社会福祉士と精神保健福祉士の違い3つを両資格者が解説

しゃふく・PSWの資格取得・就職・転職

社会福祉士と精神保健福祉士って何が違うん?

知っておくべき違いは3つだ。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

社会福祉士や精神保健福祉士の資格取得や仕事をお考えでしょうか?

この2つの資格は何が違うのか?

社会福祉士や精神保健福祉士として働くために知っておくべき点を3つにまとめます。

社会福祉士と精神保健福祉士の違い

① 支援対象

② 国家試験の合格率

③ 給料・年収

それでは、順にくわしく説明していきます!

社会福祉士と精神保健福祉士の違い3つを両資格者が解説

社会福祉士と精神保健福祉士の支援対象の違い

では結論から。

支援対象の範囲は社会福祉士の方が広いということです。

精神保健福祉士なら精神疾患・精神障がいのある方およびその家族がメインです。

社会福祉士は、精神疾患・精神障がいのある方にかぎらず、支援の必要な方々すべてを対象とします。例えば、高齢者・身体障がい・知的障がい・障がい児、DV、被虐待児、生活困窮などです。

社会福祉士

精神疾患や精神障がいのある方・そのご家族を含む、福祉的な支援を必要とする全ての方々

精神保健福祉士

精神疾患や精神障がいのある方・そのご家族がメイン

図にすると以下のような感じです。社会福祉士の方が範囲が広いことがわかってもらえるでしょう。

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験合格率の違い

国家試験の合格率は、社会福祉士の方が低いです。

社会福祉士は約3割、精神保健福祉士は約6割の合格率が毎年の平均です。

社会福祉士
合格率
  • 約30%
精神保健福祉士
合格率
  • 約60%

社会福祉士の合格率はこちらの過去記事。精神保健福祉士の合格率はこちらの過去記事でそれぞれ詳しく解説しています。

ほな精神保健福祉士の方がカンタンそうやし、受かりやすいんちゃう?

そうとも限らない。

私の経験では、試験の難易度は同じくらいだ。

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験合格率に約30%もの差がある理由は、受験者層の違いが主な要因ではないかというのが私の考えです。精神保健福祉士の受験者層の方が、高いモチベーション・目的意識をもっているのではないかと思っています。

なので、「精神保健福祉士の国家試験のほうがカンタンそうだから精神保健福祉士を受けよう!」という考えは、ちょっとタンマです。思わぬ落とし穴にハマってしまう可能性があります。

詳しくは、「社会福祉士と精神保健福祉士のどちらを先に取る方が良いの?」というギモンへの答えと合わせ、下記の記事で解説しています。

社会福祉士と精神保健福祉士どちらを先に取る?【両資格者解説】
どっちから先に取ったらいいんや!? 働きたい現場に合わせて取るのがオススメだ。 フローチャート付きで解説しよう。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 ...

社会福祉士と精神保健福祉士の給料・年収の違い

社会福祉士の平均年収は377万円。

精神保健福祉士の平均年収は347万円です。

社会福祉士の方が30万円高いです。

だからといって、社会福祉士として就職すれば精神保健福祉士より高い給料や年収がもらえるわけではないでしょう。結局は、どの現場に就職するか次第。30万円とはその程度の差でしかないとも言えます。

社会福祉士
平均年収

377万円

精神保健福祉士
平均年収

347万円

他のサイトではもっと差があったで?

なんでサイトによって違うんや?

データ元が違うからだ。

ちゃんとデータ根拠は示されているか?

チェックした方が良いぞ。

上記の平均年収は「公益財団法人社会福祉振興・試験センター」の調査を根拠にしています。
詳しく知りたい方は、社会福祉士の平均年収・給料はこちらの過去記事
精神保健福祉士の平均年収・給料はこちらの過去記事をごらんください。

例えば、「精神保健福祉士の平均年収は○○万円~○○万円」みたいに書かれていることがありますが、上限の方をあてにすると痛い目をみるでしょう。ごく一部の恵まれた方だけの話だからです。おそらく、公務員や民間の幹部ではないでしょうか。

他にも、社会福祉士や精神保健福祉士の給料は「国家公務員水準」と書かれていることもありますが・・・嘘でしょう?セールス目的のうたい文句ではないでしょうか。

現場感覚に全く合わないと断言します

無垢な学生さん達をだましているのではないかと、腹が立ちます。

現役としてハッキリ伝えます。

社会福祉士や精神保健福祉士の平均年収は低いです。

楽観的に見積もってはいけません。

30代頃から別の仕事に転職していく方をよく見かけます。

「ここまで年収が低いとは思わなかった」

「同世代の給料と比べてゾッとする」

「子どもを育てるには、福祉の給料だけではやっていけない」

このように「こんなはずではなかった」という悔いとともに辞めていく方がいます。

私は、社会福祉士や精神保健福祉士のなり手が増えることを期待しています。けれども、そのために情報を隠したり、過度に期待をもたせるような伝え方はしたくありません。

より正確な現実を知ったうえで、社会福祉士や精神保健福祉士の資格取得や仕事をめざしていただきたいです。

現実を知ってでもこの仕事をしようと思ってくださる方にむけて、社会福祉士や精神保健福祉士ができる節約術やお金の貯め方・増やし方をまとめています。

社会福祉士兼精神保健福祉士がやってるお金の貯め方・増やし方
今日も300円弁当か・・・ いつになったら生活ラクになるんや・・・ 改善する方法がある。紹介しよう。 働いても働いても生活が楽にならない・・・ 給料もぜんぜん増...

結婚などをお考えの方は、こちらの過去記事が参考になるでしょう。

社会福祉士・精神保健福祉士は結婚できる!でもね・・・
社会福祉士も精神保健福祉士も収入少ないらしいけど、結婚してやっていけるん? 結婚はまったくモンダイない。 収入的な課題は、子どもをどうするかだ。 こんにちは!社会福祉...

まとめ

さいごに、社会福祉士と精神保健福祉士の違い3つをまとめます。

社会福祉士と精神保健福祉士の違い

① 支援対象は、精神保健福祉士は精神疾患・精神障がい限定。社会福祉士は福祉の支援が必要な方すべて。

② 国家試験の合格率は、社会福祉士が約3割。精神保健福祉士は約6割。だが、試験難易度は同程度と思われる。

③ 平均年収は社会福祉士の方が約30万円高いが、ほぼ同程度。どこに就職するか、どう金策するかが大切。

以上、社会福祉士と精神保健福祉士の違い3つを両資格者が解説という話題でした。

【関連記事です】

精神保健福祉士とPSW(精神科ソーシャルワーカー)の違いは知っていますか?知っていると知っていないでは差がつくポイントです。

精神保健福祉士とPSW(精神科ソーシャルワーカー)の違いを解説
精神保健福祉士とPSWってなんか違うんか? 同じ意味で使われるが、厳密には違う言葉だ。 理由を説明しよう。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすで...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました