日本社会福祉士会と日本精神保健福祉士協会の違い【両資格者解説】

社会福祉士会・精神保健福祉士協会

違いなんてカンタンやん。

社会福祉士の会と精神保健福祉士の会なんやろ?

正解。
それと、連合体組織か会員組織かの違いも知っておいた方が良い。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

日本社会福祉士会と日本精神保健福祉士協会の違いは何か?まずはじめに、サッと比較してみましょう。

日本社会福祉士会
  • 社会福祉士の職能団体
  • 連合体組織
  • 社会福祉士有資格者が加入できる
日本精神保健福祉士協会
  • 精神保健福祉士の職能団体
  • 会員組織
  • 精神保健福祉士有資格者が正会員になれる(賛助会員・学生会員あり)

連合体組織・会員組織ときいて「?」と思った方も多いハズ。詳しくは後述していきますが、年会費と加入システムの2つに違いがあります。

くわしく解説していきますので、この記事が役立つのは以下のような方です。

この記事が役立つ方・社会福祉士、精神保健福祉士の資格のある方

・各協会のしくみを知りたい方

・各協会の年会費が高いと感じる方

ではまいりましょう!

日本社会福祉士会と日本精神保健福祉士協会の違い

日本社会福祉士会が連合体組織ってどういうこと?

まずは日本社会福祉士の説明をみてみましょう。

日本社会福祉士会は2012年度より、社会福祉士個人の会員組織から47都道府県社会福祉士会を会員とする連合体組織へ移行しました。皆さんが入会をご希望される場合はご自宅、またはご勤務先のある都道府県社会福祉士会へご入会いただくこととなります。
引用元:公益社団法人日本社会福祉士会

つまり、都道府県社会福祉士会に入会すると、自動で日本社会福祉士会に入会するということです。日本社会福祉士会だけに入会するのはできないシステム。これが連合体組織というものです。各都道府県の社会福祉士会が連合して、日本社会福祉士会を運営しているイメージです。

この連合体組織というシステムは、社会福祉士にとってメリットです。理由は、年会費の支払い先が各都道府県の社会福祉士会のみなので、年会費の負担が軽くなるからです。

都道府県社会福祉士会の年会費は地域差があります。チェックしたところ、年会費は13,000~17,000円の範囲内です。

早い話が、社会福祉士は13,000円~17,000円払えば、各都道府県社会福祉士と日本社会福祉士会に同時入会できるということです。

日本精神保健福祉士協会の会員組織ってどういうこと?

日本精神保健福祉士協会は会員組織です。

  • 日本精神保健福祉士協会の会員
  • 都道府県精神保健福祉士協会の会員

上記2つは別ということです。

つまり、日本精神保健福祉士協会と都道府県精神保健福祉士協会は別に入会することになります。これは、会員としてはデメリットです。年会費を2か所に払わないといけないです。手続きも2回。

えー、めんどいな・・・。

金額も高くなる?

残念だがそうだ。

日本精神保健福祉士協会の年会費は15,000円です。初年度は入会費もかかります。

都道府県精神保健福祉士協会にの年会費は、一覧が公開されていません。なので、加入したい「都道府県」と「精神保健福祉士協会」で検索することになります。(公式HPがない都道府県もあります)

話を整理しますと

社会福祉士
  • 日本社会福祉士と都道府県社会福祉士会に同時加入
  • 年会費 13,000円~17,000円
    ※年会費一覧はこちら
精神保健福祉士
  • 日本精神保健福祉士協会と都道府県精神保健福祉士協会は別
  • 年会費(日本協会) 15,000円
  • 年会費(都道府県協会) 3,000~8,000円ほど

なので、全国協会にも都道府県協会にも入るなら、精神保健福祉士の方が高負担ということです。

都道府県精神保健福祉士協会の入会資格・条件は独自色あり

都道府県精神保健福祉士協会には、独自の入会条件があります。正会員と賛助会員によっても違いがあります。例えば、正会員になる条件には次のようなパターンがあります。

正会員の条件例・精神保健福祉士登録済み

・日本精神保健福祉士協会員

・都道府県内に勤務or居住かつ精神保健福祉士登録済み

・都道府県内に勤務or居住かつ精神保健福祉士登録済みかつ日本精神保健福祉士協会の会員

けっこうユルかったり、厳しかったりで、ほんとうにさまざまですね。公式HPの無い都道府県精神保健福祉士協会も多いです。

日本精神保健福祉士協会も連合体組織になれば変化が起きるか?

私は、日本精神保健福祉士協会も、社会福祉士会のように連合体組織になってほしいと思っています。

年会費が安くなって、都道府県精神保健福祉士協会にも同時に加入できるのなら、入会メリットが増えると思うんです。結果的に日本精神保健福祉士協会の入会率が増えれば、精神保健福祉士にとっても、支援をうける方々にとってもメリットだと思うからです。

ちなみに、日本精神保健福祉士協会の都道府県支部が全国にできたのは近年になってようやくのことです。全国に支部のできた今ならば、連合体組織に移行できるのではと期待しています。(お願いします!)

以上、日本社会福祉士会と日本精神保健福祉士協会の違い【連合体組織と会員組織】という話題でした。

【オススメ関連記事】

都道府県の精神保健福祉士協会【入会メリット・デメリット】
都道府県の精神保健福祉士協会ってはいったほうがいい? オススメだが入るかどうかは自由だ。 全国47都道府県に精神保健福祉士協会があって、それぞれ独自色がある。 ...
日本精神保健福祉士協会に入会するメリット・デメリット【元会員解説】
日本精神保健福祉士協会って入ったほうがええか? オススメできる人には条件がある。 都道府県の精神保健福祉士協会の方が私はオススメだ。 こんにちは!社会福祉士・...
日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会の入会メリット・デメリット
社会福祉士会って、入った方がええん? 年会費が負担じゃないなら入るのをオススメする。メリットとデメリットを解説するから判断材料にしてくれ。 どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。日本社...

コメント

タイトルとURLをコピーしました