社会福祉士

社会福祉士で年収1000万稼げるかもしれない方法3つ【現役解説】

syakaihukusisi-nennsyuu1000mann 社会福祉士

社会福祉士って年収1000万もらえる!?

かなり難しいんだけど、年収1000万稼げるかもしれない方法を3つ考えてみたよ!

この記事の内容

社会福祉士として年収1000万稼げるかもしれない方法3つ

私は社会福祉士・精神保健福祉士として働いています。現場経験は約10年です。

Yahoo!知恵袋で「社会福祉士は年収1000万円もらえるのか?」という質問に対し、次の回答がベストアンサーになっていました。

社会福祉士だけで1000万は99%いません。他の方が言われているのは、社会福祉士として採用されて、病院経営にまわった人ならいると思いますが、そういう人はすでに社会福祉士の仕事はしていないですよ。経営戦略を考える必要がありますからね。
社会福祉士の場合、資格だけの資格なら、施設ならせいぜい400万~500万。公務員で700~800万がいいとこです。公務員はあくまでも公務員の給料がもらえますからね。
引用元:Yahoo!知恵袋

悔しいけど、その通りでしょう!

「社会福祉士の仕事をしていて年収1000万」という人は1%もいないでしょうね。

年収1000万なんて、そうそう手が届かないイメージです。

そもそも年収600万超えの社会福祉士(正職員)ですら13.7%ですので、年収1000万なんて「夢から覚めなさい~」でござんす・・・。

でも年収600万円なら現実的なレベルです。方法は次の5つ。

年収600万を超える方法

  1. 保護観察所・地方更生保護委員会で働く
  2. 社会福祉士養成機関や学校等で講師・教授になる
  3. 経営者・施設長になる
  4. 福祉職公務員になる
  5. 副収入を得る(成年後見人など)

詳しくはこちらの「社会福祉士で年収600万円以上は簡単?超える方法5つ紹介」で解説しています。

それでも年収1000万ほしいねん!勝ち組になりたい!

達成できるかもしれない方法を考えてみた!

年収1000万稼げるかもしれない方法

  1. 社会福祉士養成機関や学校等で講師・教授になる
  2. 経営者・施設長になる
  3. 副業で成年後見人として29ケース担当する

年収600万円稼ぐ方法のうち、上記3つだけが生き残ったかんじです。

以下、もうすこし解説していきます。

社会福祉士で年収1000万もらえる方法・職場は?【現役解説】

「なんとかして年収1000万稼ぐ方法は無いの!?」という欲張りさんに向けて、

年収1000万なんて到底かせげてない私(笑)が

「年収600万を超える方法」を足掛かりに考えてみました。

保護観察所・地方更生保護委員会で働く

社会福祉士の職場別の平均年収ランキング1位の「保護観察所・地方更生保護委員会」ですが、

職場 年収
保護観察所・地方更生保護委員会 638万円

平均年収638万円なので、さすがに1000万は稼げないかんじです・・・。

定年間際になってようやく、もしかしたら年収1000万稼げるかも?です。

年収ランキングをもっと知りたい方は↓の記事をチェックしてみてくださいね。

社会福祉士養成機関や学校等で講師・教授になる

これは年収1000万のチャンスがあります。

私を育ててくれた社会福祉士の大学教授が年収を教えてくれたことがあるんですけど、

年収2000万ほどもらっている

と言っていました。

ただし、大学によって報酬は全然違うらしく、別の大学では年収600万くらいだったようです。

統計では↓のようになっています。

年齢 年収
(男性)
年収
(女性)
40代 623 509
50代 716 618
全体平均 600 494

参考:社会福祉士就労状況調査結果報告書(令和2年度)

やはり年収1000万はカンタンではなさそうですが、
要はどの大学・養成機関等で働くか次第なのでしょうね。

経営者・施設長になる

経営者・施設長は年収600万近いです。

職位 平均年収
(万円)
経営者 549
施設長等 554

ちなみに「派遣職員」の立場の経営者・施設長・事務所管理者の平均年収は760万円です。

なかには年収1000万の人もいることでしょう。

福祉職公務員になる

社会福祉士公務員の平均年収はこちらの「【年144万円多い!】社会福祉士の公務員の平均年収・給料・手取り」で解説していますが、

平均年収は5,471,170円と出ています。

社会福祉士の公務員は、社会福祉士のなかでは勝ち組とされる部類でしょうけど、

さすがに年収1000万はムリそうですね。

副収入を得る(成年後見人など)

年収1000万に届かない分は副業で稼げば良いやん」という方法です。

社会福祉士の副業として筆頭は成年後見人ですね。

下記の記事で解説していますから、いちどご覧になってみてください。
ちょっと夢が広がるかもしれません。

社会福祉士の平均年収は403万円ですから、年収1000万稼ぐには年600万ほど稼がないと達成できなさそうです。

例えば成年後見人として、1ケースを標準的な月額2万円で受けたなら、年収は約21万と考えられます。

成年後見人として年600万円稼ごうとすれば、何ケース受ければ良いか計算してみましょう。

600万 ÷ 21万 = 約29ケース

成年後見人の報酬額は、管理資産等によって変わりますし、経費等もかかるので全くの皮算用ですけど。

というわけで、副業で成年後見人として29ケース担当すれば、本業の400万と成年後見人の年収600万で、年収1000万に到達できる!?

・・・もはやどちらが本業で副業なのかわからなくなりますし、29ケースの重みはハンパでは無いと思いますが。

まとめ

というわけで、社会福祉士として年収1000万円稼げるかもしれない方法は↓の3つ。

年収1000万稼げるかもしれない方法

  1. 社会福祉士養成機関や学校等で講師・教授になる
  2. 経営者・施設長になる
  3. 副業で成年後見人を29ケース担当する

んー、はっきり言って厳しいです・・・。これくらい稼げたら嬉しいですけどね!

でも年収600万なら、実現できる方法がありますから「社会福祉士で年収600万円以上は簡単?超える方法5つ紹介」をチェックしてみてくださいね!

この記事を書いた人

社会福祉士 兼 精神保健福祉士です。
大学受験失敗 → 浪人・転向 → 国家資格ダブル合格 → 就職 → パワハラ遭遇 → 転職 → 福祉現場で10年超
現職で働きながらブログ書いてます。月3万PV。妻と猫が大切。

詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
しゃふくさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました