社会福祉士

【発表】社会福祉士=勝ち組?答えは中間!理由3つ【勝ち職場は?】

syakaihukusisi-katigumi-syokuba 社会福祉士
  • 社会福祉士って勝ち組?
  • 勝ち組になる就職先はどこ?
  • 社会福祉協議会って勝ち組?公務員は?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  1. 社会福祉士は「勝ち組と負け組の中間」という理由3つ
  2. 勝ち組職場【福祉職公務員・社会福祉協議会】
  3. 救いの道「気にしてない人が本当の勝ち組」

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場で10年超の経験です。

では結論の図です。

syakaihukusisi-katigumi

どうしてこのような結論になったのか。解説を読んでジャッジいただければと思います。

【発表】社会福祉士=勝ち組?答えは中間!理由3つ【勝ち職場は?】

結論は、社会福祉士は勝ち組でも負け組でもありません。

中間です。

理由ですが、まず勝ち組の定義から。

勝負に勝った側の人々。社会的・経済的に成功した人、いわゆる格差社会において優位な立場に立つ人。裕福である、地位が高い、容姿端麗である、望んだ人生を実現している、などの状況を指すことが多い。
引用元:weblio辞書 勝ち組

この定義に沿って、社会福祉士を平均と比べます。

勝敗 社会福祉士 世間の平均
年収 職場次第 平均年収403万円
(最小268万円~最大638万円)
436万円
地位 やや勝ち

国家資格者
学歴 やや勝ち

短大・大卒、専門学校卒 大卒は
50~60%
満足感 引き分け

40%がやや満足~満足 42%が満足
容姿 あなた次第

参考:令和2年度社会福祉士就労状況調査国税庁民間給与実態統計調査(2019年)令和2年国勢調査(内閣府HP)東洋経済ONLINE「日本人が「世界一、仕事が苦痛」と感じる根本理由」

社会福祉士は「勝ち組と負け組の中間」という理由3つ

理由1 平均年収は職場次第で勝ち負けが変わるから

社会福祉士の平均年収は、最小268万円最大638万円です。
年収で勝ち組と言えるかどうかは、就職する職場次第です。

では平均以上の職場はどこかと言うと、以下がTOP10です。

  1. 保護観察所・地方更生保護委員会 638万
  2. 児童相談所 532万
  3. 身体障害者更生相談所 504万
  4. 都道府県庁 496万
  5. 都道府県社会福祉協議会 475万
  6. 保護施設 468万
  7. 大学、短大等 456万
  8. 区役所(特別区)454万
  9. 福祉事務所 454万
  10. 市区町村社会福祉協議会 447万

社会福祉士の平均年収は、世の平均年収より低いので、「福祉業界=負け組」という意見があるのは理解できます。

しかし上記の職場なら平均以上の年収なので、年収的には勝ち組でしょう。

実際、私は2回転職していますが、給料・年収は数十万変わりました。

仕事のしんどさはあまり変わらなくても、どこで働くかによって収入は歴然と変わります。

年収の高い職場を詳しく知りたい方は社会福祉士の給料・年収高い職場ランキングTOP42【最新公式調査より】をご覧ください。

理由2 地位は国家資格者なので、やや勝ち

社会福祉士の社会的地位ですが、
国家資格者であり士業です。

士業(しぎょう、さむらいぎょう)とは、日本における名称末尾に「士」の字を用いる職業(弁護士、司法書士等)の俗称である。 医師、薬剤師など「師」の字を持つ職業を含め、士師業(師士業、ししぎょう)とも呼ばれる。
引用元:Wikipedia 士業

ただし、社会福祉士は1987年に誕生したのでまだまだ若い資格です。
年齢でいうと35歳。働き盛りのミドルです。

例えば医師の歴史はもっと古く、年齢で言うと150歳くらいです。
仙人のようなイメージですね。

そうした背景もあり、社会福祉士資格は名称独占資格です。

名前だけを独占できる資格なので「あまり意味が無い国家資格」という意見もあります。

しかし私の経験では、名刺に社会福祉士と書いておくと初対面から信頼感が増しますね

それに、社会福祉士は需要と将来性があります。(「社会福祉士は需要・将来性がない」はウソな理由TOP7

求人は多いし、資格さえ取れたら年齢不問・経験不問が多数なので食いっぱぐれない。富裕層とは言えませんが、安定した地位です。(社会福祉士は食いっぱぐれない?【現役社福士解説】

こうした理由で、社会福祉士は「やや勝ち組」ぐらいでしょう。

理由3 学歴があるので、やや勝ち

syakaihukusisi-gakureki

社会福祉士になるには、短大・4年制大学・専門学校などの学歴が必要です。

中卒・高卒で働く方は40~50%います。

そうした方々より社会福祉士なら学歴があるので「やや勝ち組」ぐらいでしょうね。

しかし社会福祉士として働いていると、身の回りは同じような学歴の人で固まりがちです。

世間的には学歴があるのに、「普通だし、むしろ負け組かな」という心境に陥ってしまうのかもしれませんね。

しかしそんなことはない。あなたは頑張っているのです。しっかり周りを見渡してみましょう。

そもそも社会福祉士の合格率は約3割だけです。7割の人は落ちます。

社会福祉士になったなら、あなたはその3割の側なんですよ!誇っていきましょう。

※なお、自己実現(満足感)という点の勝敗は引き分け。容姿・ルックスは人それぞれで何とも言えませんね。

勝ち組職場【福祉職公務員・社会福祉協議会】

社会福祉士は勝ち組と負け組の中間です。

ただし福祉職公務員は勝ち組、社会福祉協議会ならやや勝ち組でしょう。

理由は、社会福祉士の平均年収TOP10を確認するとわかります。

  1. 保護観察所・地方更生保護委員会 638万(公務員
  2. 児童相談所 532万(公務員
  3. 身体障害者更生相談所 504万(公務員
  4. 都道府県庁 496万(公務員
  5. 都道府県社会福祉協議会 475万
  6. 保護施設 468万(公務員
  7. 大学、短大等 456万
  8. 区役所(特別区)454万(公務員
  9. 福祉事務所 454万(公務員
  10. 市区町村社会福祉協議会 447万

大学・短大勤務以外は、福祉職公務員と社会福祉協議会が独占してます。
世の平均年収432万よりも多いですね。

「年収1000万以上ないと勝ち組ではない!」という感覚の方もいるでしょうけど、

平均年収より高いのだから、勝ちは勝ちでしょう。

それでこの図が出来上がりました。(不愉快に感じた方、すみません!)

syakaihukusisi-katigumi

ちなみによく誤解されますが、社会福祉協議会は公務員ではありません
こちらの記事(社会福祉協議会の職員=公務員?【社会福祉士解説】)で解説しています。

また「福祉職公務員になって勝ち組になりたい」という方は、公務員試験を受けてみるのも1つの方法です。

「公務員試験は難しいから自分にはムリ」と思うかもしれませんが、実はノー勉で受かる人もいるんですよ。

勝ち組と評されたい方は、記念受験もアリでしょう。社会福祉士・精神保健福祉士は公務員試験受けないと損?【社会人向け】でも解説しています。

救いの道「気にしてない人が本当の勝ち組」

でもね、勝ち組にこだわってしんどい人はいませんか?

私は勝ち組とか負け組とか、考えすぎない方が良いんじゃない?って思ってます。

そもそも職業に勝ち負けありませんね。そこに勝ち組・負け組をもちこむと苦しいです。

他人と比べたら、上には上がいるので必ずどこかで負けます・・・。

例えばトーナメント戦で最後まで勝てるのって、1人だけですよね。他はみんな負けます。

カズレーザーが納得のいく答えを語っています。観るとラクになれると思います。(動画の9分30秒から始まります)

それに、私たちが支援するのは社会的な弱者の方が多いです。

そうした方々を、勝ち組とか負け組の視点でみていくと、すごく失礼になっちゃうかも。

自分自身についても、勝ちだろうが負けだろうが、認めてあげたいですね。

日本人はついつい「人に優しく、自分に厳しく」をモットーにしてしまいますね。

それも美徳なんですけど、自分にも優しくで良いんじゃない?って思います。

頑張るあなたを誰よりもあなた自身が、無条件に認めてあげてくださいね。

勝ち組・負け組を気にしないのも1つの道でしょう。

「それなら社会福祉士をめざしても良いかな~」と思った方には、下記記事が役立つでしょう。社会福祉士になるには12のルートがあります。学歴や社会人などの条件に合わせた最短コースも解説しています。ご参考くださいね。

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました