方が良いとか、パターナリズムの方が良いとか、そういった二文法的な話ではありません。インフォームド・コンセントを原則としつつ、時にパターナリズムも必要というのが私の現場経験から感じることです。

社会福祉士のテキスト等では、パターナリズムは否定されているわけではありませんが、インフォームド・コンセントの大切さが繰り返しいわれています。

福祉現場で働く方、働こうとする方には、「パターナリズムにも価値があるかも」という話をちょっと覚えておいていただきたいのです。

これからもじっくり研究を深めて、整理して話していきたいテーマです。

以上、福祉現場のパターナリズムに価値はありませんか?という話題でした。

【関連記事です】

父性やパターナリズムを支援関係に活かす視点で、「利用者との遊びの勝ち負け」について考察し、「勝つ」ことが有効と解説する記事です。

【福祉現場】利用者との遊びで勝つ【父性・パターナリズム論】
え?利用者との遊びで勝つ? 負けたらええのに・・・ 批判・意見があるのは承知。 遊びで勝つ効果をパターナリズム・父性とからめて話していくぞ。 こんにちは...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました