日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会の入会メリット・デメリット

社会福祉士会・精神保健福祉士協会
社会福祉士会って、入った方がええん?
年会費が負担じゃないなら入るのをオススメする。メリットとデメリットを解説するから判断材料にしてくれ。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。じつは、日本社会福祉士会と某都道府県の社会福祉士会の会員です。

社会福祉士に資格登録した方は、社会福祉士の職能団体日本社会福祉士会と各都道府県の社会福祉士会に入れます。

でも、入会するかどうか、迷いませんか?私自身も迷いましたし、周りの社会福祉士にも迷っている方々がいます。

「日本社会福祉士会が何だかよくわからない」「お金かかるみたいだしチョット・・・」「周りで入っている人少ないし・・・」という思いの方は多いです。

結論ですが、日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会への入会をオススメできる方は、自分から研修参加したり、情報紙をよんだりする意欲と時間のある方です。その理由は記事をよんでいただくとわかるでしょう。

ハッキリ言って、社会福祉士会に入るかどうかは、人それぞれです。入らない社会福祉士もいます。

この記事は「日本社会福祉士会や都道府県の社会福祉士会に入った方が良いのかどうか?」というテーマで、メリット・デメリットをまとめています。会員の立場で体験談も盛り込んでいます。なのでこの記事は、以下のような方に役立つでしょう。

この記事が役立つ方

・社会福祉士の方
・日本社会福祉士会や都道府県の社会福祉士会に入ろうか迷っている方

それではまいりまいりましょう!

日本社会福祉士会と都道府県の社会福祉士会のキホン

日本社会福祉士会も各都道府県の社会福祉士会も、社会福祉士の職能団体です。意見・要望、様々な政策提言、社会福祉士の社会的地位の向上、社会福祉士のキャリアアップ支援などを行っています。

都道府県の社会福祉士に入会=日本社会福祉士に入会

都道府県社会福祉士会に入れば、日本社会福祉士会にも入ることになります。どちらか一方だけに入ることはできません。理由は、日本社会福祉士会が「連合体組織」だからです。詳しくは下記記事で解説しています。

日本社会福祉士会と日本精神保健福祉士協会の違い【両資格者解説】
違いなんてカンタンやん。 社会福祉士の会と精神保健福祉士の会なんやろ? 正解。 それと、連合体組織か会員組織かの違いも知っておいた方が良い。 こんにちは!社...

都道府県の社会福祉士会は、全国47都道府県にあります。日本社会福祉士会は都道府県の社会福祉士会がまとまってつくられた組織です。「細かいことは気にしないよ」って方は、都道府県の社会福祉士会も日本社会福祉士会もセットだと覚えておいてください。

日本社会福祉士会の組織率は20%未満

そもそも、日本社会福祉士会に入っている人の割合は何%でしょうか?

日本社会福祉士会の公式HPによると、日本社会福祉士会の加入率は18.42%です。(2018年時点、226,561人中、41,731人の加入)

つまり、日本社会福祉士会に入っているのは、社会福祉士5人中1人です。全国の都道府県社会福祉士会の加入率も、同程度と考えられます。少ないと感じませんか?

実は、日本社会福祉士会の加入率は1995年がピークで53.9%でした。以降、減少の一途をたどり、18.42%まで下がっています。社会福祉士は増えている割に、加入している人が少ないというのが実態です。

他の職能団体の加入率と比較してみても、医師の「日本医師会」は6割弱、看護師の「日本看護協会」 は5割弱です。【厚生労働省(平成21年度データ)より】 やはり、日本社会福祉士会の加入率18.42%は低いといえます

日本社会福祉士会にはどうして入らない人が多いのでしょうか?メリット・デメリットをみていきましょう。

日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士に入会するメリット

まずはメリットについてですが、日本社会福祉士会のHPから引用してみます。

  • 会員証、会員バッジが発行されます。
  • ニュース(会員情報紙)が年4回送付されます。
  • 研究誌『社会福祉士』への論文投稿の機会が与えられます。
  • 研究誌『社会福祉士』が年1回送付されます。
  • 研修会・大会等、自己研鑽の機会が豊富にあります。
  • 社会福祉士学会に研究成果を発表する機会が得られます。
  • 厚生労働省や各自治体の最新福祉情報が手に入ります。
  • IFSW(国際ソーシャルワーカー連盟)の会員となります。
  • 会員専用のホームページへアクセスできます。
  • 全国の会員間でネットワークが作れます。
  • 出版物が割引購入できます。

引用元:公益社団法人 日本社会福祉士会HP

お伝えしたように、日本社会福祉士も都道府県社会福祉士もセットです。なので、日本社会福祉士会HPでは、都道府県社会福祉士会への加入メリットが紹介されています。ここからは、各メリットについての私の実感を話していきます

会員証・会員バッジについて

身もふたもない話ですが、会員証・会員バッジに実用性はほとんどないというのが実感です。「私は社会福祉士会の会員だ」という所属意識にはなりますが、この点をメリットと感じるかは個人差があるでしょう。それぞれもう少し詳しく話します。

会員バッジ

会員バッジは失くしてしまいましたが、社員バッジや議員バッジのように、金属製でスーツ等にとりつける物でした。使ったことはありませんでした。(使う機会あるんでしょうか?)

人によるでしょうが、「オレは社会福祉士会の会員だ」というアイデンティティになるメリットがあるといえるでしょう。

会員証

会員証は各都道府県で違うかもしれませんが、クレジットカードと同じサイズのものです。

私の会員証には、「会員ナンバー」や「社会福祉士登録ナンバー」がのっています。「会員ナンバー」は手続きなどで使うことがありますから、確認用として使っています。でも、他の場面でつかったことはありません。

ニュース(会員情報紙)について

日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会から郵送で会員情報紙が定期的にとどきます。研修・求人・ニュース情報がメインですから、活用できる人にはメリットとなるでしょう。もう少し詳しく話していきます。

日本社会福祉士会から届く会員情報紙で研修・求人・ニュース等がわかる

ある時の日本社会福祉士会からの会員情報紙です。こんな感じで届きます。 封の中には、研修の案内、求人情報、「公益社団法人 日本社会福祉士会NEWS」の冊子が入っていました。

研修案内としては、アルコール依存症の基礎講座や、スクールソーシャルワークの全国実践研究集会や司法福祉全国研究集会の案内、独立型社会福祉士研修などが入っていました。以前はリアル会場にて行われていた研修も、最近ではコロナの影響でオンラインが多いです。

日本社会福祉士会からの研修案内は、全国各地の研修案内なので、興味があっても「遠方過ぎて参加できない」ということがよくあります。

また、「公益社団法人 日本社会福祉士会NEWS」はけっこうボリュームがあります。すべて読むには時間も手間もかります。わたしはいつも飛ばし読みです。おそらく、読まずにほったらかしの方が多いのではないでしょうか。現場の社会福祉士は毎日忙しいですから・・・。

都道府県社会福祉士会からも会員情報紙が届く

都道府県社会福祉士会からも会員情報紙が届きます。日本社会福祉士会と比べて、身近な研修案内・求人が入りやすく、役立てやすいです。

研修は私自身も参加したことがあります。研修会場で仕事関係の人とバッタリ出会うこともありました。後日仕事で再びお会いしたときには「先日の研修でお会いしましたね!」などと盛り上がり、仕事がしやすくなった経験があります。研修で勉強するという意味だけでなく、ネットワークが広がって仕事しやすくなるメリットがありました。

ただし、最近はオンライン研修が増えてきています。感染リスクはありませんが、ネットワークを広げるメリットは得にくくなっているでしょう。

また、日本社会福祉士会の研修についても言えることですが、研修は土日や平日夜に開催される傾向です。月曜から金曜の日中に仕事をしている人なら参加しやすいでしょう。

統計資料やe-ラーニングについて

日本社会福祉士会の会員専用ページでは、統計資料を見れたり、e-ラーニング(無料のネット講座)を受けられるメリットがあります。

統計資料はブログを書くときの情報収集用として活用しています。ふだんの仕事で確認することはめったにありません。

e-ラーニングは、日本社会福祉士会のHPから社会福祉関係の講義を受けられます。私も少し観たことがありますが、なかなかうまく活用できていません。講義で学習できる方にはメリットでしょう。

ちなみに、2020年9月30日、公式HPでのe-ラーニング月間PVは、2600程でした。30日で割れば、一日100PV弱くらいです。観る方は観ている感じですね。

日本社会福祉士会に入会するデメリット

デメリットは年会費がかかることです。

金額は、所属する都道府県によってかわります。目安は15,000円ほどです。下記リンクをみれば、年会費がわかりますのでご参考に。(初年度は入会金もかかります)

都道府県社会福祉士会 会費一覧

15,000円となると、社会福祉士の年収からすると高いと思います。(社会福祉士の平均年収はこちらの記事で解説しています)

年会費が高くて加入しにくい人は多いのではないでしょうか?また、会員になることで年会費に見合うメリットがあるのかどうか、微妙なのかもしれません。

私の意見としては会員特典やメリットを増やして欲しいのではなく、収入的に年15,000円払う負担が辛いです。年会費が高いのが何よりのデメリットというのがわたしの実感です。

私が日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会に加入している理由

さいごに、私が日本社会福祉士会に加入している理由ですが、選挙投票のような理由です。

つまり、わずかでも日本社会福祉士会の組織率をあげ、会としての意見力をあげることが、この日本をより暮らしやすい国にすると思っているからです。選挙的な意味合いだと思っています。こうした入り方を人にすすめるつもりはありません。まずは自分の生活を大切にするのが当然だからです。

入会をオススメできる方がいるとすれば、自分から研修に参加したり、情報紙をよんだりする意欲・時間のある方です。入会をご検討の方は、下記リンクから各都道府県のホームページを調べられますのでご参考にしてみてください。

全国の社会福祉士会一覧

入会するかどうか迷う方のお役にたてたならうれしいです。

以上、日本社会福祉士会・都道府県社会福祉士会の入会メリット・デメリットという話題でした。


【オススメ関連記事】

日本精神保健福祉士協会に入会するメリット・デメリット【元会員解説】
日本精神保健福祉士協会って入ったほうがええか? オススメできる人には条件がある。 都道府県の精神保健福祉士協会の方が私はオススメだ。 こんにちは!社会福祉士・...
都道府県の精神保健福祉士協会【入会メリット・デメリット】
どの都道府県にも精神保健福祉士協会があるんか? そうだ。 全国47都道府県に精神保健福祉士協会があって、独自色がある。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士...

コメント

タイトルとURLをコピーしました