福祉現場で人間関係の悩みから解放される方法【福祉女性のトリセツ】

しゃふく・PSWの実務ノウハウ
この記事は約6分で読めます。

職場の人間関係うまくいかん~。どうしたらええん?

女性との関係はうまくとれているか?

福祉現場は女性が多いから外せないポイントだ。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

職場の人間関係をどうしたらうまくいくかって、色々な角度から話ができますね。笑顔を心がけるとか、挨拶をするとか。

でもこの記事で伝えるのは、福祉現場の人間関係に特化したポイントです。何かって言うと、福祉の現場は女性が圧倒的に多いってことです。女性が多いのは何となくわかってもらえると思いますけど、統計的にほんとのことです。

調べてみた女性割合の一覧がこちら

  • 介護職員73.3※1
  • 訪問介護員(ヘルパー)87.8%※1
  • 社会福祉士65.7※2
  • 精神保健福祉士67.6%※3

【出典】※1厚生労働省 統計資料※2厚生労働省 報道発表資料※3厚生労働省 報道発表資料

そうなんです。福祉現場では3分の2以上が女性なんです。だから、より良い人間関係を福祉の現場で築きたいと思ったら、まず女性とどうすれば良い人間関係をきずけるか、保てるかっていうことをわかってないとダメなんです。

こんなこと言ったら、偏見や差別だと思われたかもしれません。けれど、男性と女性でコミュニケーションで求めるものが違ったり、どう会話するか違うというのは科学的に証明されてきています。

結論をいうと、コミュニケーションでは、女性は共感男性は問題解決を重視します。この記事は、福祉現場の女性との関係を良好に保つポイントをお伝えする内容となっておりまして、

この記事が役立つ方
  • 福祉現場で人間関係にお悩みの方(特に男性)
  • 福祉の仕事をお考えの学生の方々
  • 「雑談なんて仕事と関係ないくだらないこと」なんて考えちゃってる方

上記のような方に役立つ内容です。この内容だけで人間関係がすべてうまくいくわけではありませんが、割合的に、女性との人間関係をうまく築ければ、福祉現場の人間関係の3分の2以上は解決できるといえるでしょう。

それではまいりましょう!

福祉現場で良い人間関係をつくる方法【福祉女性のトリセツ】

こんな切り口だと男女差別だとか、女性を上から目線でみたような感じに思われるかもしれません。いかにも男性目線なタイトルで、不快に感じられたらごめんなさい。でも、決してそのようなつもりではないのでお許しください。

実は私自身、職場の人間関係、特に女性と、どう関わって良いかホントに困り続けてきた経験があるんです。社会人になってから20代の頃はずっとつまづいてました。

女性だから話せないとか、緊張するとかっていうわけじゃなかったんです。仕事上で必要なことは話すし、相談するし、提案はしてたんです。そう、私が仕事上必要だと思うことは話してました

鋭い方は気づいたと思うんですけれど、男性の会話と女性の会話って求めるものが違うんです。何かっていうと、女性の会話で大切なのは共感なんです。いっぽう、男性の会話で大切なのは問題解決。この違いを私は全然わかってなかったです。

なので例えば、私が仕事の報告とか相談とかをした時は、同僚や先輩の女性から共感してもらえたりしたんですけど、私はお返しを全然しなかった。女性たちの話をしっかり聞いて、感情をこめて共感したり、いろんな雑談に参加して、共感のプレゼント大会に参加してたかと言うと、全然無かったんです。

だから駄目だったんです。人間関係がうまくいかなかったわけです。私の会話は、まさに男性の典型。問題解決志向でした。

ぶっちゃけると、私は職場の女性達がよくする雑談を「くだらない」って思ってました。「仕事と関係ないことだ」ってとらえてました。私自身は「仕事に集中して、早く仕上げて、早く家に帰ろう」って思ってました。めちゃ失礼なヤツですよね。

女性陣からみて私は、コミュニケーションをとる気がない。つまり、仲良くする気が無いと見えていたことでしょう。

ところが、男性との関係はこれでも結構うまくいくんです。男性との会話っていうのは、目的を持った会話。解決志向だから、大丈夫でした。

そう、私は男性との会話に慣れてるけれど、女性との求めるものの違いに気付いた会話じゃなかったってことです。ずーっと女性陣とすれ違いの会話をしてたんです。

それで、人間関係がしんどくて、仕事までしんどくなって、思い悩んでいました。仕事がしんどいから、早く家に帰って休みたい。なので、職場では、問題解決と関係ない会話にはほとんど参加しませんでした。そうして、人間関係はいっそう冷え込むばかり・・・。20代の頃はずっとそんな感じでした。

この悪いループから抜け出すきっかけになったのは、書籍『妻のトリセツ』を読んだことでした。

すでに30歳をこえていましたが、付き合っていた彼女と結婚を意識した頃のことです。結婚後の夫婦関係は難しいイメージがありました。「彼女とせっかくできた今の良い関係を壊したくない」「仲良くありつづけたい」と思って、本を手にとりました。

妻のトリセツ』の著者、黒川氏は人工知能研究社にてAI開発をする過程で男性脳と女性脳の特徴を明らかにされ、本書を執筆されました。

「妻」とどう関われば良いかというタイトルではありますけど、妻だけでなく女性全般にいえる内容です。つまり、「福祉現場の女性のトリセツ」として活用できます

私は文庫本の方を読みましたが、かなり売れた本で、ついにマンガ版まで出版されました。

男性の方々には、女性陣とどうすれば良い人間関係がつくれるかわかるでしょう。学生の間は困ってなかったけど、職場では女性とどうかかわって良いか困ってしまった男性の方々は多いはず。もちろん、「妻のトリセツ」なので、彼女さんや奥さんとの関係も良くなる効果がみこめるでしょう。

また、女性のなかにも「女性との関係が苦手」という方もおられるでしょう。そうした方にとっても、参考になると思います。

まとめ

本記事で伝えたかった男女のコミュニケーションの違いとは、女性は共感、男性は問題解決を目的にしているということでした。

なので、福祉現場の人間関係、特に女性との人間関係を良くしたい方は「仕事と直接関係なさそうな雑談にもしっかり参加して、共感しましょう!」ってことです。

それに、仕事と関係なさそうにみえて、ほんとは関係があったりします。女性の会話って、雑談の延長線上で仕事の話になってたりするんです。

福祉の現場で言うと、雑談かと思いきや、支援の話だったり。支援の話かと思いきや雑談になっていたり。それで風通しが良い雰囲気になっていたりします。

女性の会話に参加しないということは、仲良くする気がないってことになります。逆に言うと、会話に参加する人は仲良くするつもりがある、仲間にしてもらえるってことです。

この点よく意識して実践すると、みるみる人間関係がかわっていくのを実感できるはずです。

私のような不器用人間でも、それなりに人間関係よく過ごせるようになりました。今の仕事を続けたいかどうかって、結局は人間関係の良し悪しで大体きまっちゃうんです。逆に言うと、人間関係が良ければ、仕事もやりがいがもてたり、満足感も高まるものです。

あなた様の職場の人間関係が少しでもよくなりますように・・・。

以上、福祉現場で良い人間関係をつくる方法【女性のトリセツ】という話題でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました