社会福祉士

【3つだけ!】社会福祉士おすすめ転職サイト・転職エージェント

syakaihukusisi-tennsyokusaito-e-zyennto 社会福祉士
  • 人間関係がしんどい。転職しようかなぁ・・・。
  • 転職サイトは怪しい、うさんくさい気がする。
  • やりがいも収入もUPする転職をしたい。

こうした思いの方へ。

この記事の内容
  • 個人的には福祉職公務員への転職をおすすめ
  • 民間への転職なら社協の「福祉人材センター・バンク」
  • 【ここがダメ!】おすすめしない転職サイト・転職エージェント6選
  • 転職サイト・エージェントのおすすめは3つだけ

私は精神保健福祉士・社会福祉士として経験10年超。転職回数は2回で、パワハラ遭遇率高めです(汗)

福祉業界でもパワハラがあるんか・・・!

記事の結論は以下です。

結論

  1. まずは社会福祉士の公務員を検討しよう
  2. 民間求人を探すなら、まずは社協の福祉のお仕事が候補
  3. 転職エージェントも併用するならマイナビ介護職介護ワーカーがオススメ
  4. MSW希望 or 余力があるならジョブメドレーもオススメ

理由を解説していきます。

そもそも転職サイト・転職エージェントって怪しくない・・・?

私は転職サイトや転職エージェントを使うのに抵抗があります

理由は感覚です。何となく怪しいと感じてしまう・・・。

例えば求人票では

プライベートも仕事も両方充実!
まるで親戚の家のようなアットホームな雰囲気!
福利厚生完備!
給与は能力・経験に応じてUPいたします。

などなど。良いことばっかり書かれてます。

でも私は慎重な性格なので「本当に・・・?」と疑ってしまいます。

実際、民間の職業紹介から転職する社会福祉士の割合は、13.4%(ランキング4位)です。

詳しくは「【最新調査】社会福祉士の就職・転職方法ランキングTOP10」でご紹介しています。

就職・転職方法で1番多いのは「知人・友人などの紹介」で21%くらいです。

私自身も転職したことはありますが、大学教授の紹介などでした。

そんな私にとって転職サイト・エージェントは未知の領域。

「ブラック企業を紹介してこないだろうな・・・?」と警戒心ばりばりで調べました。

紹介による就職・転職だからと言って、ホワイトな職場で働ける保証は無いです。事実、私はパワハラに2~3回は遭遇しています・・・。

社会福祉士さんから「良い転職サイト知らない?」と相談されたら

もし親友から「社会福祉士として転職したい」と相談されたら、とりあえず社会福祉士公務員の求人を探してみようよとアドバイスすると思います。

転職サイトやエージェントを使っても、ブラック職場がまぎれこんでるかもしれないので・・・。

「公務員の職場なら、まだ安心なんじゃない?」と考えてしまいます。

福祉職公務員なら、収入は民間よりも良い傾向なので生活は安定します。

実際、社会福祉士で年収の高い職場は公務員系が占領しています。(こちらの社会福祉士の給料・年収高い職場ランキングTOP42【最新公式調査より】で書いてます)

仕事とプライベートの両立という視点でも、公務員職場がサービス残業だらけならメディアに叩かれると思います。

今で言うと、コロナの影響で保健所のひっ迫具合がよく報道されていますから、そうした職場は改善されていきますね。

公務員に対する日本社会の目は厳しいです。
清廉潔白でなければメディアに垂れ込まれて是正されることが多そうです。

パワハラだって、すぐに問題になるでしょう。

安心感のある社会福祉士公務員ですが、採用枠は少ないし競争率も高いと思います。
チャンスはあるけど、誰もが就職できる保障はないですね・・・。

だからと言って大切な人に、いきなり民間の転職サイト・エージェントをすすめる気にはなれないです。

信頼できないかもしれないし、求人票はキレイごとを言ってるだけかもしれない・・・。

なので、まずは社会福祉士の公務員を探してみようよと言いたくなる。

こちらの「社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】」では記念受験でも良いから受けてみるのをおすすめしています。

あなたが社会福祉士の公務員だけを目指すなら、民間の転職サイト・エージェントは使わなくて良いと思います。

公務員の求人はハローワークに登録されることが多いです。

全国の社会福祉士の公務員求人を探すなら、カンタンに公務員情報サイトの「KoumuWIN!」から検索できます。各自治体のHPを1つ1つ見る手間も省けてラクです。

民間職場への転職希望なら第一候補は「福祉人材センター」

と言っても、

  1. 民間で働きたい
  2. 民間職場しか選択肢が無い・・・
  3. 公務員に絞らず選びたい。選択肢は多い方が良い。
  4. 公務員試験に受かる自信が無い・・・

