【発達障がい児支援】褒め効果が増幅する簡単テクニック

児童指導員

ほんまにカンタンなん?

条件はあるが、誰でもカンタン。

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

人は叱るばかりでは育ちませんよね。叱るばかりでは「ボクは悪い子だ」「ワタシはできない・・・」と自己嫌悪に陥ってしまう子どもが大半です。

叱る行為すべてを否定するつもりはありませんが、1回叱るならその倍以上は褒めることが重要です。

発達障がいのある児童は、叱るよりも「褒める」を基本として育てることが大切とされています。

しかし、照れくさかったり、どう褒めると良いかわからなかったり、いつ褒めたら良いのかわからなかったり、「褒めてもらった経験が少なくてどう褒めて良いかわからない」という方もおられるでしょう。

しかも、反抗期も重なれば褒めてもムシされてしまったりします。(せっかく頑張って褒めたのに!)

なので、ついつい叱ることだけが増えて、褒めようにも褒められないことがあるのではないでしょうか?

「褒めるくらいカンタン」と私たちは思いがちですが、満足できるくらい褒めている自信のある人は、そう多くないと思います。

「そういわれても、何回も褒められる場面が見つからないよ!」と思うかもしれません。

ですが、現場の児童指導員が使っている、褒め効果を増幅させる簡単テクニックがあります。ちょっと条件はありますが、誰でもできる方法です。ではご紹介していきます!

【発達障がい児支援】褒め効果が増幅する簡単テクニック

どうすれば良いかというと、「みんなでバラバラに褒める」ということです。

例えば、子どもが食器洗いをしてくれたとき。

私から「ありがとう。助かったよ。」「頑張って洗ってくれたね。」と1回褒めることができます。

これだと1回褒めただけですが、ここから意識的にやると効果が高まります。

それは、施設であれば他の職員、ご家庭であればご家族に「今日、食器洗いをしてくれたんだよ。ほめておいてあげて。」と伝えることです。

それを聞いた職員やご家族が、お子さんを褒めてくれたら、1つの良い行いで2回褒められたことになります。

つまり、あなたが伝えた人数分、子どもは褒めてもらえるテクニックです。別のタイミングで、バラバラに褒められるので、子どもはとても嬉しくなります。

みんなでバラバラに褒めると「こんなに褒めてもらえるなら、もっとやろう!」と、良い行いをたくさんできるようになる子どもが多いです。

施設でもご家庭でも、何人か大人がいれば、誰でもカンタンにできます

叱るにしろ、褒めるにしろ、その子に育ってもらいたいという願いは一緒のはずです。ほんのやり方1つの違いだけなんですね。

なので、たくさん叱った経験のある方ならば、たくさん褒める力をお持ちだということです。

「褒めるところがそんなに見つからない!」「褒めるのが恥ずかしい!」と困っている方にも使ってもらえるでしょう。使ってみると、子どもの反応や変化にびっくりされるかもしれません。

褒め方に困っている方はいちどお試しくださいませ。

以上、【発達障がい児支援】褒め効果が増幅する簡単テクニックという話題でした!

【オススメ関連記事】

児童指導員「やってて良かった」 やりがい・魅力TOP5
児童指導員やってて良かったことある?やりがいとか。 もちろんあるぞ! どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 社会福祉士や精神保健福祉士は、児童指...
【発達障害の部下】面倒見きれない!特徴と対応を社会福祉士解説
部下が発達障害っぽいんやけど、もう面倒見切れんわ・・・。 どうしたらええんや? 部下が変わることを期待するのではなく、任せる仕事や配置を変える。 マネジメントで対処す...
うちの子は自閉症?診断・相談はどこに?【社会福祉士解説】
うちの子、ひょっとしたら自閉症かも・・・ 診断してもらうにはどうしたらええの? かかりつけの小児科なら相談しやすい。 もし、かかりつけがないなら、児童精神科や発達小児科が良い。 そ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました