都道府県の精神保健福祉士協会【入会メリット・デメリット】

社会福祉士会・精神保健福祉士協会

都道府県の精神保健福祉士協会ってはいったほうがいい?

オススメだが入るかどうかは自由だ。

全国47都道府県に精神保健福祉士協会があって、それぞれ独自色がある。

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

精神保健福祉士協会には、全国バージョンの日本精神保健福祉士協会と、各都道府県の精神保健福祉士協会の2つがあります。

精神保健福祉士の資格をとった方にとって、入会するかどうかは悩むポイントだと思います。協会がどんな活動をしているのかわからないし、日本精神保健福祉士協会との違いもよくわからないからです。

私の結論は、「都道府県協会は、年会費が安めだし、研修会場にもアクセスしやすいし、人とのネットワークもつくれるのでオススメ」ということです。

この記事を読んでもらうと、オススメする理由がわかります。さっそくまいりましょう!

都道府県の精神保健福祉士協会【入会メリット・デメリット】

説明されていますので引用します。

都道府県精神保健福祉士協会等(都道府県協会)は、都道府県を単位として、それぞれ固有の会則等により設置運営されている団体です。設立の経緯や時期、背景もさまざまで、また、精神保健福祉士を正会員とする団体から、精神保健福祉士を含む精神科領域に勤務するソーシャルワーカーを会員とする団体など、会員要件も異なっています
引用元:社団法人 日本精神保健福祉士協会

つまり、都道府県協会は、それぞれが独自カラーをもっているということです。たとえば、精神保健福祉士でなくとも加入できたりします。

都道府県協会の一覧は下記です。47都道府県すべてに、都道府県協会があります。

都道府県支部及び都道府県協会コーナー

ホームページを公開している協会ならば、協会名をクリックすればHPに飛びますから、活用してみてください。

精神保健福祉士の都道府県協会に加入するメリット

都道府県協会はそれぞれ独自色があるので、メリットはひとまとめには言いにくいです。なので、だいたいですが都道府県の精神保健福祉士協会の共通メリットを3つをお伝えします

都道府県協会の年会費は安い

年会費は、日本精神保健福祉士協会よりも安いです。

日本精神保健福祉士協会の年会費は15,000円です。(入会金5,000円あり)

では、都道府県協会の年会費はどうか。例えば、大阪精神保健福祉士協会8,000円北海道精神保健福祉士協会6,000円東京精神保健福祉士協会5,000円です。

ざっと調べただけでも、下記のように比較できます。

日本PSW協会
年会費
  • 年会費
    15,000円
  • 入会金
    5,000円
各都道府県のPSW協会
年会費
  • 年会費
    3,000~8,000円程
  • 入会金
    0円~

 

都道府県の協会は日本精神保健福祉士協会より安いやん!

半額かそれ以下だな。

入会金・年会費だけでも、大きな差があることがわかっていただけると思います。

※ただし、日本精神保健福祉士協会には、入会金・年会費が減る制度があります。詳しくは下記リンクをごらんください。

会費の減免制度のご案内/(公社)日本精神保健福祉士協会

研修会場が近い

都道府県協会の研修は、たいていが同じ都道府県内でひらかれます。なので、研修会場へアクセスしやすいのがメリットです。

日本精神保健福祉士協会の研修だと、会場が都道府県外になのでアクセスしにくいです。例えば、大阪に住んでる人に、東京会場の研修を案内されても・・・って感じになります。

ただ、最近はオンライン研修という方法が広まっていますから、アクセスの課題は克服されつつあるともいえます。

仕事のネットワークを作りやすい

都道府県協会の研修では、同じ都道府県内ではたらく精神保健福祉士が研修にきますので、仕事でつかえるネットワークがつくりやすいです。精神保健福祉士の仕事では、人とのネットワークやつながりが支援力に直結するくらい重要です。

研修会場では、例えばこんなやりとりがよくあります。

あ、あなたはタヌキさんですね!?

いつもお世話になってます。

どうもーお世話になってます。

コアラさんもこの研修こられてたんですね!

という具合に、いつも電話でしか話さなかった仕事相手と、顔が見える関係になれるのです。こうして、名刺を交換する光景があちこちで広がります。

ただ、仕事でかかわる人が多すぎると、気を遣ってしまうことがあるかもしれません。なので、完全なオフ・プライベートというよりも、仕事にいくくらいの緊張感が必要なこともあるでしょう。

まとめ 都道府県協会への加入はオススメ

いろいろ言いましたが、私の結論は「都道府県協会は、コストパフォーマンスが良いし、研修会場にもアクセスしやすいし、人とのネットワークもつくれるのでオススメ」ということです。

加入をご検討の方は、下記リンクから各都道府県の協会HPを探してみてください。HPがない都道府県ならば、電話をかければOKでしょう。

都道府県支部及び都道府県協会コーナー

以上、都道府県の精神保健福祉士協会【入会メリット・デメリット】という話題でした。

【オススメ関連記事】

日本精神保健福祉士協会に入会するメリット・デメリット【元会員解説】
日本精神保健福祉士協会って入ったほうがええか? オススメできる人には条件がある。 都道府県の精神保健福祉士協会の方が私はオススメだ。 こんにちは!社会福祉士・...
日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会の入会メリット・デメリット
社会福祉士会って、入った方がええん? 年会費が負担じゃないなら入るのをオススメする。メリットとデメリットを解説するから判断材料にしてくれ。 どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。日本社...
認定精神保健福祉士のメリットTOP3【現役PSWより】
認定精神保健福祉士って何? 取った方がええん? 日本精神保健福祉士協会に入っているなら取得がオススメだ。 現状、メリットは3つある。 どうも!社会福祉士・精...

コメント

タイトルとURLをコピーしました