社会福祉士

社会福祉士で年収600万円以上は簡単?超える方法5つ紹介

syakaihukusisi-nennsyuu600mann 社会福祉士
  • 社会福祉士で年収600万超えられる?
  • 独立以外の方法で年収600以上をめざす方法は!?

こういった思いの方へ。

この記事の内容
  • 年収600万以上の社会福祉士の割合(男女別)
  • 年収600万以上の社会福祉士の雇用形態
  • 年収600万以上の社会福祉士の職場2つ
  • 社会福祉士で年収600万を超える方法5つ

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場経験は約10年です。

まず結論ですが、社会福祉士で年収600万以上の人は少ないです。

社会福祉士の平均年収は403万円なので、そりゃ当たり前ですよね。

でも、超えられないわけじゃないです!「年収1000万」よりよっぽど現実的です。

調べた結果、社会福祉士で年収600万を超える方法は↓のとおりです。

年収600万を超える方法

  1. 保護観察所・地方更生保護委員会で働く
  2. 社会福祉士養成機関や学校等で講師・教授になる
  3. 経営者・施設長になる
  4. 福祉職公務員になる
  5. 副収入を得る

この記事は主に↓の公式調査を参照して書いています。

社会福祉士で年収600万円以上は簡単?超える方法5つ紹介

そもそも年収600万超えの社会福祉士ってどんだけいるんやろ?

年収600万以上の社会福祉士の割合は?【男女別】

年収600万超えの社会福祉士割合を男女別にみてみましょう。

まずは男性から。

syakaihukusisi-nennsyuu600mann-otoko

21%の社会福祉士男性が年収600万超えすね。

5人に1人なので頑張ればめざせそうですが、少ないっちゃ少ないです。

次に女性のほうを見てみましょう。

syakaihukusisi-zyosei-600mann

女性で600万超えの社会福祉士は7%しかいません。

シビアですけどこれが現実です・・・。

年収600万以上の社会福祉士の割合は?【雇用形態別】

結果一覧です。

雇用形態 年収600万以上の割合
(雇用形態別)
正規職員 13.7%
契約職員 2.0%
パートタイム職員 0.4%
派遣職員 2.6%

正規職員でようやく13.7%です。

年収600万以上をめざすなら正規職員が王道といえますね。

年収600万以上の社会福祉士の職場は?【2つだけ】

保護観察所・地方更生保護委員会

社会福祉士の職場別の平均年収で600万以上なのは「保護観察所・地方更生保護委員会」だけです。

職場 年収
保護観察所・地方更生保護委員会 638万円

こちらの「社会福祉士の給料・年収高い職場ランキングTOP42【最新公式調査より】」では「保護観察所・地方更生保護委員会」はランキング1位です。

保護観察所・地方更生保護委員会で働くには、保護観察官になると良いです。

ただし保護観察官になるには、国家公務員試験に合格しないといけないので難関です・・・。

社会福祉士養成関係の学校等

大学・専門学校などの社会福祉士養成施設で働く社会福祉士は、全員じゃないですけど年収600万を超えられます。

年齢 年収
(男性)
年収
(女性)
40代 623 509
50代 716 618
全体平均 600 494

たとえ今は難しくとも、いずれは社会福祉士を養成する講師・教授を目指すのはいかがでしょうか?

40代~50代になれば年収600万が手に届きそうです。

社会福祉士で年収600万を超える方法

社会福祉士で年収600万超えるにはどうしたらいい?

次の方法のどれかなら600万を目指せるよ!

年収600万を超える方法

  1. 保護観察所・地方更生保護委員会で働く
  2. 社会福祉士養成機関や学校等で講師・教授になる
  3. 経営者・施設長になる
  4. 福祉職公務員になる
  5. 副収入を得る

①と②については解説済みなので、③~⑤を解説します。

経営者・施設長等になる

確実に年収600万以上というわけではないですけど、経営者・施設長は年収600万近いです。

職位 平均年収
(万円)
経営者 549
施設長等 554

平均が550万くらいなら600万を超えている人もいるでしょう。

「オレの職場の施設長はそんなにもらえない!」という悲鳴が聞こえてきそうですが・・・

とにかく収入が上がるのは確かでしょうし、施設長・経営者になって年収600万をめざすのも1つの道です。

福祉職公務員になる

社会福祉士で年収600万をめざすなら一番おすすめな選択肢です。

社会福祉士公務員の平均年収はこちらの「【年144万円多い!】社会福祉士の公務員の平均年収・給料・手取り」で解説していますが、

平均年収は5,471,170円と出ています。

これは平均値ですから、長く働いている人は年収600万を超えているでしょう

公務員試験は難しいですけど、福祉職については特に人物重視の傾向ですし、倍率も低かったりします。

疑わしいと感じた人は、いちど「社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】」をご覧くださいませ。

副収入を得る

600万に届かない分は副業で稼げば良いやん」という方法です。

社会福祉士の副業として筆頭にあげられるのは成年後見人ですね。

下記の記事で解説していますから、いちどご覧になってみてください。
ちょっと夢が広がるかもしれません。

成年後見人以外の副業をならリベ大の記事が役立つと思います。

最後に

社会福祉士で年収600万を超える人は少ないです。

でも、超えている人は確実にいます。調査結果が出てますからね。

あなたはどの方法で年収600万を達成しますか?

ちなみに転職というのも1つの方法です。

おすすめは転職エージェントに給与交渉してもらって、好条件の求人が見つかった時だけ転職するという方法です。

無料でできるし、満足できる給与・年収じゃなければ転職しなけりゃ良いのです。これならノーリスクですし。

ご興味のある方は「【3つだけ!】社会福祉士おすすめ転職サイト・転職エージェント」もご覧下さいね。

バットは振らなきゃ当たらない。思い立ったが吉日です。後悔の無いようにやっていきましょうね!

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました