療育手帳と障害者手帳の違いが一目でわかる記事【社会福祉士が解説】

しゃふく・PSWの実務ノウハウ
この記事は約3分で読めます。

療育手帳と障害者手帳の違いってなんや?

ややこしいよな。

手続きや会話で同じ意味で使われることがある。

だが、答えはめちゃシンプルだ。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

「療育手帳」や「障害者手帳」という言葉をきいて「別なの?一緒なの?」と思ったりしませんか。しかも漢字だらけで、ややこしい言葉ですよね。

療育手帳や障害者手帳って、知る人ぞ知る言葉でして、関わりのない方だったら区別があることも知らないものなんです。

例えば、お子さんに知的障がいがあるとわかって、療育手帳をもつことをすすめられた親御さんが、その時はじめて知る言葉だったりするのです。

なので、例えばお子さんが療育手帳をもつことになった方が役場で「障害者手帳はありますか?」っていわれて困ってしまったり、色んなお店やテーマパークで割引をうけようとしたときに「療育手帳」ではなくて「障害者手帳のある方は割引」なんて書かれてたりするので、「療育手帳じゃダメなの!?」とか感じてしまうわけです。

わからなくて当然なんです。恥ずかしいことでは全くありません。

お困りになる方がきっとおられるんじゃないかと思いまして、この記事では療育手帳と障害者手帳の違いをサクッと整理しました。

それではみてみましょう!

療育手帳と障害者手帳の違い

解説のために図で整理しました。この図が答えです。

f:id:a_purpose:20200731232210j:plain

つまり、療育手帳は障害者手帳のひとつです。

障害者手帳は療育手帳を含んだ呼びかたです。

障害者手帳は3種類ある

障害者手帳には3種類あります。

  • 療育手帳
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳

この3つです。なので、役所の手続きや、施設の利用で割引を受ける時、じっさいの会話ではこのようになります。

障害者手帳はお持ちですか?

はい。

療育手帳があります。

これで手続きや割引がすすむことになります。カンタンですよね。

優しい担当者なら、障害者手帳だけでは伝わらないと考えて、「例えば療育手帳などはお持ちですか?」と聞いてくれると思います。

療育手帳=「愛の手帳」「愛護手帳」「みどりの手帳」

じつは療育手帳には他にも呼びかたがあります。地域によっては、「愛の手帳」「愛護手帳」「みどりの手帳」とも言われます。どうしてこんなに名前があるのでしょうか?

私自身よくわからなかったので、ちょいと制度をしらべてみました!それでわかったことをシェアさせていただきます。

療育手帳は、政府の通知にもとづいて都道府県知事か指定都市市長が出しています。政府の通知には

手帳の名称は「療育手帳」とするが、別名を併記することはさしつかえない。

引用元:厚生労働省HP療育手帳制度の実施について

こう書かれています。もったいぶった言い方ですが、都道府県知事や指定都市市長は療育手帳に別名をつけることができるということです。それで、療育手帳には「愛の手帳」「愛護手帳」「みどりの手帳」といった別名がつけられているのでしょう。

ただ、慣れるのに時間がかかりそうです。いろいろな思いが込められた手帳の名前だと思いますが、同じ手帳にたくさん呼び方があると、初めはちょっと混乱しちゃいますね。

療育手帳をもっと知りたい方へのおすすめサイト

療育手帳について、とってもわかりやすく、かつ網羅的に解説されているのが下記のサイトです。知的障害のあるお子さんのお母さんが運営されており、本当にお詳しい。

お子さんが療育手帳をもつことになった親御さんたちにとって、とても助かるサイトでしょうから、勝手ながらご紹介させていただきます。

療育手帳がやってきた!療育手帳・愛の手帳のメリット紹介、疑問解決!

コメント

タイトルとURLをコピーしました