という方もいると思います。

私が社会福祉士公務員をご提案するのは、あくまで私の意見であって、やはり決定するのはご自身。

そこで、民間への転職をお考えなら、まずは社会福祉協議会が運営する福祉人材センター・バンクへの登録をおすすめしたいです。

いわば福祉職専用のハローワーク。求人数は3万件弱あります。

福祉現場で働く知人がハローワークに行ったら「福祉の仕事を探すなら福祉人材センターに行くと良いですよ」と紹介されたそうです。

半官半民の社会福祉協議会が行っているので、ギラギラした営業色を感じなくて済みそうだし、これなら安心しておすすめできます。

実際の調査でも、社会福祉士の4.9%が福祉人材センター・バンクから転職しています。(転職方法ランキング9位)

認知度は低めかもしれませんが、着実に使われている転職方法です。

ただし福祉人材センター・バンクにはデメリットもあります。

  1. 求人数は少なめ(社会福祉士求人は2600件程)
  2. 実際の窓口に行かないと教えてもらえない求人もある

ここまでの前置きをご理解いただいた上で、

転職サイト・転職エージェントを検討してみるのをおすすめします。

社会福祉士のおすすめ転職サイト・エージェントは3つだけ

転職サイトと転職エージェントの違い

本題です。そもそも転職サイトと転職エージェントは何が違うのか?

調べた結果、以下のことがわかりました。

仕事選び 応募書類 面接対策 面接日程の調整
転職サイト 自分でする
転職エージェント アドバイザーがサポート・代行

要は転職エージェントの方が手厚い。人に勧めるなら転職エージェントですね。

「全部自分でやりたい」という方は転職サイト向きでしょう。

でも多くの人にとって全て自分でするのは負担です。
人を経由できた方がまだ安心と思います。

っとこんな風に疑いの目を向けながら、民間の転職サイト・エージェントを調べてみました。

【ここがダメ!】おすすめしない転職サイト・転職エージェント6選

他サイトでよくおすすめされている転職サイト・エージェント。

しかし私が調べた結果、以下6つは社会福祉士には不向きでした。

転職サイト
転職エージェント名
ここがダメ!
リクルートエージェント 社会福祉士求人は200件程しかない。
福祉特化ではない。
リクナビNEXT 社会福祉士求人は200件程しかない。
福祉特化ではない。
ミラクス介護 社会福祉士求人は300件しかない。
きらケア介護求人 社会福祉士求人を絞り検索できない。
(社会福祉主事は選択可)
カイゴジョブ 介護求人特化サイト。
社会福祉士求人の絞り検索はしにくい。
かいご畑 介護求人特化サイト。
社会福祉士に絞った検索ができない。

介護業界向けの転職サイト・転職エージェントが多いです・・・。

社会福祉士はまだマイナーな職種なんですねぇ。

比較の結果、「ここならおすすめできる」と思えた転職サイト・エージェントは3つだけでした。

おすすめ1位 マイナビ介護職

おすすめ1位はマイナビ介護職です。

ただでさえ「怪しい」「うさんくさい」と感じる転職業界です。
大手の転職エージェントじゃないと不安です。

しかしマイナビ介護職なら安心感があります。以下が理由です。

マイナビ介護職なら安心と思った理由

  1. 就職・転職業界大手の福祉特化の転職エージェント
  2. 40年以上の実績
  3. 全国展開している大手
  4. ホームページがわかりやすく整っている(広告費をしっかり稼げてる)
  5. 社会福祉士の求人数が充実している

そして、マイナビ介護職のメリットは以下です。

マイナビ介護職のメリット

  1. 無料(求人側がお金を払ってる)
  2. 社会福祉士求人が圧倒的に多い(約8,300件 ※非公開求人除く)
  3. 求人は全国展開で計7万件
  4. 応募するかは別にして、情報収集できる
  5. あなたに合った求人のお知らせが届く
  6. 給与交渉を代行してくれる
  7. 専任アドバイザーがつく
  8. 職場の離職率を教えてくれる
  9. 非公開求人を見れる
  10. 最新求人がメールで届く

ちなみに給与交渉してもらって給与が上がる場合があるということは、

転職サイトや福祉のお仕事から経由して、給与交渉せずに就職すると損するかもしれません・・・。

しかし、デメリットもあります。

  1. すすめられる求人が絶対安心とは言えない
  2. キャリアアドバイザーと直接会える面接会場は全国21か所だが、遠いことも
  3. エージェントと相性が良いかわからない
  4. 求人メールが多すぎると感じるかも

面接会場に行かなくても、電話やメールで進められるようです。

勧誘がしつこいと感じたり退会したい時は、メールやSMSメッセージを送ればOKです。

また、もしエージェントと相性が悪ければ、代わってもらうよう依頼することができるとのこと。

こうしたデメリットもご理解のうえ、登録を検討してみてくださいね。

「非公開求人」とは、求人サイトやハローワークなどで公開されていない求人です。非公開理由は「通常より好条件の求人なので応募殺到を防ぎたい」「人手不足を知られたくない」という企業側の意向によるものです。

友人が登録するのを見てみた

友人が登録するというので、隣で見てみました。

ほんとにカンタンに登録できていました。1分足らず。(住所、電話番号、転職希望時期などの入力)

登録後、↓のように今後の流れが案内されます。わかりやすいですね。


抜粋:マイナビ介護職HP

「キャリアアドバイザー」は何かというと、

キャリアアドバイザーは、各地の医療機関や施設に精通した福祉・介護職の専門家です。あなたの希望・強み・適性を把握した上で、ご希望にマッチした転職先のご紹介はもちろん、面接対策や書類の添削などご入社までの総合的なサポートをいたします。
引用元:マイナビ介護職HP

とのこと。この業界に精通してくれているのは安心ではあります。

利用価値という意味で考えると、
給与UPの交渉をしてくれるのは民間の転職エージェントならではでしょう。

マイナビ介護職の口コミ

否定的なツイートを見つけるのが難しいくらい、マイナビ介護職は肯定的な口コミばかりでした。

おすすめ2位 介護ワーカー

転職サイトとかエージェントって複数登録するもんなんやろ?

絶対じゃない。得意・不得意地域や非公開求人があるから、登録するメリットはあるけど疲れないようにね。

おすすめ2位は介護ワーカーです。こちらも転職エージェントですね。

紹介YouTubeが「【介護ワーカー】転職エージェントとは?」から観れます。

利用イメージはこのようになってます。


引用元:介護ワーカーHP

メリット・デメリットは以下です。

介護ワーカーのメリット

  1. 無料(求人側がお金を払ってる)
  2. 社会福祉士求人が多い(約7,400件 ※非公開除く)
  3. 求人は全国展開で計9万件
  4. 応募するかは別にして、情報収集できる
  5. あなたに合った求人のお知らせが届く
  6. 給与・待遇・休日の条件交渉をしてくれる
  7. 専任アドバイザーがついて、提出書類・面接のアドバイスをくれる
  8. 職場の離職率を教えてくれる
  9. 非公開求人を見れる
  10. 最新求人がメールで届く

マイナビ介護職と利点は似てます。

  1. すすめられる求人が絶対安心とは言えない
  2. エージェントの質にバラつきがある
  3. 連絡・求人メールが多すぎると感じるかも

デメリットもマイナビ介護職と似ています。

要は、介護ワーカーの良し悪しは、転職エージェントならではのメリット・デメリットということですね。

介護ワーカーは2004年設立の(株)トライトキャリアが運営しています。マイナビ介護職よりも新しいですが他サイトはもっと若いので、歴史がある方です。全国に45事業所展開する全国規模の企業です。

おすすめ3位 ジョブメドレー (転職サイト)

おすすめ3位はジョブメドレーです。

MSWとして医療機関への転職を考えている人は、ジョブメドレーに登録する価値があるでしょう。

MSWをお考えでなければ、登録は余力のある人だけで良いと思います。

メリット・デメリットは以下です。

ジョブメドレーのメリット

  1. 医療ソーシャルワーカー(MSW)の求人を探しやすい(全国約800件)
  2. 日本最大級の医療介護の求人サイトで安心感がある
  3. 「とりあえず登録だけしておく」という使い方がしやすい

ジョブメドレーは転職エージェントではなく、転職サイトです。したがって、「求人を探すだけ」という使い方がメインとなります。

ジョブメドレーのデメリット

  1. 転職サイトなので、転職エージェントのようなサポートは無い
  2. 求人の良し悪しを自分でジャッジしないといけない
  3. 社会福祉士求人は都市部に多く、求人のない地域もある

転職は人生の転機です。じっくりと取り組んだ方が良いので、一気に頑張り過ぎず。

ちなみに、ジョブメドレーの登録画面に社会福祉士は出てきませんので

  • 医科 ➡ 医療ソーシャルワーカー
  • 介護 ➡ 生活相談員
  • 介護 ➡ 生活支援員
  • 介護 ➡ 相談支援専門員

などを選んで登録すると良いですよ。

まとめ

というわけで、私の結論としては

結論

  1. まずは社会福祉士の公務員を検討
  2. 民間求人を探すなら社協の福祉のお仕事に登録
  3. 転職エージェントも併用するならマイナビ介護職介護ワーカー
  4. MSW希望 or 余力があるならジョブメドレー

以上となります。

私自身も転職を2回しています。「石の上に3年」というコトワザがありますが、昔の話。

世界スタンダードでは転職してステップアップしていきます。
社会福祉士の仕事は、ノウハウを次の現場へ持ち越しやすいのが強みですね。

「転職サイトは複数使った方が良い」という意見があります。

私は「3つも4つも同時に使いこなせない」というタイプなので、
1つの登録でもまずは十分ではないかと思います。

登録はしてみたけど「やっぱり転職しない」もありだと思います。

とりあえず求人だけチェックしておきたいという方は、
新着求人メールの利用だけという手もあります。

後悔の無いように、頑張ってくださいね!

なお、精神保健福祉士転職なら「【1つだけ!】精神保健福祉士おすすめ転職サイト・転職エージェント」をご覧下さいね。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました