PR

現役が3つ厳選!精神保健福祉士おすすめ転職サイト・エージェント比較

mhsw-psw-tennsyokusaito-agent

人間関係がうまくいかない。上司からパワハラされる。仕事が忙しすぎて疲れ果てる。こんな職場で働く意味はあるのかな?もっと自分らしく働きたい。でも、精神保健福祉士の転職サイトや転職エージェントって、どれを使ったらいいんだろう?

こうした思いの方へ。

わたしは精神保健福祉士・社会福祉士で、経験は10年以上になります。転職を2回して、年収が100万円以上UPしました。

この記事の内容

  • 精神保健福祉士のおすすめ転職サイト&転職エージェント3選
  • 『福祉職公務員』と『福祉のお仕事』のメリットとデメリット
  • NGな精神保健福祉士の転職サイト&転職エージェント10選

精神保健福祉士さんから「転職したい」と相談されたら、どんなアドバイスをするか?

私の結論はこれです。

seisinnhokennhukusisi_tennsyokusaito_tennsyokue-zyennto_osusume_huro-tya-to

おすすめ結論

  1. まず公務員の福祉職を検討しよう
  2. 民間求人を探すなら社協の福祉のお仕事
  3. おすすめ1位 マイナビ介護職 人気の大手転職エージェント 求人数・実績・対応◎
  4. おすすめ2位 カイゴジョブエージェント 精神保健福祉士に対応◎の転職エージェント
  5. おすすめ3位 Indeed 超大型の転職サイト 求人の質はピンキリだが取りこぼしを防げる

ぶっちゃけ、他のサイトで精神保健福祉士のおすすめ転職サイトとされているランキングを見ると、「どうしてそうなるの?」と不思議な結果になっています。

だって、精神保健福祉士の求人がほぼ無いような転職サイトや転職エージェントがオススメされているから。

「このままでは精神保健福祉士さんが困ってしまう」と課題に思ってこの記事をつくりました。

求人数を比べるだけでも差はハッキリしています。こちらのグラフのとおりです。

seisinnhokennhukusisi_tennsyokue-zyennto_kyuuzinnsuu_hikaku

1位がマイナビ介護職、2位がカイゴジョブエージェント。3位以下は大きく差がついている。

seisinnhokennhukusisi_tennsyokusaito_hikaku_kyuuzinnsuu

転職サイトではIndeedが求人数トップ。求人ボックスも引けを取らないレベル。

もちろん、求人の数が多ければ良いわけじゃないです。求人の質やサポート体制、運営企業の実績や安心感も大切です。これらを総合してTOP3を選びました。

では、詳しく解説していきますね!

現役が3つ厳選!精神保健福祉士おすすめ転職サイト・エージェント比較

そもそも転職サイト・転職エージェントって信用できるの?

私も最初は、転職サイト・エージェントに不安がありました。

なんとなく怪しいと思ってしまうんです。求人票を見ても、

  • 誰もが働きやすい職場です!
  • アットホームな職場です!
  • 福利厚生完備
  • モチベーションを保ちつつ、安定して長く働ける環境です

などと、良いことばかり書いてありますよね。

でも「本当にそうなの?」と疑ってしまう・・・。同じようなことばかり書いてあるから、どれが良いのかわかりません。

実は、民間の職業紹介から転職する精神保健福祉士は多くはないです。11%くらいなんですね。
≫【最新調査】精神保健福祉士の就職・転職方法ランキングTOP10

一番多いのは『知人・友人などの紹介』で、20%くらいです。

私も新卒で就職したときは、大学教授から職場を紹介されて就職しました。

ところが、「ブラック企業に入れられることは無いだろう」と安心していたものの、上司からはパワハラ(蹴られる、叩かれる)をたびたびされました。

そのときに気づいたのは、知っている人の紹介だからといって安心できないということ。

その後、2回転職しましたが、転職サイトを使ったことはありませんでした。

だから今回の記事を書くにあたって、転職サイト・エージェントを「ブラック企業に入れられないか・・・?」と警戒心バリバリで調べたのです。

精神保健福祉士さんから「転職したい」と相談されたら

もし家族や親友から、「精神保健福祉士として転職したい」と相談されたら、私はまず、

福祉職公務員の職場を探してみようよ

とアドバイスします。

公務員の職場というと、市町村や県などの行政機関や、病院や学校などの公的機関があります。ここで働くメリットは、

福祉職公務員のメリット

  • 福利厚生が充実している
  • 給料が安定している
  • パワハラやブラックな環境になりにくい

などが挙げられます。

実際に、精神保健福祉士の年収が高い職場は、公務員系が多いです。下記から精神保健福祉士の年収ランキングを見ることができます。
≫精神保健福祉士の給料・年収高い職場ランキング47【最新調査より】

しかし、公務員の職場に就くには、公務員試験に合格しなければなりません。公務員試験は難しくて競争率も高いです。だから、誰でも簡単に就職できるわけではありません。

それと、精神保健福祉士の公務員採用は求人数が少ないです。

だからと言って、大切な人にすぐに民間の転職サイトや転職エージェントをすすめる気にもなれません。信頼できるかわからないし、求人票は本当かわからないし・・・。

そこで、「まずは精神保健福祉士の公務員を探してみようよ」と言いたくなるのです。

こちらの「社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】」では、記念受験でも良いのでチャレンジしてみようって話をしています。

あなたが精神保健福祉士の公務員だけを目指すなら、民間の転職サイト・エージェントは使わなくて良いです。公務員の求人は、ハローワークに登録されることが多いので。

全国の精神保健福祉士の公務員求人を探すなら、カンタンに公務員情報サイトの「KoumuWIN!」からカンタンに検索できます。

各自治体のHPを1つ1つ見る手間を省けますね。

でも公務員試験って難しいよね?ボクは受かる自信無いし・・・。民間も探したいなぁ。

民間職場で働きたい精神保健福祉士の方へ

公務員として働くことをおすすめするのは私の個人的な考えですが、最終的に決めるのはあなた自身です。

もし民間職場で働きたいお考えなら、まずは「福祉のお仕事」への登録をおすすめします。

福祉のお仕事は、社会福祉協議会が運営する福祉職専用の求人情報サイトです。精神保健福祉士については、全国で約800件の求人があります。(多くはないんですけどね)

精神保健福祉士の知り合いがハローワークに行ったら、社協のこちらへ行くようにすすめられたそうです。ハローワークからしても、おすすめのようですね。

社会福祉協議会は半官半民の団体なので、強引な営業はありません。安心して利用できます。

実際に転職した精神保健福祉士の4.4%が、福祉人材センターから仕事を見つけたそうです。(まだまだ少数派ですが)

ただし、デメリットもあります。

  1. 精神保健福祉士の求人数は少なめ(全国で800件程)
  2. 実際の窓口に行かないと教えてもらえない求人もある
  3. 給与交渉の代行は期待できない

心もとないので、民間求人を探すなら転職エージェントも併用するのがオススメです。

考えること、やることが増えて大変ではありますが、人生を変えるターニングポイント。ここで手を抜くと後悔してしまいます。

転職サイトと転職エージェントの違い

そもそも転職サイトと転職エージェントは何が違うのでしょうか?

違いはシンプルで、サポートの有無求人の質です。

サポートの違い

求人選び 給与交渉 応募書類 面接対策 面接日の調整
転職サイト 自分でする
転職エージェント アドバイザーがサポート・代行

転職エージェントの方が手厚いサポートを受けられます。人に勧めるなら転職エージェントです。

「全部自分でやりたい」という方は、転職サイト向きでしょう。

でも多くの人にとって全て自分でするのは負担ですし、転職エージェントの方がオススメできます。

転職エージェントが手厚いのはわかったけど、お金取られたりせん?

無料だよ。お金は求人を出している法人・会社側が負担しているから安心してね。

転職エージェントは無料で利用できます。求人を出す法人や会社が費用を負担しています。

「タダより怖いものは無い」と思って業界の仕組みをしらべてみたら、求人を出す側がお金を負担して成り立っていることがわかりました。

そして費用負担でみると

  求人を出す会社の負担するお金

転職サイト < 転職エージェント

転職エージェントで求人を出すには、より高いお金を支払うことになっています。

なので、特に転職エージェントに求人を掲載している法人や事業所の願いは「お金を出してでも良い人材が欲しい!」なのです。

求人の質の違い

転職サイト 転職エージェント
・低コストで人を雇う求人が多い。「未経験者OK」など。
・採用にお金をだす余裕がない法人や事業所の求人が多い
・採用側は、転職サイトに掲載するより高コストで人を雇うことになる。即戦力になる経験者を募集することが多いため、年収水準は高い傾向。
・採用にお金をかける体力のある法人や事業所の求人
・非公開求人を扱う

こうしたわけで、転職エージェントの求人の質の方が高いと言えます。

「非公開求人」の理由は、採用側としては応募の殺到を避けたかったり、採用ルートを知られたくない、重要ポストの人材採用を社内秘で行いたい等のためとされています。

精神保健福祉士の転職サイト&転職エージェントを15サイト調べて比較した結果

他のサイトで「精神保健福祉士におすすめ」とされる転職サイトや転職エージェントを、計15サイト調べました

その結果、次の12サイトはおすすめできませんでした。
※詳細な比較は後半にまとめてあります

精神保健福祉士におすすめしない転職サイト&転職エージェントの一覧
レバウェル介護求人 精神保健福祉士の求人を探すことができないのがデメリットです。
GUPPY(グッピー) 求人数は約3,300件ありますが、求人を調べるならIndeedで十分。
かいごガーデン 精神保健福祉士の求人は少ない。介護士・看護師メインの転職エージェント。
ケアジョブ 介護メインで精神保健福祉士への対応は弱い。
コメディカルドットコム 精神保健福祉士に対応している転職サイトだが、Indeedより求人数は少ない。
クリックジョブ介護 扱う総求人・精神保健福祉士求人ともに少ないので、おすすめしない。
e介護転職 精神保健福祉士の求人は約1,500件で転職サイトとしては心もとない。
ミラクス介護 介護に特化している転職エージェント。精神保健福祉士が使うメリットは乏しい。
かいご畑 転職エージェントだが扱う求人数が少なく、人生を預けるには心もとない。
リクルートエージェント 大手転職エージェントだが精神保健福祉士の求人は200件ほどしかない。
リクナビNEXT 大手転職エージェントだが精神保健福祉士の求人は150件ほどしかない。
doda 大手転職サイト・転職エージェントだが精神保健福祉士の求人は200件ほどしかない。

これらのサイトは介護業界に向けたものが多いです。リクルートなどの超大手サイトについては、福祉職以外の人向けですね。

残念ながら、精神保健福祉士の私たちはまだまだマイナーな職種です・・・。

精神保健福祉士はどうやって求人を探したら良いの・・・?

そこで、「これならおすすめできる」と思った転職エージェントがあります。1番のオススメがマイナビ介護職です。

【現役推薦】精神保健福祉士におすすめ!転職サイト&転職エージェントTOP3

おすすめ1位『マイナビ介護職』|求人数・対応力・実績いずれも高水準の転職エージェント

1番おすすめできる転職エージェントは「マイナビ介護職」でした。精神保健福祉士の求人数、対応力、運営企業の実績、いずれもハイスペックです。

マイナビ介護職
種別 転職エージェント
社会福祉士の求人数 約3,300件+非公開求人
対応エリア 全国
検索できる雇用形態 正社員(正職員)、契約社員(職員)、非常勤・パート
求人数
サポート
おすすめ度
検索できる経験・資格 精神保健福祉士社会福祉士、介護福祉士、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)、社会福祉主事、実務者研修(ホームヘルパー1級)、介護職(資格取得見込み)、介護職・ヘルパー生活相談員、看護助手、ケアマネージャー、サービス提供責任者、施設長、児童発達支援管理責任者、サービス管理責任者、福祉用具専門相談員、生活支援員
検索できる職場形態 病院、クリニック、障がい者施設、介護福祉施設、在宅医療、企業、訪問介護、介護老人保健施設(老健)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、特別養護老人ホーム(特養)、通所介護(デイサービス)、通所リハ(デイケア)、グループホーム、訪問入浴、訪問看護、訪問診療
転職サポート あり
公式HP https://kaigoshoku.mynavi.jp/

ただでさえ「怪しい」「うさんくさい」と感じる転職業界。それに人生を変える選択ですし、絶対に失敗したくないですよね。

大手の転職エージェントじゃないと不安です。しかし、マイナビ介護職なら安心感があります。理由は次のとおり。

マイナビ介護職なら安心と思った理由

  1. 就職・転職業界大手の福祉特化の転職エージェントで40年以上の実績
  2. 全国展開している大手
  3. ホームページがわかりやすく整っている(広告費をしっかり稼げてる)

そして、マイナビ介護職を利用すると、こんなメリットがあります。

  1. 無料で利用できる
  2. 精神保健福祉士求人が圧倒的に多い(約3,300件+非公開求人)
  3. 全国展開しているので、希望する地域の求人が見つかりやすい
  4. 応募するかどうかは自由で、情報収集だけでもできる
  5. あなたに合った求人のお知らせが届く
  6. 給与交渉を代行してくれる
  7. 専任アドバイザーがつく
  8. 新しい求人(非公開求人)を発見できることも
  9. 職場の離職率などの情報も教えてくれる
  10. 社会福祉士にも対応していて、ダブルライセンス者に便利

給与交渉を代行してくれるというのは、とてもありがたいですね。自分で交渉するのは難しいし、失礼にならないか心配で気が引けます・・・。

でも、転職エージェントがやってくれるなら、安心して任せられますね。

給与交渉で給与が上がる場合があるということは、給与交渉せずに就職すると損するということでもあります。

また、マイナビ介護職は求人の数としても、転職エージェントのトップです。

seisinnhokennhukusisi_tennsyokue-zyennto_kyuuzinnsuu_hikaku

ただし、「マイナビ介護職」にもデメリットはあります。

  1. すすめられる求人が絶対安心とは言えない
  2. アドバイザーと直接会える面接会場は全国21か所だが、遠いことも
  3. 相性の悪いアドバイザーが担当になる可能性がある

ただし、これらのデメリットは他の転職エージェントにも共通することです。

対策としては、もし連絡がしつこいと感じたり、退会したくなった時は、メールやSMSメッセージを送ればOKです。

直接断るのって、気が引けますもんね・・・。

それと、転職活動は面接会場に行かなくても、電話やメールで進められます。

電話で話すのって緊張するし、メールとかLINEのほうが良いなぁ・・・

どうしてもお電話でのやり取りを避けたいとお考えの方は、その旨をメールやSMSにて、キャリアアドバイザーにご連絡ください。今後のやり取りは、メール・SMS・LINEなど、ご登録者がやり取りしやすいツールで、ご連絡させて頂きます。
引用元:マイナビ介護職HP

このように書かれているので、あなたが電話で話すのにどうしても抵抗があるという場合でも安心です。

相性の悪いアドバイザーが担当になってしまう場合の対策としては、後述するおすすめ2位のカイゴジョブエージェントも活用する方法があります。

マイナビ介護職は「介護職」だけど精神保健福祉士の求人も扱っています。福祉業界で一番メジャーな市場は介護分野だから、こういう名前なのでしょうね。

マイナビ介護職の口コミ

これらの口コミからもわかるように、マイナビ介護職は利用者から高い評価を得ています。

サポートが充実していることや、求人情報が豊富であることが、特に好評のようです。

逆に、悪い口コミを探すのは難しかったです。「マイナビ介護職」は、ほとんど不満の声がありませんでした。

口コミが多いってことは、使ってる人が多いってことだね。

友人が登録してみた

友人がマイナビ介護職に登録してみたので、その様子を見せてもらいました。

登録はとても簡単でした。住所や電話番号、転職希望時期などを入力するだけで、1分もかかりませんでした。


抜粋:マイナビ介護職HP

登録後には、今後の流れがわかりやすく案内されました。キャリアアドバイザーがついて、求人の紹介や面接対策などをサポートしてくれるそうです。

精神保健福祉士の求人を検索してみると、全国で約3,300件もありました。非公開求人もあるらしいです。

これだけ多くの求人があれば、自分に合った職場が見つかる可能性が高いですね。

マイナビ介護職は、福祉業界に特化した転職エージェントで、精神保健福祉士の求人も豊富です。無料で利用できて、給与交渉や面接対策などもサポートしてくれます。

おすすめ2位『カイゴジョブエージェント』|精神保健福祉士に対応◎の転職エージェント

精神保健福祉士おすすめ2位は、転職エージェントのカイゴジョブエージェントです。

こちらも全国対応で福祉特化。20年以上の実績がある(株)エス・エム・エスによるサービスです。

カイゴジョブエージェント
種別 転職エージェント
精神保健福祉士の求人数 約3,100件
対応エリア 全国
検索できる雇用形態 正社員・契約社員、パート・アルバイト、派遣社員、その他
検索できる職場形態 訪問介護・定期巡回、訪問看護・訪問リハ、訪問入浴介護、居宅介護支援事業所、デイサービス・デイケア、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ(短期入所)、ケアハウス(軽費老人ホーム)、グループホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)、サービス付き高齢者向け住宅、障害者施設・支援、放課後等デイ・児童発達支援、福祉用具貸与(レンタル)・販売、地域包括支援センター、病院・クリニック・診療所、その他
対応資格・職種 精神保健福祉士社会福祉士、介護福祉士、初任者研修(ヘルパー2級)、実務者研修(ヘルパー1級)、ケアマネジャー(試験合格者を含む)、主任介護支援専門員、相談支援専門員、児童発達支援、管理責任者、サービス管理責任者(障がい分野)、児童指導員、公認心理師、看護師、准看護師、福祉用具専門相談員、社会福祉主事任用、その他、無資格
転職サポート あり
公式HP https://www.kaigojob.com/

カイゴジョブエージェントは全国対応ですし、求人数も多い。精神保健福祉士にちゃんと対応できる数少ない転職エージェントで安心感があります。

具体的には、次のようなことがポイントです。

カイゴジョブエージェントが安心な理由

  1. 就職・転職業界大手の福祉特化の転職エージェント
  2. 20年以上の実績
  3. 全国展開している大手(プライム市場の上場企業)
  4. ホームページがわかりやすく整っている(広告費をしっかり稼げてる)
  5. 精神保健福祉士の求人数が多い
  6. 福祉業界に貢献している企業が行うサービス

カイゴジョブエージェントを運営している(株)エス・エム・エスは、介護や看護の業界でさまざまな事業を行っています。

例えば、次のとおりです。

  • ケアマネジャー向け人材紹介「ケア人材バンク」
  • ケアマネジャー向けコミュニティ「ケアマネドットコム」
  • 中小介護事業者向け介護保険請求ソフト「カイポケ」
  • 高齢者向け住宅紹介サービス「かいごDB」
  • 介護で悩む人向けコミュニティ「安心介護」

つまり、福祉業界に精通している企業なんですね。

そして、カイゴジョブエージェントのメリットは次のとおりです。

カイゴジョブエージェントのメリット

  1. 無料
  2. 精神保健福祉士求人が多い(約3,100件+非公開求人)
  3. 応募するかは別にして、情報収集できる
  4. あなたに合った求人のお知らせが届く
  5. 給与交渉を代行してくれる
  6. 専任アドバイザーがつく
  7. 職場の離職率を教えてくれる
  8. 非公開求人を見れる
  9. 最新求人がメールで届く

ただし、良いことばかりじゃないです。デメリットもあります。

  1. すすめられる求人が絶対安心とは言えない
  2. エージェントと相性が良いかわからない
  3. 求人メールが多すぎると感じるかも

カイゴジョブエージェントは求人数が多く、全国規模の大手転職エージェントです。

転職エージェントを2つ使うメリット

カイゴジョブエージェントは、転職エージェントとしてマイナビ介護職と併用するメリットがあります。理由は次の2つです。

転職エージェントを併用するメリット

  1. 相性が悪いアドバイザーが担当だった時の保険になる
  2. より多くの選択肢から求人を選べる

ただし、転職エージェントを複数登録するデメリットもあります。

例えば、連絡がわずらわしくなったり、選択肢が増えて疲れてしまう可能性があることです。

とは言え、転職活動は人生を変えるターニングポイント。手を抜くと後悔しかねません。

失敗したくない人は、マイナビ介護職だけじゃなくて、カイゴジョブエージェントも活用すると、より良い職場を見つけられると思います。

転職サイトの『カイゴジョブ』と間違えないようにしよう

ちなみに、同じ会社が『カイゴジョブ』も運営しています。こちらは転職サイトなので、登録先を間違えないようにしてくださいね。

下記が『カイゴジョブエージェント』の登録リンクです。

≫カイゴジョブエージェントの登録リンク

カイゴジョブエージェントの口コミ

カイゴジョブエージェントの良くない口コミとしては、「連絡がしつこい」ということ。これは転職サイトや転職エージェントのあるある話でもあります。

連絡の頻度ややり方は担当によりけりでしょうし、相性もあるでしょう。

いらなくなったらショートメッセージやメールでキッパリお断りしましょう。

おすすめ3位『Indeed』:超大型の転職サイト。求人の質はピンキリ。

Indeedを知らない人はほとんどいないでしょう。CMもやっていますね。↓

Indeedは精神保健福祉士の転職サイトとして一番オススメです。理由は、圧倒的な社会福祉士の求人数です。

求人数が多いワケは、さまざまな求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているからです。

ただし、Indeedは「求人の検索」に特化した転職サイトなので、転職エージェントのようなサポートは期待できません

また、求人の掲載費用は無料なので、つぶれかけの法人やブラック職場でも求人を掲載できるという「何でもござれ」の状態です。

一方で、マイナビ介護職カイゴジョブエージェントといった転職エージェントであれば、掲載するには相応の費用負担が発生するので、求人の質が担保されます。

したがって、Indeedから転職先を選ぶのはオススメしません

それでも、Indeedは求人数が圧倒的に多いので、精神保健福祉士の求人を取りこぼさずチェックできるメリットがあります。

なので、転職エージェントのマイナビ介護職カイゴジョブエージェントを使いつつ、Indeedを併用するのがオススメです。

Indeedで気になる求人をみつけたら、転職エージェントの担当者に相談してみるのも良いですね。Indeedから応募しても、給与交渉などはしてもらえませんから。

Indeedは、メールアドレスでアカウントをつくるか、Google・LINE・Appleいずれかのアカウントからログインすると、求人をお気に入り保存できたり、Indeed履歴書を作れたりします。

ちなみに、Indeedにはスマホアプリもあるので、ダウンロードしておくと便利です。

Indeed 求人検索(バイト・仕事探し)

Indeed 求人検索(バイト・仕事探し)
開発元:Indeed Inc.
無料
posted withアプリーチ

精神保健福祉士におすすめしない転職サイト&転職エージェント12選【比較まとめ】

おすすめしない転職サイトや転職エージェントはどうなってるの?おすすめじゃない理由をもっと知りたい!

精神保健福祉士さんにオススメする転職サイト&転職エージェントは次の3つでした。

おすすめ結論

  1. おすすめ1位 マイナビ介護職 人気の大手転職エージェント 求人数・実績・対応◎
  2. おすすめ2位 カイゴジョブエージェント 精神保健福祉士に対応◎の転職エージェント
  3. おすすめ3位 Indeed 超大型の転職サイト 求人の質はピンキリだが取りこぼしを防げる

では、おすすめしない転職サイトや転職エージェントはどうなのか?理由も含めて解説しますね。

※以下の各求人数は、2023年11月時点のデータです

レバウェル介護(旧:きらケア)|転職サイト

種別 転職サイト(転職サポートあり)
総求人数 約180,000件
精神保健福祉士の求人数 不明:精神保健福祉士資格の絞り検索はできない
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる職種 ヘルパー・介護職、生活相談員、サービス提供責任者、管理職・管理職候補、ケアマネージャー、看護助手
検索できる雇用形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
検索できる職場形態 特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、老人保健施設(老健)、デイサービス、訪問介護、グループホーム、小規模多機能型居宅介護、障害者施設
検索できる経験・資格 介護支援専門員、介護福祉士(介護士)、無資格OK、初任者研修(ヘルパー2級)、実務者研修(ヘルパー1級)、社会福祉主事任用
※精神保健福祉士がない
転職サポート あり
公式HP https://job.kiracare.jp/

レバウェル介護は、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

レバウェル介護は全国対応で求人数が多いのはメリットですが、精神保健福祉士の絞り検索はできないです。

介護求人がメインの転職サイトなので、精神保健福祉士の私たちにはあまり使い良くないと判断しました。

GUPPY(グッピー)|転職サイト

種別 転職サイト
求人数 約183,000件
精神保健福祉士の求人数 約3,300件
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 正社員(常勤)、パート・非常勤、契約社員、派遣、紹介予定派遣(正社員)、紹介予定派遣(パート)、短期の仕事
検索できる職場形態 病院、診療所、通所、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、小規模多機能、ショートステイ、サービス付き高齢者向け住宅、その他介護・福祉
検索できる経験・資格 ヘルパー・介護職、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネジャー、施設長、社会福祉主事、サービス提供責任者、福祉用具専門相談員、介護助手、児童指導員、生活相談員、生活支援員、幼稚園教諭、保育士、保育補助など
転職サポート なし
公式HP https://www.guppy.jp/

GUPPY(グッピー)は、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

GUPPY(グッピー)は医療・介護・福祉の転職求人サイトで、たくさんの求人を扱っていますね。

ただし、精神保健福祉士の求人を調べるならIndeedや求人ボックスの方が向いているので、あえて登録するメリットは無いと思います。

かいごガーデン|転職エージェント

種別 転職エージェント
求人数 約76,000件
精神保健福祉士の求人数 約500件
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 正社員・契約社員、パート、派遣・紹介予定派遣
検索できる職場形態 特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、デイサービス
対応資格・職種 介護職・ヘルパー、看護助手、ケアマネジャー、看護職、生活相談員・支援相談員、介護福祉士、実務者研修(ホームヘルパー1級)、初任者研修(ホームヘルパー2級)、看護師、社会福祉士、社会福祉主事、精神保健福祉士など
転職サポート あり
公式HP https://www.tsukui-staff.net/

かいごガーデンは、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

かいごガーデンは介護士や看護師を得意とする転職エージェントですが、精神保健福祉士への対応は薄いです。

求人数も少ないので、あえて登録するメリットはないと判断しました。

ケアジョブ|転職エージェント

種別 転職エージェント
求人数 約75,000件
精神保健福祉士の求人数 約400件
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 常勤(正社員・契約社員)、非常勤(パート・アルバイト)、派遣、紹介予定派遣
検索できる職場形態 特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、デイサービス、訪問介護、病院、小規模多機能型施設、その他
対応資格・職種 介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、機能訓練指導員、管理職・管理職候補、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、派遣(介護職・その他)、その他
※精神保健福祉士がない
転職サポート あり
公式HP https://www.mjc-carejob.com/

ケアジョブは、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

求人数、精神保健福祉士への対応の点で、他の転職エージェントより劣っています。あえて登録するメリットはないと判断しました。

コメディカルドットコム|転職サイト

種別 転職サイト
求人数 約141,000件
精神保健福祉士の求人数 約2,500件
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 常勤、パート
検索できる職場形態 公的病院、一般病院、ケアミックス病院、療養型病院、精神科病院、有床クリニック、クリニック、訪問看護ステーション、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、サ高住、グループホーム、ショートステイ、障害福祉事業所、小規模多機能型、デイサービス・デイケア、訪問介護、地域包括・居宅、介護関連事業所、企業
対応資格・職種 介護福祉士、介護職、支援員、ケアマネジャー、社会福祉士、精神保健福祉士、会福祉主事任用など
転職サポート なし
公式HP https://www.co-medical.com/

コメディカルドットコムは、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

総求人数は十分にありますが、転職サイトにしては精神保健福祉士の求人数がイマイチです。精神保健福祉士に対応しているのは良いのですが・・・。

精神保健福祉士の求人をチェックするなら、Indeedや求人ボックスの方が便利です。

コメディカルドットコムにあえて登録するメリットはないと判断しました。

クリックジョブ介護|転職エージェント

種別 転職エージェント
求人数 約17,000件
精神保健福祉士の求人数 約800件
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 正社員、契約社員、パート
検索できる職場形態 特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、小規模多機能、デイサービス・デイケア、訪問介護、定期巡回・夜間対応、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問入浴、病院・クリニック、その他
対応資格・職種 介護福祉士、実務者研修(ヘルパー1級)、基礎研修(ヘルパー2級)、ケアマネジャー、社会福祉士・社会福祉主事、PT、OT、ST、正看護師、准看護師、無資格可、その他
※精神保健福祉士はない
転職サポート あり
公式HP https://kaigo.clickjob.jp/

クリックジョブ介護は、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

そもそも扱っている総求人が少ないですし、精神保健福祉士の求人数もやはり他の転職エージェントより少ないです。

e介護転職|転職サイト

種別 転職サイト
求人数 約110,000件
精神保健福祉士の求人数 約1,500件
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 常勤(フルタイム)、パート・登録
検索できる職場形態 居宅介護支援、訪問介護、訪問入浴、訪問看護、訪問リハビリテーション、デイサービス、デイケア、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設(老健)、ケアハウス・高齢者住宅他、その他多数
対応資格・職種 資格なし、介護福祉士、初任者研修(ヘルパー2級)、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修、介護福祉士実務者研修、介護支援専門員、主任介護支援専門員、正看護師、准看護師、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格など
転職サポート なし
公式HP https://www.ekaigotenshoku.com/

e介護転職は、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

総求人数はぼちぼちありますが、Indeedや求人ボックスの方が格段に多いですね。精神保健福祉士への対応も弱いので、あえて登録しなくて良いと判断しました。

ミラクス介護|転職エージェント

種別 転職エージェント
求人数 約135,000件
精神保健福祉士の求人数 約20件
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 正社員、契約社員、パート、派遣
検索できる職場形態 特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、デイサービス、通所リハ・デイケア、訪問介護、訪問入浴、訪問リハビリ、訪問看護、居宅支援事業所、ショートステイ、小規模多機能型居宅介護、ケアハウス、医療施設・病院、地域包括支援センター、障がい者施設、その他
対応資格・職種 ヘルパー2級、ヘルパー1級、介護職員初任者研修、介護職員基礎研修、実務者研修、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、主任介護支援専門員、介護・無資格など
※精神保健福祉士はない
転職サポート あり
公式HP https://kaigo.miraxs.co.jp/

ミラクス介護は、精神保健福祉士の転職にはオススメしません。介護職に特化した転職エージェントですね。

扱う求人はたくあんありますが、いかんせん精神保健福祉士の求人がわずかなので使うのは難しい・・・。マイナビ介護職カイゴジョブエージェントの方がずっと充実しています。

かいご畑|転職エージェント

種別 転職エージェント
求人数 約9,000件
精神保健福祉士の求人数 不明:精神保健福祉士資格の絞り検索はできない
対応エリア 全国(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
検索できる雇用形態 正社員、契約社員、派遣・パート、紹介予定派遣
検索できる職場形態 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、有料老人ホーム、デイサービス、グループホーム、訪問介護事業所、病院、障がい者施設、サービス付き高齢者向け住宅、小規模多機能、その他
対応資格・職種 介護士、看護助手、訪問介護員、ケアマネージャー、サービス提供責任者、生活相談員、介護事務、その他
転職サポート あり
公式HP https://kaigobatake.jp/

かいご畑は、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

扱う精神保健福祉士の求人数がわからないのですが、総求人数が9,000ほどなので、もっと少ないと推測できます。

転職エージェントとしては、マイナビ介護職カイゴジョブエージェントに軍配が上がります。

リクルートエージェント|転職エージェント

リクルートエージェントは、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

ネットで「精神保健福祉士 転職サイト」を検索すると、リクルートエージェントが出てきます。それくらい超大手の転職エージェント。でもそれは福祉職以外での話です。

精神保健福祉士求人の検索は一応できますが、200件程しか出てきません。精神保健福祉士があえて登録するメリットは無いです。

精神保健福祉士以外の仕事に転職する人向けの転職エージェントですね。

リクナビNEXT|転職エージェント

リクナビNEXTも、精神保健福祉士の転職にはおすすめしません

リクルート系列の超大手転職エージェントですが、やはり精神保健福祉士への対応は弱いです。

福祉系職種の求人数としても、1,000件程しかありません。そして、精神保健福祉士の求人は150件ほどだけです。

リクルートエージェントと同じく、精神保健福祉士以外の仕事に転職する人向けですね。

doda|転職エージェント

一部サイトでは、精神保健福祉士の転職サイトとしてdodaがオススメされています。でも、私には理由がわかりません・・・。

求人数26万件ほどもある超大手サイトなのは違いないですが、精神保健福祉士にはほとんど対応していない。求人数は200ほどしか出てきません。

エージェントサービスを使うこともできますが、福祉とは関係のない担当者でしょうから、福祉業界のことはあまりわかってもらえない不安感もあります。

というわけで、dodaは精神保健福祉士以外の仕事に転職する人向けと判断しました。

最後に

精神保健福祉士として転職を考えるとき、どこで求人を探せばいいのか?この記事では、おすすめの転職サイトや転職エージェントを紹介しました。

おすすめ結論

  1. まず公務員の福祉職を検討しよう
  2. 民間求人を探すなら社協の福祉のお仕事
  3. おすすめ1位 マイナビ介護職 人気の大手転職エージェント 求人数・実績・対応◎
  4. おすすめ2位 カイゴジョブエージェント 精神保健福祉士に対応◎の転職エージェント
  5. おすすめ3位 Indeed 超大型の転職サイト 求人の質はピンキリだが取りこぼしを防げる

フローチャートをもういちど。

seisinnhokennhukusisi_tennsyokusaito_tennsyokue-zyennto_osusume_huro-tya-to

私自身も転職を2回した経験があります。私がどうして転職したか、何を考えていたかは、こちらの記事にまとめています。

昔は「石の上に3年」と言われていましたが、今は違います。世界では、転職してスキルアップするのがスタンダードです。

精神保健福祉士は専門職です。1つの職場での経験を次に活かしやすい。転職に有利な職種なのです。

ちなみに、「転職サイトや転職エージェントはたくさん使った方が良い」という人もいますが、私としては「まずは1つでも十分」と思います。

特に転職エージェントは、がんばっても2つまでの登録にしましょう。たくさん使うと、管理するのが大変になったり、どれが良いかわからなくなったりします。

登録してみて、「やっぱり転職しない」というのもありです。求人だけ見ておくというのも良い方法です。新着求人メールを受け取ると便利ですね。

転職エージェントとか転職サイトって、気軽につかって良いんだね。

探すだけなら無料だからね。使えるものは使って、良い職場があった時だけ転職するようにしよう!

転職エージェントや転職サイトは、無料で使えるものなので、気軽に利用しましょう。良い職場が見つかった時だけ、転職すれば良いのです。

10年後に、「あの時、動いていれば・・・」 「あと10年若ければ・・・」と後悔しないようにしましょう。迷った時は、やってみるのが一番です!

「明日やろう」と思っても、なかなかできないものです。やるなら今です。

あなたが素敵な職場に出会えますように!

関連記事

「転職したことがないから、どうやって転職活動をすすめたらいいか不安・・・」「円満に辞めるにはどうしたら良いんだろう?」とお思いの精神保健福祉士さんへ。転職の流れやポイントはこちらの記事で確認できます。

社会福祉士の転職については下記の記事で解説しています。

コメント