精神保健福祉士

【3つだけ!】精神保健福祉士おすすめ転職エージェント・転職サイト

mhsw-psw-tennsyokusaito-agent 精神保健福祉士
  • 人間関係がつらい。しんどい。転職しようかなぁ・・・。
  • 転職サイトは怪しい。うさんくさい気がする。
  • やりがいも収入もアップして向上したい。

こうした思いの方へ。

私は精神保健福祉士・社会福祉士として経験10年超。転職回数は2回で、パワハラ遭遇率高めです(汗)

福祉業界でもパワハラがあるんか・・・!ホワイトな職場で働きたいなぁ。転職で失敗したくない。

この記事の結論は以下です。

結論

  1. まずは精神保健福祉士の公務員を検討しよう
  2. 民間求人を探すなら福祉人材センター・バンク
  3. 転職エージェントならマイナビ介護職がベスト
  4. マイナビ介護職の対応エリア外ならカイゴジョブを使おう
  5. 精神科医療機関に興味があるならジョブメドレーにも登録しよう

フローチャートではこのようになります。

mhsw_tennsyoku_furo-tya-to

こうなる理由を解説していきます!

【3つだけ!】精神保健福祉士おすすめ転職エージェント・転職サイト

そもそも転職エージェント・転職サイトって怪しくない・・・?

私は転職サイトや転職エージェントを使うのに抵抗があります

理由としては感覚。何となく怪しいと感じるからです。

例えば、求人票では

「誰もが働きやすい職場です!」
「アットホームな職場です!」
「福利厚生完備」
「モチベーションを保ちつつ、安定して長く働ける環境です」

など、良いことばかりがアピールされていますよね。

だからこそ逆に、「本当に・・・?」とうさん臭く感じてしまうのです。

そうした求人をあつかう転職サイトって、何だか怪しい・・・。

実際、民間の職業紹介から転職する精神保健福祉士の割合は、11.1%(ランキング5位)です。

詳しくは【最新調査】精神保健福祉士の就職・転職方法ランキングTOP10で紹介していますが、1番多いのは知人・友人などの紹介で、これが20%くらいです。

かく言う私の就職・転職は、転職サイト・エージェント経由ではありません。コネ等をつかっての形でした。

なので、私にとって転職サイト・エージェントは未知の領域。

「とんでもないブラック企業を紹介されたりしないだろうな・・・?」と疑いの目で見てしまいます。

知り合いの紹介による就職・転職だからと言って、ホワイトな職場で働ける保証は無いです。事実、私はパワハラに2~3回は遭遇しています。パワハラを受けやすいタイプなのかもしれませんが・・・(泣)

精神保健福祉士さんから「転職したい」と相談されたら

もし親友から「精神保健福祉士として転職したい」と相談されたら、とりあえず精神保健福祉士公務員の求人を探してみようよとアドバイスすると思います。

だって、転職サイトやエージェントを使っても、ブラック職場がまぎれこんでるかもしれないから。

「公務員の職場なら、大それたことにはなってないんじゃないか?」と思うのです。

例えば、収入は民間よりも良い傾向なので生活だって安定する。精神保健福祉士の年収高い職場は公務員系が占領しているから。(参考:精神保健福祉士の給料・年収高い職場ランキング47【最新調査より】

それに、公務員職場なのにサービス残業万歳だとすれば、メディアで叩かれるはず。

公務員に対する日本社会の目は厳しいです。だから、クリーンになってないとメディアにリークされて是正されるはず。

パワハラだって、すぐに問題になると思うので。

でも精神保健福祉士の公務員は、採用枠は少ないし、競争率も高いと思います。

チャンスはあるけど、現実的に考えて、誰もが就職できるとは言えません・・・。

だからと言って大切な人に、いきなり民間の転職サイト・エージェントをすすめる気にはなれないです。

信頼できないかもしれないし、求人票はキレイごとを言ってるだけかもしれないから。

なので、まずは精神保健福祉士の公務員を探してみようよと言いたくなる。

こちらの「社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】」では記念受験でも良いから受けてみるのをおすすめしています。

あなたが精神保健福祉士の公務員だけを目指すなら、民間の転職サイト・エージェントは使わなくて良いと思います。

公務員の求人はハローワークに登録されることが多いです。

全国の精神保健福祉士の公務員求人を探すなら、カンタンに公務員情報サイトの「KoumuWIN!」から検索できます。各自治体のHPを1つ1つ見る手間も省けてラクです。

民間職場への転職希望なら第一候補は「福祉人材センター」

と言っても、

  1. 民間職場で働きたい
  2. 民間職場しか選択肢が無い
  3. 色んな選択肢からえらびたい。選択肢は多い方が良い。

という方もいると思います。

私が精神保健福祉士の公務員を提案するのは、あくまで私の意見であって、やはり決定するのはご自身。

そこで、民間への転職をお考えなら、まずは社会福祉協議会が運営する福祉人材センター・バンクへの登録をおすすめしたいです。

いわば福祉職専用のハローワーク。求人数は3万件弱もあります。

精神保健福祉士の知人がハローワークに行ったら「福祉の仕事を探すなら福祉人材センター・バンクに行くと良いですよ」と紹介されたそうです。ハローワークもおすすめなんですね。

半官半民の社会福祉協議会が行っているので、ギラギラした営業色を感じなくて済みそうだし、これなら安心しておすすめできます。

実際の調査でも、精神保健福祉士の4.4%が福祉人材センター・バンクから転職しています。(転職方法ランキング9位)

ただし福祉人材センター・バンクにはデメリットもあります。

  1. 求人数は少なめ(精神保健福祉士求人は1600件程)
  2. 実際の窓口に行かないと教えてもらえない求人もある

ここまでの前置きをご理解いただいて、転職サイト・エージェントを検討してみるのをおすすめします。

精神保健福祉士おすすめ転職エージェント・転職サイトは3つだけ

転職サイトと転職エージェントの違い

さて本題ですが、そもそも転職サイトと転職エージェントは何が違うのか?

調べた結果、以下のことがわかりました。

仕事選び 応募書類 面接対策 面接日程の調整
転職サイト 自分でする
転職エージェント アドバイザーがサポート・代行

要は転職エージェントの方が手厚い。人に勧めるなら転職エージェントですね。

「全部自分でやりたい」という方は、転職サイト向きなのでしょう。

でも多くの人にとって全て自分でするのは負担ですし、転職エージェントの方がオススメできます。

転職エージェントが手厚いのはわかったけど、お金取られたりせん?

無料だよ。お金は求人を出している法人・会社側が負担しているから安心してね。

「タダより怖いものは無い」と思って業界の仕組みをしらべてみたら、求人を出す側がお金を負担して成り立っていることがわかりました。

なので、こうした転職サイトや転職エージェントに求人をだしている職場の思いは、大金を出してでも良い人材が欲しい!ということなんですね。

【ここがダメ!】おすすめしない転職サイト・転職エージェント6選

他サイトでおすすめされている転職サイト・エージェントですが、
精神保健福祉士がつかうには以下の理由でダメでした。

転職サイト
転職エージェント名
ここがダメ!
リクルートエージェント 精神保健福祉士求人が100件程しかない。福祉特化ではない。
リクナビNEXT 精神保健福祉士求人が100件程しかない。福祉特化ではない。
介護ワーカー 精神保健福祉士求人を絞り検索できない。
(社会福祉士は選択可)
ミラクス介護 精神保健福祉士求人は15件しかヒットしなかった。
きらケア介護求人 精神保健福祉士求人を絞り検索できない。
(社会福祉主事は選択可)
かいご畑 1999年設立の(株)ニッソーネットが運営。
割と大手で精神保健福祉士向け求人も扱っているようだが、
精神保健福祉士に絞った検索はできなかった。

