社会福祉士

社会福祉士実習がつらい!【あるある事例TOP3と対策】

社会福祉士

実習きつい!つらい!もうやめたい!

毎日おつかれさま。ほんとつらいよな。

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。現場経験は約10年です。

あなたは社会福祉士実習を、今後に控えている方でしょうか?

あるいは今まさに、社会福祉士実習の真っただ中でしょうか?

この記事は、↓のような気持ちの方に向けて書いています。

  • 緊張しっぱなしだ・・・
  • 余裕がない!
  • 実習担当がうるさい!うっとうしい!
  • コミュニケーションをとるよう言われるがキツイ
  • 実習日誌を書くのが大変。
  • 実習日誌に何を書けば良い?
  • 実習先が遠くて寝不足だ・・・

経験上、実習生のつらさは職員以上です。

実習生は、初めての場所、初めての人、初めての情報に1人だけで囲まれる日々です。慣れている職員とは条件が違います。

しかも実習期間は約1か月。けっこう長いです。

実習がつらすぎて「あと数日で終わるけど、もう辞めてしまいたい」「もう社会福祉士は諦めようかな・・・」と思う方もいるでしょう。

また、多くの方が人間関係に躓いているのではないでしょうか?

福祉現場にはクセ者がゴロゴロいます。「福祉の仕事をする人は優しい人」と思っていたら、ド肝を抜かれたことでしょう。

実習はつらいのが当然です。私も経験しました。それで良いのです。

この記事では、社会福祉士実習のよくある話と対策をご紹介します。一息ついていってくださいね。

社会福祉士実習がつらい!【あるある事例TOP3と対策】

【大前提】実習生は職員よりつらい

職員より実習生の方がつらいです。大変です。

職員は慣れた環境・人・情報の中にいます。「職員」という役割がありますから、患者さん・利用者さんに「支援のため」としてコミュニケーションをとりやすいです。関わりの羅針盤があるイメージですね。

では、実習生はどうでしょうか?

知らない場所、知らない人間関係において、知らない知識を吸収しないといけません。

「支援のため」ではなく、「自身の学びのため」に関わらないといけません。

実習生がするのは支援ではないので、目的地も定かではありません。誰と何をどんな意図で話すのか?何をするにも立場が中途ハンパです。

そうした特殊環境ですから、不安になったり自信を失くしたりしがちです。

はた目にいる「何となく社交的っぽい人」が優秀に見えたりするでしょうが、気にしなくて良いです。興味本位で関わっているだけ、ということがあるからです。

「コミュニケーションがうまくできない」「何を話したら良いかわからない」と悩んでいる方、ぜんぜん大丈夫ですよ!

「悩める」は社会福祉士に必要な素質です。むしろ、将来的な可能性を秘めていると考えて良いでしょう。

つらさ① たくさんの人とのコミュニケーション

社会福祉士実習はたくさんの人と話すことを求められます。関わる相手の数たるや、人生史上で最も多い体験かもしれません。

人とコミュニケーションをとってナンボの実習。それは皆さんわかっています。しかし、心と体がついてきませんよね。

例えば、普段は関わらない層と話さないといけないことがあるでしょう。

お若い学生さんは、同世代との関わりに慣れていると思います。

しかし実習では、親世代・祖父母世代、あるいはその中間にいる方々と話さないといけないので「何を話せば良いんだろう?」と困ってしまうと思います。極めて自然な感情です。

相手が話しやすい世代・性別・性格なら安心かもしれません。でも実習は、苦手な相手とも話すことを求められます。やはり「何を話せば良いんだろう?」と困ってしまいます。

体は緊張しっぱなし。肩に自然と力が入ってしまうでしょう。

頭もフル回転。

疲れ切ってしまうのは当然です。

コミュニケーションの対処法

滑らかに話せるのは良いことですが、難しい場合はあるでしょう。コミュニケーションは、相手に準備ができていないと空回りしてしまいます。

そうした場合、「話をしないといけない」という考えは捨ててOKです。

もし、↓のような焦りがあるなら、いったん脇に置いてみてくださいね。

  • 何か話さないといけない
  • 質問しないといけない
  • 沈黙があってはいけない

オススメは下記の2つです。

会話によらないコミュニケーション

  1. 同じ空間を過ごす(同じテーブルにすわる等)
  2. 同じ活動をする(レクリエーション、作業、テレビ等)

上記は立派なコミュニケーションです。会話だけがコミュニケーションではありません。黙っていても効果はあります。むやみに話しかけるよりも居心地の良い関係ができ、会話の土壌ができることもあります。

でも、話しかけんと実習担当者にいろいろ言われるんやけど・・・

それは聞き流して良い!意図が説明できたら良いんじゃないかな。話しかけられるタイミングがあれば話してみよう。

本音を話せる関係や信頼関係(ラポール)をつくるには、場の共有・活動の共有が有効です。実際、ベテランの社会福祉士もよくやる手法です。一度お試しあれ。

つらさ② 職員・実習担当との関係

「コミュニケーションをとらないといけない」とわかっていても、うまく動けない方は多いでしょう。

慣れない場所で慣れない相手に話すには、心のエネルギーを使います。余裕は無くて普通でしょう。

「この辛さを誰かに聞いてもらいたい・・・」「わからないから質問したい・・・」

そう思って周りを見渡しても、職員は忙しかったり、無関心だったり、厳しすぎたり。

安心して話せる職員がいなくて、味方は誰?という孤立状態に耐えねばならない人もいるでしょう。

「実習担当者だけは受け止めてくれるだろう」と思っていたら

もっと話しかけないといけませんよ~。同じ人ばかりと関わってませんか?

と、むしろダメ出しされてしまう。これもよくあることです・・・。

実習担当者には「実習生なんだから、できないとダメでしょ」と考える方が、一定数います。プロ意識ゆえかもしれませんが、要求水準が高すぎると思うことがあります。

職員の中には「利用者・患者さんには優しいけど、実習生には厳しい」という方もいます。指摘は正しいのですが、言い方がとてもきつい。「そんな言い方しなくても伝わるのに」と思うことがあります。

つらさ③ 実習日誌へのダメ出し

毎日書かないといけない実習日誌。学びになる一方、実習生の皆さんを苦しめます。

実習先まで距離のある方は、実習日誌を書く時間が少なくてつらいでしょう。

眠い目をこすって書いて、夜遅くまでかかってようやく完成。寝坊しそうになりながら、目の下にクマをつくって実習先に向かい、実習担当者に提出。しかし実習中に眠くなってしまって、つらい・・・。(実習中にうたた寝してしまう方もいます)

また、実習の日々を繰り返すうち「もう書くことないんだけど・・・」と、書く内容に困る人もいます。

時間と知恵をしぼり出して書いた実習日誌ですが、実習担当者からは

これじゃ感想文ですよ?

と、ダメ出しされたりします。

文章を書くのに慣れていなくて「いきなりそんなこと言われても、実習日誌の書き方がわからないよ・・・!」と困り果てる方もいるでしょう。

実習日誌の対処法

実習日誌には、↓の2つを書けば良いでしょう。

実習日誌に書く内容

  1. 事実(できごと)
  2. 考察(自分の意見とその理由)

例えば、↓のような具合です。

  1. (事実)今日の昼食前に、Aさんは「はやく働いて自立したい」と話された。
  2. (考察)Aさんには、焦る気持ちと、ご自身への不全感があるのではないかと思った。なぜなら・・・

やっぱり難しい!

急に言われても難しいよな。次のポイントをおさえてみて。

文章の書き方を急に変えるのは難しいですね。しかし、すぐできるポイントが2つあります。

  1. たくさん書く(用紙の9割以上
  2. 丁寧に書く

上記2つができていれば、ダメ出しはゆるむはずです。

要は、あなたなりの丁寧な字で、たくさん書いておけば良いのです。すると実習担当者は「やる気はあるけど、これが限界なんだな・・・」と温情をもちやすいです。頑張っている人を責める人は、あまりいません。

書く時間は取られてしまいますが、やってみると反応が変わるかもしれません。やってみてくださいね!

※実習日誌の書き方を体系的に知りたい方は、学校法人 川崎学園 社会福祉援助技術現場実習について(実習日誌の書き方)が分かりやすいです。

社会福祉士実習は、何を言われてもやりきったら勝ち!

「あと数日だけど辞めてしまいたい」「社会福祉士は諦めようかな・・・」と思う方、お気持ちはわかります。

しかし本音は、「できることなら辞めたくない」「最後までやりきって社会福祉士になりたい」ではないでしょうか?

あなたにお伝えしたいのは「社会福祉士実習はやりきった者勝ち」ということです。

私の知る限り、最後までやりきった実習生を実習担当・実習先が不合格にしたことはありません

評価には評価者の主観が入ります。もしかしたら、良くない評価かもしれません。しかし、実習をやりきった事実は消せません。

したがって実習担当にダメ出しされても、注意されても、怒られても大丈夫です。

利用者さん・患者さんとうまく話せなくても、コミュニケーションをとれなくても、トラブルがあっても大丈夫です。

確かに、あなたの立ち振る舞いに評価は下されます。しかし、実習評価の良し悪しは、将来にはどうでも良いことです。社会福祉士になってしまえば全く関係ありません。

せっかくここまで頑張ってきたのですから、もうあとひと息です。やりきれたら将来の誇りとなるでしょう。

何を言われようが、社会福祉士実習を最後までやりきる。これができれば勝ちです。この一点に集中すれば良いのです。

社会福祉士になるかどうか悩んでしまった方も、実習を終えてからゆっくり考えれば良いのです。

走れなければ歩いても良いです。とにかく今は止まらずに。それで十分なんです。

1年後には、「そんな時もあったなぁ」と笑えたりするものですから。応援しています!

社会福祉士の国家試験対策について

なお、実習と同時に受験勉強を進めないといけない方もいるでしょう。
これもまた辛いですよね。

勉強スタイルは大きく2つ。独学と通信講座の利用ですね。

独学派の方は【ダブル受験】社会福祉士・精神保健福祉士の独学勉強法【実証済み】をご覧ください。私が一発合格した方法です。

通信講座に興味がある方は【最新】社会福祉士の通信講座【現役おすすめ3選を徹底比較!】をご覧ください。

就職に向けて

今年度か来年度には就職活動をされることと思います。

約10年の現場経験と転職2回の経験をもって思うことは、やりがいも大切ですが、収入や職場環境も大切ということです。

増えない給与やブラック現場の苦しみは、「やりがいこそ第一」と考えていた私の考えを変えました。

なので「福祉職公務員を検討してみて欲しい」というのが、私のお節介心です。

詳しくは「【3つだけ!】社会福祉士おすすめ転職サイト・転職エージェント」に書いています。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました