PR

【おすすめ比較!】精神保健福祉士の受験対策web講座3選を発表!

精神保健福祉士の受験対策が不安だなぁ・・・。独学でやる自信ないし、去年は落ちたから今年こそ受かりたい。受験験対策web講座ってどれが良いのかな?

こういった思いの方へ。

本記事の内容
  1. 精神保健福祉士の受験対策web講座3選の比較結果
  2. 精神保健福祉士の『専門科目』だけを受ける方へのオススメ講座
  3. 『共通科目』だけを受ける方へのオススメ講座
  4. 社会福祉士と精神保健福祉士をダブルで受ける方へのオススメ講座

わたしは社会福祉士・精神保健福祉士に一発合格しました。現場経験は約12年です。

実習、授業、仕事、家事・・・あなたはきっと、たくさんのTO DOをこなさないといけないので、試験対策にかけられる時間は少ないと思います。

スキマ時間でも効率的に勉強するには、どうしたら良いのか?

答えの1つが、受験対策のweb講座です。でも、どの講座がいいのかわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、私ならどの通信講座を選ぶか?という視点で、オススメ3つをランキングにしました。

結論がこちらです。

  精神保健福祉士の『専門科目』だけを受けるなら?

専門科目の講座【おすすめ順】

  1. 中央法規 中央法規は福祉系書籍の草分け。信頼度が高い。
  2. LEC東京 教材◎ 実績◎ フォローが欲しい人へ。
  3. ふくし合格ネット 講師の個性強め。価格は安いが実績はこれから。

わたしなら精神保健福祉士の『専門科目』は中央法規で受けます。

  社会福祉士と精神保健福祉士のダブル受験をするなら?

もし社会福祉士とのダブル受験なら、『共通科目』と社会福祉士の『専門科目』は資格の大原の講座で受けますね。こちらで比較した結論です。
≫【おすすめ厳選】社会福祉士の通信web対策講座3つ【社会人向け】

  精神保健福祉士だけを受けるなら?

共通科目と専門科目の両方をうけたほうがいいですが、問題は『共通科目』をどの講座で受けるか?です。私の答えは次のとおり。

精神保健福祉士だけ受ける場合

  1. いずれは社会福祉士も取りたい or お金がかかってでも絶対に合格したい人 → 資格の大原
  2. 社会福祉士は受けない or 安く済ませたい → 中央法規(共通科目)

理由は、記事の末尾で話しています。

この記事は『受験資格がある方向け』の受験対策講座のおすすめ比較です。「受験資格がない・取得見込みもない」という方は、先に精神保健福祉士になるには?【学歴別&社会人の受験資格取得ルート】をご覧くださいね!

【おすすめ比較!】精神保健福祉士の受験対策web講座3選を発表!

結論の比較表がこちらです。

資格講座名 中央法規
精神保健福祉士
国家試験受験対策WEB講座
LEC東京リーガルマインド
精神保健福祉士合格講座
ふくし合格ネット
精神保健福祉士
合格フルセット
おすすめ度
コース名
(税込)
専門のみ
15,950円
+教材代
合格パック(共通+専門)
47,000円
①共通+専門
47,300円
②専門のみ
18,700円
教材 見て覚える!
精神保健福祉士国試ナビ
共通科目 3冊
専門科目 3冊
eラーニング教材
※別途 印刷代1,100円
講義 全42本
(単元ごとに5~40分)
共通科目 42時間
専門科目 20時間
共通科目 約33時間
専門科目 約16時間
eラーニング あり
web講義
通信Web・音声DL
スマホ視聴
あり
web講義
特典・割引 なし 会員限定割引
②Web奨学生割引
③資格別割引
④退職者・離職者応援割引
⑤公開模試(1回)
①日本福祉大学に在籍
または卒業生→30%割引
②早期割引など
合格率
実績
1947年設立
合格率不明
1979年設立
直営校全国30校
2019年設立
合格率 76.6%
サポート なし Online Study SP
教えてチューター
教えてメイト
受講生同士が交流できる
Facebookグループ
公式サイト 詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる

  精神保健福祉士の受験対策web講座は数が少ない

そもそも、精神保健福祉士の受験対策web講座は数が少ないです。

受験者数が社会福祉士や介護福祉士よりも少ないので、市場規模が小さくて企業参入が少ないんでしょうね。

例えば、社会福祉士の講座は10以上ありますが、精神保健福祉士の講座は数えるほどしか見つかりませんでした。

なので、精神保健福祉士の受験対策web講座の市場では、競争原理があまり働いていない感じです。

他の講座としては、「日本福祉大学グループ」のNFUライセンススクールもありましたが、(申し訳ないけど)配信期間が短すぎるし、サポートも心もとないかなと・・・。

そうした講座群から、『自分が受講するならどれか?』『大切な人におすすめできる講座はどれか?』と選んでみました。

おすすめ1位:中央法規

  1. 他社より段違いの『信頼感』がある。福祉系教材の草分けである中央法規なので。
  2. 無料でサンプル講義を視聴できる(要:会員登録)
  3. 講師は使用教材の著者でもあり、教材と講義の一貫性がある
  4. 価格が良心的
  5. 10分以内の短い講義も多く、スキマ時間に取り組みやすい
  1. 『講座を買う』だけなので、個別サポートは期待できない
  2. 教材を別途購入しないといけない(計3,000円ほど)
  中央法規の使用教材2冊

デメリットはありますけど、サンプル講義はわかりやすそうですね。

何より、中央法規の講義なので間違いはないと信じられる。わたしなら中央法規専門科目の受験対策web講座を受けます。
≫詳しくはこちら(無料のサンプル講義)

おすすめ2位:LEC東京リーガルマインド

  1. 受講コースが多彩であなたの状況に合わせやすい
  2. 割引サービスの充実度
  3. コスパが良い
  4. 音声DL・スマホ視聴できるので、通勤・通学のスキマ時間も学習できる
  5. 講義+テキストのバランスが良い
  6. Online Study SPでサポートが充実。やることリスト(ToDo)、カウントダウン、進捗率(DVDの場合は無し)、教えてメイト、モデルスケジュール配布、チアメール、教えてチューターなど
  1. 『精神保健福祉士講座』は資料請求できない。
  2. 『精神保健福祉士合格講座(専門科目のみ)』は、例年9月以降にリリースされるので、時期によっては受けられない。
  3. 初めて講義を観るには。プログラムをインストール等しないといけないことがある

LEC東京リーガルマインドの口コミは、

①テキスト・教材がわかりやすいと定評
②電話対応が悪いと感じる人も
③受講料がリーズナブルという意見

口コミが正しいとは限りませんが、参考にはなりますね。

LEC東京リーガルマインドは、コスパが良いし、忙しい社会人の方でもスキマ時間に学習できるのが強みです。

特に良いのは、サポートの充実度

ここまでサポートの充実している講座は初めて見ました。安心して勉強を進められそうです。

ただし、精神保健福祉士のweb講座は資料請求に対応していません。いきなり受講申し込みなんて、こわくてできませんね・・・。

対処法として、社会福祉士のweb講座は無料で資料請求できるので、こちらを請求してイメージをつかむのがオススメです。
≫無料の資料請求(社会福祉士)

資料請求すると。こちらの資料が届きました。

lectoukyouri-garumainndo-siryouseikyuu

おためしWEB版のテキスト(写真左下)で、実際のテキストイメージをつかめます。

それと『超合理的合格法』は実用的な内容なので、合格に導いてくれる安心感がありますね。

≫詳しくはこちら【LEC東京リーガルマインド 精神保健福祉士合格講座】

おすすめ3位:ふくし合格ネット

  1. 講師陣がユニーク(相性あると思います)
  2. 覚えやすいようにインパクトのある言い回しがある
  3. 法改正レジュメプレゼント(11月頃データ配信予定)
  4. 「ふくし合格ネットチャンネル」で無料定期配信がある
  5. スマートフォン、タブレット、パソコンで繰り返し学習できる
  1. 講義の画質・音声が少し良くない印象
  2. 教材のわかりやすさ(カラー・図など)が少ない印象

ふくし合格ネットは、2022年5月に法人化されたばかりです。

2022年6月からは、Facebookで受講者同士の交流グループをつくるなど、今まさに利便性を向上させているという勢いが感じられますね。

YouTubeでは講座が無料配信されているので、気になる方はチェックしてみましょう!

最後に

結論のランキングをもう一度。
※『専門科目』のみ受講で想定

専門科目の講座【おすすめ順】

  1. 中央法規 中央法規は福祉系書籍の草分け。信頼度が高い。
  2. LEC東京 教材◎ 実績◎ フォローが欲しい人へ。
  3. ふくし合格ネット 講師の個性強め。価格は安いが実績はこれから。
資格講座名 中央法規
精神保健福祉士
国家試験受験対策WEB講座
LEC東京リーガルマインド
精神保健福祉士合格講座
ふくし合格ネット
精神保健福祉士
合格フルセット
おすすめ度
コース名
(税込)
専門科目のみ
15,950円
合格パック(共通+専門)
47,000円
①共通+専門
47,300円
②専門のみ
18,700円
教材 見て覚える!
精神保健福祉士国試ナビ
書いて覚える!
社会福祉士国試ナビ穴埋めチェック
共通科目 3冊
専門科目 3冊
eラーニング教材
※別途 印刷代1,100円
講義 全42本
(単元ごとに5~40分)
共通科目 42時間
専門科目 20時間
共通科目 約33時間
専門科目 約16時間
eラーニング あり
web講義
通信Web・音声DL
スマホ視聴
あり
web講義
特典・割引 なし 会員限定割引
②Web奨学生割引
③資格別割引
④退職者・離職者応援割引
⑤公開模試(1回)
①日本福祉大学に在籍
または卒業生→30%割引
②早期割引など
合格率
実績
1947年設立
合格率不明
1979年設立
直営校全国30校
2019年設立
合格率 76.6%
サポート なし Online Study SP
教えてチューター
教えてメイト
受講生同士が交流できる
Facebookグループ
公式サイト 詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる

社会福祉士とダブル受験予定なら、『共通科目』と社会福祉士の『専門科目』は資格の大原の講座がおすすめです。
≫【おすすめ厳選】社会福祉士の通信web対策講座3つ【社会人向け】

精神保健福祉士だけ受験するなら、『共通科目』はどうしたらいいの?

精神保健福祉士だけを受験するなら『共通科目』はどの講座で受ける?

 この答えは悩みますが、2択でお答えします。

精神保健福祉士だけ受ける場合

  1. いずれは社会福祉士も取りたい or お金がかかってでも絶対に合格したい → 資格の大原
  2. 社会福祉士を受ける予定はない or 安く済ませたい → 中央法規(共通科目)

人にオススメはできないけど、わたしなら資格の大原で『共通科目』の対策をします。

理由ですが、

そもそもわたしが一番うけたいのは資格の大原なんですが、残念ながら精神保健福祉士のweb講座はしていません。(社会福祉士のみ)

それで、本記事では中央法規を1位にしました。

しかし中央法規はサポートがほぼ無いので、中央法規の講座だけだと『独りで勉強している感』が高まりそうです。安いのは良いんですけど、数万円をしぶって落ちるような後悔はしたくない。

なので、お金は高めにかかってしまいますが、わたしなら資格の大原で『共通科目』の対策をします。

あなたに社会福祉士を受ける予定がなかったり、とにかく『安く済ませたい』という希望があるなら、中央法規(共通科目)が選択肢でしょう。

検討してみてくださいね!

精神保健福祉士、ぜったい受かるぞ!

応援しています!頑張ってくださいね!


あなたが社会福祉士の受験対策講座もご検討なら、こちらで比較できます。
≫【ダブル受験】社会福祉士・精神保健福祉士の通信web講座3プラン

コメント