そもそも精神保健福祉士向けの転職サイト・転職エージェントはほとんど無いです。

介護業界をメインとする転職サイトや転職エージェントに登録することになりますけど、

資格登録画面では、精神保健福祉士を選べないことが多いです・・・(泣)
選べないので「その他の資格」にチェックせざるを得なかったり・・・

悲しいかな・・・僕たちってマイナーな職種なんですよねぇ。

それでも「ここならおすすめできる」と思えた転職エージェントはマイナビ介護職でした。

おすすめできる転職エージェントは『マイナビ介護職』


出典:マイナビ介護職HP

比較した結果、おすすめできる転職エージェントはマイナビ介護職です。

ただでさえ「怪しい」「うさんくさい」と感じる転職業界です。
大手の転職エージェントじゃないと不安です。

しかしマイナビ介護職なら安心感があります。以下が理由です。

マイナビ介護職なら安心と思った理由

  1. 就職・転職業界大手の福祉特化の転職エージェント
  2. 40年以上の実績
  3. 全国展開している大手
  4. ホームページがわかりやすく整っている(広告費をしっかり稼げてる)
  5. 精神保健福祉士の求人数が充実している
  6. 資格登録画面で精神保健福祉士を選べる!(重要)

そして、マイナビ介護職のメリットは以下です。

マイナビ介護職のメリット

  1. 無料(求人側がお金を払ってる)
  2. 精神保健福祉士求人が圧倒的に多い(約3,000件 ※非公開除く)
  3. 求人は全国展開で計7万件。
  4. 応募するかは別にして、情報収集できる
  5. あなたに合った求人のお知らせが届く
  6. 給与交渉を代行してくれる
  7. 専任アドバイザーがつく
  8. 新しい求人(非公開求人)を発見できることも
  9. 職場の離職率を教えてくれる

ちなみに給与交渉してもらって給与が上がる場合があるということは、

転職サイトや福祉のお仕事から経由して、給与交渉せずに就職すると損するかもしれません・・・。

しかし、デメリットもあります。

  1. サポートの連絡がわずらわしいかも
  2. キャリアアドバイザーと直接会える面接会場は全国21か所
  3. 対応可能エリアに限りがある

もし連絡がしつこいと感じたり、退会したくなった時は、メールやSMSメッセージを送ればOKです。

直接断るのって、気が引けますもんね・・・。

転職活動は面接会場に行かなくても、電話やメールで進められるようですが

マイナビ介護職の得意エリアは↓の範囲です。

マイナビ介護職の対応エリア北海道・宮城・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・広島・岡山・福岡

上記以外にお住いの方はこちらへジャンプしてくださいね。

マイナビ介護職は「介護職」だけど精神保健福祉士の求人も扱っています。福祉業界で一番メジャーな市場は介護分野だから、こういう名前なのでしょうね。

友人が登録するのを見てみた

友人が登録するというので、隣で見てみました。

ほんとにカンタンに登録できていました。1分足らず。(住所、電話番号、転職希望時期などの入力)

登録後、↓のように今後の流れが案内されます。わかりやすいですね。


抜粋:マイナビ介護職HP

「キャリアアドバイザー」は何かというと、

キャリアアドバイザーは、各地の医療機関や施設に精通した福祉・介護職の専門家です。あなたの希望・強み・適性を把握した上で、ご希望にマッチした転職先のご紹介はもちろん、面接対策や書類の添削などご入社までの総合的なサポートをいたします。
引用元:マイナビ介護職HP

とのこと。この業界に精通してくれているのは安心ではあります。

登録後に精神保健福祉士求人を検索すると、全国で約3,000件HITしていました。

これ以外にも非公開求人があるようです。

利用価値という意味で考えると、
給与UPの交渉をしてくれるのは民間の転職エージェントならではでしょう。

マイナビ介護職の口コミ

否定的なツイートを見つけるのが難しいくらい、マイナビ介護職は肯定的な口コミばかりでした。

『マイナビ介護職』の対応エリア外なら『カイゴジョブ』

カイゴジョブは転職サイトですので、デメリットがあります。

  1. 仕事選び、応募書類、面接対策、面接日程の調整などを自分でしないといけない
  2. 給与交渉の代行はしてもらえない

でもメリットもあります。

  1. 資格登録画面で精神保健福祉士を選べる!(重要)
  2. 無料で電話相談できる
  3. 精神保健福祉士の求人検索ができる
  4. 全国対応
  5. 登録すれば新着求人やスカウトが届く
  6. 転職エージェントのような連絡がないので気を遣わなくてOK
  7. 精神保健福祉士求人数1,380件(2022年10月15日現在)
  8. カイゴジョブで応募・入職して、60日以上勤務すると勤続支援金(最大3万円)がもらえる

転職サイトながら電話サポートがあるのは強みですね。

あと、精神保健福祉士求人を検索できる転職エージェント・転職サイトって少ないから、これも強みです。

「すぐに転職したいわけじゃないけど、情報収集だけしておきたい」という方も使いやすいですね。

kaigozyobu参考:カイゴジョブの登録画面(ネコがかわいい・・・)

精神科病院・精神科クリニックに興味があるなら『ジョブメドレー』


出典:ジョブメドレーHP

転職サイトって複数登録がキホンなんやろ?

絶対じゃない。登録するメリットはあるけど疲れすぎないようにね。

精神科病院・精神科クリニックに興味がある方には、転職サイトのジョブメドレーがオススメです。

ジョブメドレーの登録メリット

  1. 精神科病院・精神科クリニックの求人を探せる
  2. 精神保健福祉士の求人がある(全国約300件)
  3. 日本最大級の医療介護の求人サイトで安心感がある
  4. 自分のペースで仕事を探せる
  5. 登録すると事業所からスカウトメールが届くことがある

ジョブメドレーは転職エージェントではなく、転職サイトです。

したがって「求人を探すだけ」というのがキホンです。

ジョブメドレーのデメリット

  1. 転職サイトなので、転職エージェントのようなサポートは無い
  2. 求人の良し悪しを自分でジャッジしないといけない

デメリットはありますが、精神科病院やクリニックなどの医療機関に就職・転職を考えている人には登録しておくメリットはあるでしょう。

登録後、「医科」の「医療ソーシャルワーカー」を選んで、精神保健福祉士で求人検索すると精神科病院や精神科クリニックの求人をチェックできるでしょう。

ジョブメドレーの資格登録画面に「精神保健福祉士」は出てきません。他に該当資格のない方は「その他/無資格」を選ぶことになります。

まとめ

というわけで私の結論は

結論

  1. まずは精神保健福祉士の公務員を検討しよう
  2. 民間求人を探すなら福祉人材センター・バンク
  3. 転職エージェントならマイナビ介護職がベスト
  4. マイナビ介護職の対応エリア外ならカイゴジョブを使おう
  5. 精神科医療機関に興味があるならジョブメドレーにも登録しよう

フローチャートでもういちど。

mhsw_tennsyoku_furo-tya-to

以上となります。

私自身も転職を2回しています。「石の上に3年」というコトワザがありますが、昔の話。

世界スタンダードでは転職してステップアップしていきます。
精神保健福祉士の仕事は、ノウハウを次の現場へ持ち越しやすいのが強みですね。

登録はしてみたけど「やっぱり転職しない」という使い方を堂々としてOKです。

精神保健福祉士って誠実な人が多いから「登録したら転職しないと悪い気がする」と感じてしまうかもしれません。

でも、「良い条件の求人があった時だけ転職する」という使い方で良いんですね。
それが転職市場のスタンダードです。

後悔の無いように、頑張ってくださいね!

なお、社会福祉士転職については「【3つだけ!】社会福祉士おすすめ転職サイト・転職エージェント」で解説しています。

この記事を書いた人

社会福祉士&精神保健福祉士|大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書く日々|月4万PV|妻と猫が大切

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました