児童福祉児童指導員

【児童指導員の仕事】大変なことTOP5【体験談】

児童指導員

児童指導員って大変なん?

やりがいもあるけど大変!

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。児童指導員の実務経験があります。

児童指導員は大変なことがたくさんあります。知らずに就職して「こんなに大変なんて辛い!」「もう耐えられない!」という方がけっこういます。

精神的に辛くなったり、なかには辞めてしまう方もいます。

いったい児童指導員の仕事の何が大変なのでしょうか?私の児童指導員経験や知人の体験などをもとに、児童指導員の大変なこと5つをホンネでお伝えしていきます。

児童指導員になりたい方、なろうか迷っている方は知っておいて損はないでしょう。ではまいりましょう!

【児童指導員の仕事】大変なことTOP5【体験談】

支援の終わりが見えない

対人支援あるあるですが、児童指導員の仕事は果てしなく支援が続く日々です。

学校の先生なら、年度の変わり目が節目です。年度がかわれば務めは終了で、別の生徒にかわりますね。

でも、児童指導員の働く施設系は、年度を越えて支援が続きます。 終わりは、児童が成人するまで。かなり先ということが多く、果てしなく感じられやすいです。

終わりが見えないのは、実際のところかなり辛いものです。

例えばランニングをする場合、走る距離があらかじめわかっているからペース配分してやりきれるものですね。

でも、児童指導員の仕事は、ランニングで言うとゴールはあることにはあるんですが、果てしなく遠いので、ペース配分しづらいわけです。

無理にがんばりすぎると、まだまだ走らないといけないのにエネルギーが燃え尽きて、「病む」ことがある

児童指導員の仕事は終わりがみえづらいので、達成感が得にくく、節目が少なく、ダラダラと日常が過ぎてしまうこともあります。

子どもの成長がゆっくりで変化が見えない

びっくりするくらい変化する子もいます。でも、多くの子の成長はゆっくりです。

発達障がいのある子等は、もっとじっくり変化を観察しないと、何も変化・成長してないように見えることがあるでしょう。

児童指導員のやりがいは、子どもの変化や成長です。でも、そうそう毎日のように変化や成長がみられるわけではありません

日々の支援では「手ごたえ」を感じづらく、モチベーションが下がりがちな辛さがあるでしょう。

コツは、子どものわざかな変化や成長をしっかり見つけ、喜ぶことです。

チーム連携が難しい

ふつう、児童指導員はチームで子どもたちを支援します。

チームの職員それぞれで、教育観・価値観が違うので、意見をすりあわせることが大切です。

ところが、意見交換は理論的・科学的に進めた方が良いでしょうが、主観・感情・上下関係の力で意思決定されやすいです。

決定できるうちは良いですが、チーム内で対立・衝突する場合もあります。また、チームのなかに非協力的な方が1人でもいると、チームとしての支援力はとたんに崩れ落ちます。

チームの関係にヒビが入ると、子どもたちへの支援にダイレクトに悪影響がでます。大人同士の関係が悪いことは子どもたちも察知するからです。

そうならないためにも、子どもへの支援以上に、児童指導員同士、職員同士の関係に気を配る大変さがあります

子どもから暴言・暴力を受けることも

支援対象児童によりますが、愛着的、発達的な課題や、被虐待経過のある子どもの中には、 感情が爆発して攻撃してしまう子がいます。

暴言や暴力、物損を日常的にしてしまう子もいます。「バカ!」「消えろ!」「うるさい!」などと暴言をあびても、児童指導員は冷静にこたえる仕事です。

しかし、いかに心情的に理解できても辛いものです。暴力をうけたからといって、暴力で返して良いわけでもありません。忍耐です。(私自身、ケガをしたこともあります)

本当に深刻な場合は、警察対応をどんなタイミングで要請するか等、検討することもあります。

入所施設は体を酷使する

児童養護施設や障害児入所施設など、子どもが入所する施設の児童指導員は、体を酷使する大変さがあります

入所施設は子どもが親元をはなれて暮らす場所です。なので、24時間365日、職員が常駐することになります。

したがって、交代制の変則勤務になるのが普通です。宿直もあるでしょう。慣れない間は、睡眠が乱れたり、疲れがとりきれず、大変です

また、交代制の変則勤務だと、彼氏・彼女・知り合いや友人と予定を合わせづらいものです。

せっかくの休日なのに、家で1人で過ごす・・・なんてことも児童指導員あるあるです。

最後に

大変なポイントばかりお伝えしたので「児童指導員は大変そう・・・」「もう児童指導員なんてやめておこう・・・」と思った方がいるかもしれません。

でもね、どんな仕事にも大変なことがあるのは自然なことです。

大変さを超えるくらいの、やりがいや魅力も感じられるのが児童指導員です。

やりがいについてはこちらの「【体験談】児童指導員やりがい・魅力TOP5【やってて良かったこと】」にまとめました。

なお、保育士として働くか迷っている方もいると思います。保育士として働くなら公務員をオススメしたいのが私のお節介心です。

≫公務員保育士とは?気になる給料や待遇から私立保育士との違い、試験内容まで解説!

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました