日本精神保健福祉士協会に入会するメリット・デメリット【元会員解説】

社会福祉士会・精神保健福祉士協会

日本精神保健福祉士協会って入ったほうがええか?

オススメできる人には条件がある。

都道府県の精神保健福祉士協会の方が私はオススメだ。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士ぱーぱすです。

精神保健福祉士協会には全国バージョンと都道府県バージョンがあり、全国バージョンといえるのが「日本精神保健福祉士協会」です。

日本精神保健福祉士協会に入会するかどうかは自由です。つまり、入会しなくてもOKです。じっさい、入会している人は少なく、組織率は2割未満です。(2020年度の事業計画より)

「周りで入ってる人がいない」「何やってるかわからない」と感じて、入会をためらう方もおられるでしょう。

日本精神保健福祉士協会に入会するのをオススメできる方がいるとすれば、下記のような方です。

入会をオススメできる方・年会費15,000円を払う価値があると感じられる方

・機関誌、メールマガジンを読み、活用する方

・研修に積極的に参加できる方

その理由やメリット・デメリットを解説する記事です。日本精神保健福祉士協会に入会するか迷っている方や日本精神保健福祉士協会に関心のある方に役立つ内容となっています。

日本精神保健福祉士協会への入会をご検討ならば、知っておいて損は無いでしょう。それではまいりましょう!

日本精神保健福祉士協会に入会するメリットとデメリット【元会員解説】

日本精神保健福祉士協会に入会するメリット

さきにお断りしておきます。日本精神保健福祉士協会に入会するメリットは、本当にメリットといえるのか?という内容です。メリットとしてお伝えするものの、苦言をセットで申し添えていきます。

ちなみに、日本精神保健福祉士協会のホームページで、構成員の特典がわかりますから、こちらも参考にしてみてくださいね。

生涯研修制度をうければ「認定精神保健福祉士」になれる

日本精神保健福祉士協会には「認定精神保健福祉士」という制度があります。

協会指定の研修をうければ、協会が「研修認定精神保健福祉士」や「認定精神保健福祉士」として認定してくれます。
参考:日本精神保健福祉士協会 生涯研修制度とは

生涯研修制度は、精神保健福祉士のなかから日本精神保健福祉士協会が太鼓判を押した精神保健福祉士をうみだす制度。いわば、「日本精神保健福祉士協会おすみつきの精神保健福祉士になれる制度」です。

日本精神保健福祉士協会としては、これを精神保健福祉士の資質や信頼の向上、政策展開につなげていきたい意図がありますす。

ちなみに、協会会員のうち生涯研修制度を利用した人の割合は63%です。(2019年4月現在)

基幹研修修了状況(都道府県別)
私の苦言

わたし自身、生涯研修制度の基幹研修Ⅰを受けたことがあります。研修自体は、講義をうけたりグループワークができたりして、刺激がありました。日々の支援を振り返れるメリットもありました。機関研修ⅡやⅢになると、もう少し難易度の高い課題が与えられるようです。

精神保健福祉士としての能力は証明しづらいものです。なので、「資格を増やしたい」「何か向上できている証が欲しい」といった方には認定精神保健福祉士をとることで心理的メリットがあるかもしれません。

また、取得するには研修をうけることになるので、学習機会にはなるでしょう。

しかし、多くの方にとって「認定精神保健福祉士はメリットが少ないでしょう。理由は、職場内外で優遇(給料が上がる等)されるわけでもないからです。「認定精神保健福祉士」は研修の修了証書のようなものでしかないのが現状です。

メンバーシップカードと会章がもらえる

メンバーシップカードは協会の会員の証です。こんなカードです。

これがあれば誇らしい気がするかもしれませんが、ハッキリ言って飾りです。手続きをするときに、忘れてしまった会員番号や登録番号を確認する用です。(他の用途ってあるのでしょうか…?)

会章は四つ葉のクローバーの形で、スーツ等につけることができますね。でも私は断捨離してしまいました…。なぜなら、会章は使うことが全く無かったからです。

メンバーシップカードと会章はメリットなのか?

メンバーシップカードと会章は必要なのでしょうか?メリットといえるのでしょうか。

「オレは日本精神保健福祉士協会の会員だぜ!(エッヘン)」という以外に、どのような価値があるのか。メンバーシップカードと会章は、とてもお粗末な品に見えてしまいます。

高い年会費を使っての事業でしょうから、バッサリやめてはどうかと思います。予算を別の事業に投資するか、縮小して年会費を下げる方が、協会会員の増加、ひいては日本のためになるのではないかと思うところです。

全国大会・学術集会に構成員価格で参加できる

日本精神保健福祉士協会は毎年、全国大会・学術集会をおこなっています。例年、2日程です。

参加費用がかかるのですが、2018年度でいうと会員は4,000円割引です。

ところがそもそもの話。日本精神保健福祉士協会の年会費は15,000円です。全国大会・学術大会に参加するくらいじゃ、年会費の元は取れません

私の体験&苦言

わたし自身、全国大会に数回参加したことがあります。一緒に参加する仲間がいて勉強になったり、刺激になったり、リフレッシュになったりしました。

でも、職場的にうまく休みを合わせられないと参加できません。それゆえ、ここ数年は参加できていないです。

日本精神保健福祉士協会では、全国大会・学術大会以外にも研修があります。各研修で構成員割引はありますが、さほどの差があるわけでもありません。それに、研修の開催地が遠方過ぎて、参加しようにも参加できないことが多いです。

つまり、研修参加費の割引を求めて入会しても元はまず取れない、と言えます。

メールマガジンが届く

精神保健福祉に関連した情報がメールマガジンでよく届きます。法律が国会で検討される等、最新の情報が手に入るので役立たせることができます。

もちろん、目を通さなければ役立つことはないので、メリットとなるかは人それぞれとも言えます。

機関誌「精神保健福祉」や「PSW通信」が届く

「精神保健福祉」は年4回、「PSW通信」は年6回発行されます。全国ではたらく精神保健福祉士、PSWの方々の現状や思い、業界の課題等について、まとめられています。思いを同じくして働く精神保健福祉士の思いを知ることができますから、精神保健福祉士同士の連帯感を感じることができるかもしれません。

けっこうなボリュームの機関誌ですから、全て読もうとすると時間がかかります。私は気になるところだけつまんで読んでいました。

メールマガジン同様で、機関誌がメリットとなるかどうかは読むかどうか次第です。

精神保健福祉士賠償責任保険に加入できる

精神保健福祉士の仕事は、人の命にかかわることもある仕事です。

有事の際に組織が守ってくれるならありがたいのですが、個人の賠償責任をとわれることもある昨今。ニーズの高まっている保険なのでしょう。

ただ、私のつながりのある精神保健福祉士で加入している人はいませんでした。

あんたボロカス言うやん?

悪く言いたいわけじゃない。正直に話している結果だ。

日本精神保健福祉士協会に加入するデメリット

年会費が高い

デメリットは年会費の15,000円です。

入会金は5,000円年会費は15,000円ですから、初年度は合計20,000かかります。

精神保健福祉士の平均年収は約347万円ですからキツイです。(精神保健福祉士の年収についてはこちらの過去記事へ

日本精神保健福祉士協会は、年会費に見合ったメリットがあるかというと微妙です。もう少し安くならないと、精神保健福祉士の年収的に入りにくいでしょう。

ただ、条件つきですが、日本精神保健福祉士には年会費が減る制度があります。くわしくは下記リンクからごらんください。(私は対象外です)

会費の減免制度のご案内/(公社)日本精神保健福祉士協会
社会福祉士なら「日本社会福祉士会に入会=都道府県社会福祉士会に入会」だが・・・

社会福祉士の協会は「日本社会福祉士会に入会=都道府県社会福祉士会に入会」となります。

つまり、社会福祉士の協会なら、全国バージョン+都道府県バージョンへの入会が、年会費15,000円くらいで済みます。(社会福祉士会の年会費は各都道府県で違います。)

一方、精神保健福祉士の協会は、日本精神保健福祉士協会都道府県精神保健福祉士協会別物です。

社会福祉士の協会

①(各都道府県)社会福祉士会
日本社会福祉士会

まとめて入会

精神保健福祉士の協会

①(各都道府県)精神保健福祉士協会
日本精神保健福祉士協会

別々に入会

両方に入会するなら、日本精神保健福祉士協会の年会費15,000円と、都道府県の精神保健福祉士協会の年会費を払うことになります。(都道府県の精神保健福祉士協会の年会費も、各都道府県で違います)

「一括で入会できて会費も安い社会福祉士会のシステムの方が良いな~」と思うところです。

【まとめ】迷ったなら都道府県の精神保健福祉士協会に加入する方がオススメ

日本精神保健福祉士協会に入ることがオススメできるのは下記のような方です。

入会をオススメできる方・年会費15,000円を払う価値があると感じられる方

・機関誌、メールマガジンを読み、活用する方

・研修に積極的に参加できる方

上記のような方以外は、日本精神保健福祉士協会よりも都道府県精神保健福祉士協会に入会した方がメリットを実感できるのでオススメです。もちろん、両方に入会することもできます。

日本精神保健福祉士協会に私が入会していた理由

私が入会していた理由は、日本精神保健福祉士協会の組織率を上げることが、協会の意見力を上げ、日本をより良くすることになると思っていたからです。選挙投票するような動機でした。

しかし今は、日本社会福祉士会にも入会していますから「家計的に払い続けられない」と思ってやむなく退会に至りました。できることなら入っていたいんですけどね。

以上、日本精神保健福祉士協会に入会するメリット・デメリット【元会員解説】という話題でした。

【オススメ関連記事】

都道府県の精神保健福祉士協会【入会メリット・デメリット】
どの都道府県にも精神保健福祉士協会があるんか? そうだ。 全国47都道府県に精神保健福祉士協会があって、独自色がある。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士...
日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会の入会メリット・デメリット
社会福祉士会って、入った方がええん? 年会費が負担じゃないなら入るのをオススメする。メリットとデメリットを解説するから判断材料にしてくれ。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。じ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました