社会福祉士と精神保健福祉士のダブル合格勉強法ポイント2つ

しゃふく・PSWの資格取得
この記事は約11分で読めます。

ダブル受験なんてしたら大変やん。

せっかくのオレっちの自由時間がなくなるやん!

時間あるぞ。独学ならな。

その勉強法を伝えよう。

社会福祉士・精神保健福祉士の受験をお考えですか?

この2つの資格は、同時に受験することができます。でも、ダブル受験・合格なんてできるの?って不安になりますよね。ご安心ください!社会福祉士・精神保健福祉士のダブル合格はできます!

私は社会福祉士・精神保健福祉士のダブル受験で一発合格できました。しかも、ちゃっかりゲームをしたり、友人と会ったりもしていました。

当時は大学生でしたが、受験対策講座のたぐいにはほとんど参加せず、勉強は家で一人でしていました。やむを得ず独学したんじゃなくて、独学がいちばんはかどったんです。

この記事では、私が合格できた勉強方法を、2つのポイントにしぼってご紹介します。2つのポイントと「教材」と「復習のスケジュール化」です。

それではまいりましょう!

社会福祉士・精神保健福祉士ダブル受験の合格勉強法 ポイント2つ

社会福祉士と精神保健福祉士の資格をもつことにはメリットがあります。

メリットの1つ目は、就職後も2つの資格があなたの知識と努力を証明してくれます。就職の必須条件じゃなかったとしてもです。

メリットの2つ目は、転職したいときに選択肢が広がります。いまは転職なんて考えもつかないかもしれませんが、長い職業人生では多くの人が考えたり、経験したりするはずです。

メリットの3つ目は、資格手当で給料が上がります。手当のない職場もありますが。給料や年収が高いとはいえないのが福祉の仕事ですから、手当のあるなしは大きいです。数年たてば車が買えるほどの差になったりします。

ところが、ダブル受験となると、社会福祉士や精神保健福祉士の片方だけの受験よりも大変だったり難しそうなイメージがあると思います。大変というのは確かにそうで、「専門科目」の分だけ勉強範囲が広くなります。「共通科目」については、両方の勉強範囲になるので、効率的といえば効率的ですが・・・。

「根性で勉強すれば受かる」とは言い切れないのが、社会福祉士と精神保健福祉士のダブル受験です。試験範囲が広くなる分、効率的な勉強方法と教材選びに気をつけないと、試験に繰り返し落ちつづける・・・なんてことになりかねません。「繰り返し落ちつづける」という残酷な事実は、この記事でもかいています。

社会福祉士&精神保健福祉士には一発合格すべき理由5つ
合格できなくても働きながら勉強したらええやんな? いや、1回で受かった方がマジで良い。 その理由を説明しよう。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 社会...

ここからは私が合格できた勉強方法を紹介していきます。ポイントは「教材」と「復習のスケジュール化」です。

勉強方法が独学であれ、大学講座であれ、通信講座であれ、この2ポイントを外した勉強方法は考えられません。きっとためになるはずですので、おつきあいください。それではまいりましょう!

教材について

「ダブル受験するからには、教材がたくさんいる!」「過去問も一問一答もやらなきゃ!」って焦ってしまいますけど、たくさんの教材や参考書の内容をおぼえるなんて、ふつうは無理ですよね。一番こわいのは

あれもこれも勉強したけど、どれも中途半端だわ・・・

という事態です。こうなると、せっかくかけた勉強時間のわりに、身についていないってことになります。つまり、落ちる勉強法といえるでしょう。

試験当日・・・選択肢のなかから誤答をはぶいて、正答を選びだすのに使えるのは、確実な知識だけです。中途半端な知識はつかいものになりませんし、もっと言うとひっかけ問題にひっかかりやすくなるリスクすらあります。

じゃあどうしたら良いのか?受かる勉強法はシンプルです。

確実な知識しかつかえない

自分を助けてくれるのは、自信をもって知っている情報だけです。「○○だったかな?」というあやふやな知識は助けてくれません。むしろジャマになることすらあります。

確実な知識にするにはどうしたら良いのか?教材をしぼるのです。

時間がめちゃくちゃあって、勉強をたっぷりできる自信のある方以外は、あれもこれもと手をだすのは失策になるでしょう。

この本をガチで覚える!という本を決めて、確実にしあげましょう。

でも、教材や講座をあっせんする人たちは商売ですから、あれもこれもと勧めてくるでしょう。

合格するにはたくさんの範囲を勉強しないとけませんから、この本も必要ですよ!合格した人たちはみんなこの本をつかってましたよ!

え?それなら買わないと落ちるやん!

か、買います!

みたいに。でも、ほんとうにあなたの合格を目的にしているかはわかりません。教材や講座でもうけようとしている場合だってあるでしょう。

視点をかえると、不安をあおられてアレもコレもと買ってしまうのは、販売する人たちの営業努力のたまものともいえます。

そんなことで、あなたの合格や、この先あなたと出会ってより良い支援を受けるであろう方の利益を損なうことがあってはならないと思います。

では、わたし自身はどの教材にしぼったのか、ご紹介していきます。

買った教材5冊(メインは2冊)

試験範囲は広いんやし、たくさん教材かわんとアカンのやろ?

いや、たくさん教材を買うのは落ちる勉強法だ。

メイン教材は2冊で十分。買うのは5冊。

確実にするのが重要だ。

わたしが使った教材は5冊です。試験数か月前でも本腰いれてくりかえし勉強した教材は2冊です。

じつは他にも買った教材がありましたけど「あれもこれも買ったけど、初めに使ってた教材は意味なかったなあ・・・」というありさまでした。反面教師にしてくださいね。

教材はすべて中央法規出版でした。社会福祉士も精神保健福祉士も、情報の信頼性と実績から、中央法規出版が大学ではすすめられていました。

いまでも、中央法規出版はケアマネジャー、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、管理栄養士の試験対策本を専門的にあつかっている出版社です。管理栄養士の方も施設によっては一緒に働きますから、ある意味、福祉系に特化した出版社といえそうです。

こうなると中央法規出版の回し者みたいでいやなのですけど、実際に手にとってもらったら理由がわかるはずです。それだけ実績・信頼性のある出版社ということです。

つかった教材5冊の一覧がこちらです。

  1. 社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック20〇〇(共通科目編)
  2. 社会福祉士国家試験受験ワークブック20〇〇(専門科目編)
  3. 精神保健福祉士国家試験受験ワークブック20〇〇(専門科目編)
  4. 社会福祉士国家試験過去問解説集20〇〇
  5. 精神保健福祉士国家試験過去問解説集20〇〇

※「20〇〇」の〇〇には、各年度をあてはめててください。

これでもうおわかりと思いますが、中央法規出版は毎年更新して出版しています。

で、1・2・3のワークブックは、つまり教科書です。正直なところ、ほとんど活用しませんでしたね。学生だったので、もともとある程度は覚えていたからかもしれません。不安な方でも、ワークブックは困ったときの辞書代わりくらいの位置づけで良いと思います。

1~5の中でも、試験当日まで繰り返し勉強し復習しつづけたのは、4・5の過去問題解説集2冊だけです。

社会福祉士はこちら

この2冊の目的は、実力確認じゃないです!点数確認とか、合格レベルとかをはかるためでもありません。

過去問題解説集をつかう目的は

  1. 正答の理由
  2. 誤答の理由
  3. 解説にある知らない知識

この3つを覚えることです。

あくまで「解説集」なので、解説がめっちゃ充実しています。ワークブックがいらないくらいです。注意点は、問題ごとに解説されているので、系統ごとにおぼえるというより、断片的に覚えることになりますね。この勉強法のデメリットといえばコレになります。

でも、断片的に覚えるという意味では、「一問一答」も同じです。問題ごとに知識をいれるわけですから。それなら、より解説が充実していて、模擬ではなく本番でつかわれた問題をもとに知識をいれた方が、効率的だし確実です。「一問一答」はわたしも買いましたが、結局つかいませんでした。過去問題解説集の方が解説も充実していてよかったです。

他の教材も買いたくなったらどうするか?

「たったこれだけの教材でだいじょうぶなのかなぁ?」と不安なところに「この本も買わないといけませんよ!」と強くいわれたら、気持ちがグラッときてしまうのはわかります。

わたし自身、大学教授に社会福祉用語辞典を買うようにすすめられて買いましたけど、まったく使わなかったですね。無駄金でした。大学教授にすすめられると、何も考えずについ買ってしまっていました・・・。

「こうして見ず知らずの私なんぞがすすめている本はどれだけ信用できるのか?」とご不安になる気持ちはわかりますし、私だってそう思うはずです。ただし一つ、お伝えしたいことがあります。

もし、他冊の方が良いと思われたのなら、その本をパーフェクトにしあげてください。

究極的には、わたしの勧める過去問題集でなくても良いと思います。受かるために外してはいけない点は、確実な知識にすることです。

「他冊も過去問題集も両方しっかりやる!」というのは、むちゃになるかもしれません。範囲が広すぎてやりきれないと思います。他冊をするなら他冊をするとしっかり決めて、仕上げてもらう方が良いと思います。

確実な知識にするには、情報の確かな教材選びと、解説の充実度は大切です。ここを間違うと大きなリスクになると思うので、他冊をつかうなら気をつけてくださいね。

いろいろ話しましたが、教材の結論

  1. 社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック20〇〇(共通科目編)
  2. 社会福祉士国家試験受験ワークブック20〇〇(専門科目編)
  3. 精神保健福祉士国家試験受験ワークブック20〇〇(専門科目編)
  4. 社会福祉士国家試験過去問解説集20〇〇
  5. 精神保健福祉士国家試験過去問解説集20〇〇

1~5をAmazonなどで購入して、4と5の復習を繰り返す。解説にでてくる言葉も覚える。そして、1~3は教科書的につかうということです。解説を覚えるときには、暗記用ペンやチェックシートをつかうのがオススメです。

復習をスケジュール化

「忘却曲線」というのは知っていますか?人の記憶については科学的に研究されていまして、どれくらい時間がたつとどれくらい忘れるかも、おおよそわかってきています。

ポイントを先にいうと「復習には効果的なタイミングがある」ということです。

例えば、「ラポール」という言葉をおぼえたいとします。

  • 3日連続で復習する
  • 1週間後と1か月後に復習する(以降、1か月ごとに復習繰り返し)

どちらが良いと思われますか?実は、1週間後と1か月後に復習した方が、しっかりと覚えられるんです。

長期記憶といって、脳が「これは大切な情報だ!」ととらえて覚えてくれるようになるのです。長期記憶としてインプットできれば、カンタンには忘れなくなります。

3日連続で復習するのは効果的ですが、数か月たてば忘れてしまうことでしょう。試験直前の追い込みにはつかえますが、国家試験対策は中期~長期戦。不向きな勉強方法です。

資格勉強は時間効率を大切にしましょう。だれでも無限の時間があるわけではないです。それに、ダブル受験となると試験範囲も広いですよね。効率的に勉強した方が良いのは明らかです。

忘却曲線を意識して復習タイミングをスケジュール化すれば、学習を効率化できます。

復習のスケジュール化につかえるツール3つ

スケジュール化には、ツールをつかいましょう。なぜスケジュール化のツールがいるかというと、学習範囲が広いので1週間後や1か月後を正確に把握しつづけるのは難しいからです。

ん・・・?たしか7日前にここ勉強したっけなぁ…

そんなあやふや復習法じゃあ落ちちまうぞ!

あやふやな記憶は頼りにできないからです。

おすすめのスケジューリング用のツール、1つ目はエクセルです。学習項目と復習する日付を記入していきました。私がやっていた方法です。でも、「エクセルなんてできない!」という方もいると思います。

そこで、おすすめツール2つ目は、スマホやGoogleカレンダーのリマインダー機能です。いまでも私は仕事で活用するくらい便利です。(終わったら「完了」をおすことで、気分的にスッキリします。)Googleカレンダーのリマインド機能については、下記のサイトがくわしいです。

【Googleカレンダー】リマインダーの活用法!ToDoリストとの使い分けは?

最後に、もっとアナログな方におすすめのツールはカレンダーです。手書きが良いひとは、実際のカレンダーに書きこんでいくのもアリだと思います。おおきいカレンダーが良いでしょうね。

人間は忘れる生き物です。自分にあった方法で、自動的に通知したり、わかるようなしくみをつくることが大切です。

社会福祉士・精神保健福祉士ダブル受験の合格勉強法を紹介 まとめ

勉強方法はいろいろありますし、正解・不正解はないでしょう。でも、効率の良し悪しはあります。効率が良いということは、たくさん学習できるし、忙しい方でも合格しやすいということです。

社会福祉士・精神保健福祉士のダブル合格におすすめの勉強方法を紹介してきました。ポイントをおさらいすると、

  • 教材は5冊にしぼる。
  • 過去問題解説集2冊をメインに学習する。後は復習を繰り返すのみ。
  • 復習はツールを使ってスケジュール化する

たったこれだけのことです。

今回はここまでです。ぜひとも、国家試験には一発合格をめざしてください!すでに落ちてしまったという方にも参考になるはずです。あなたのダブル合格を祈願いたします!

以上、社会福祉士と精神保健福祉士のダブル合格勉強法ポイント2つという話題でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました