児童養護施設出身の新成人にエールを送りたい

児童指導員

児童養護施設育ちで20歳になった新成人を祝う記事が、WAMNETに掲載されています。

愛に包まれ20歳へ 養護施設出身の新成人、晴れ着姿で記念撮影
ワムネットのスマートフォン向けページです。

記事では「坂田さん」という女性がとりあげられています。

私は児童指導員として入所施設で働いていた経験がありますので、思うところをお話ししていきます。

0歳から児童養護施設や里親の元で暮らすということ

坂田さんは0歳から施設で暮らし、児童養護施設や里親の元などを転々としてきた。(熊本日日新聞 2021.2.16)

想像を絶すると感じます。親と暮らしたご記憶はまったく無いことでしょう。

「ふつう」は「子は親が育てるもの」と思う方が多いはず。しかし、まったくの他人が育てる場合があり、例えば児童養護施設や里親などが制度化されています。

こうやって言葉にするカンタンですが、当人にしてみればその人生は「ふつう」とは違うことの連続です。

小学校の授業参観では、クラスメートの親の顔が並ぶ中、自分だけは「施設の先生」で寂しい思いをした。(熊本日日新聞 2021.2.16)

やっぱりそうだよなぁ・・・と思いました。私自身、入所児童の授業参観や、入学式・卒業式に「施設の先生」として、親に代わってに出席してきましたが、「どう感じているのだろう?」と気になりつつも、聞けずにいたのです。

「施設の先生」として入学式へ

私が30歳過ぎの年、児童指導員の仕事でのことです。

新しく担当することになった子どもの入学式に、「担当だから」と代表して出席することになりました。ほぼ初対面の子どもの入学式でした。

「ふつう」の親御さんは、これまでの育ての喜びと苦労を振り返りつつ、感慨深くカメラをもったり、見つめることでしょう。じっさい、涙を流す方もおられました。

しかし、私は「施設の先生」であり、その子と過ごした文脈が無く、育ての喜びも苦労もありません。

このような私に、人生で一度の入学式を見守られる子ども。その人生に思いをはせつつ、憐れむような気持ちばかりが沸き起こる・・・。申し訳ない心境になった記憶があります。

「施設の先生」はすぐいなくなる

「施設の先生」は仕事なので、担当の変更や異動・転職・退職などでカンタンに関係が途絶えてしまいます。

子どもが施設を巣立つことでも、関係は途絶えがちです。アフターケアといって、児童養護施設などを巣立った後の子どもにも支援を届けたり、連絡をうけて相談にのることはありますが、「なじみのある施設の先生」がいつまでもその職場にいるとは限りません。

残念なことに、施設を巣立った子どもが愛着をもてるのは、「施設そのもの」ではなく、「なじみのある施設の先生」です。「久しぶり!」が言える相手が必要なのです。

世間では年末年始・グールデンウィーク・お盆には、「帰省ラッシュ」がいつも起こりますが、彼らには帰る場所が無いこともあります。施設という「入れ物」は残っていても、中にいる人はカンタンにかわってしまうからです。

「20歳まで生きててよかった」の意味

「20年間、つらいことばかりだったけど、こんなに多くの人に祝福されて、本当にうれしい」(熊本日日新聞 2021.2.16)

この言葉に、彼女のこれまでの人生の壮絶さが凝縮されていると感じました。いかに、「生きる」ということが苦しく、つらく、孤独なことだったかを物語っていると思います。

「生きる」ということに何の疑問もいだかない方は多いと思います。けれども、誰もが欲しい愛情や関心を安定的に十分もらえないと、「生きる」はとても過酷で虚しいミッションになると思います。

おそらくそうした環境にありながらも、たくましく「生きる」ことを選択し続けてこられたのだと思います。

記事は成人式という、日常からハレの舞台をきりとったものです。「愛に包まれ」と祝福されていますが、きっと日常はそう華々しいものではなく、”愛”を疑うこともあったはず。

これからもまた、苦しいこと、辛いこと、孤独なことがきっとあるでしょう。(私の人生も同じことです)

それでもたくましく生きていく、新成人となった彼ら・彼女らの今後、人生にエールを送りたいです。どうか元気でがんばってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました