児童養護施設の仕事が厳しい12の理由【元児童指導員解説】

児童指導員

何が厳しいん!?

ざっくりいうと体、メンタル、生活だ!

どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。児童指導員経験があります。

  • 児童養護施設の仕事って厳しい?
  • 働いていて辛いことって何?
  • 残業があるの?

 

このようなギモンのある方はきっと多いでしょう。

ハッキリ言って児童養護施設の仕事は、体、メンタル、生活が厳しいこの3重苦に耐えられる人だけが残れる現場。これが児童養護施設のリアルです。(障害児入所施設も同様)

ラクして稼ぎたい人には絶対オススメできない仕事です。

この記事では体・メンタル・生活が厳しい12のリアルな理由をお話ししますが、タフにこなす知識もあわせてご紹介していきます。

児童養護施設にかぎらず、福祉現場は大なり小なり似た課題があります。体・メンタル・生活が厳しいのは福祉現場あるあるなので、対策も考えやすい。ご安心くださいね!(苦笑)

ではまいりましょう!

児童養護施設の仕事が厳しい12の理由【元児童指導員解説】

体が厳しい!

なぜ児童養護施設の仕事は体が厳しいのでしょうか?理由はこれです。

体が厳しい理由

  1. 宿直や夜勤があって睡眠時間を削られる
  2. 宿直明けに8時間勤務もザラ
  3. 残業がある
  4. 交代制勤務(シフト制)で6連勤、7連勤ということがある
  5. 人手不足で有給休暇をとりにくい
  6. 子どもとの食事が休憩扱いで休まらない

全ての児童養護施設の仕事に当てはまるかは知りませんが、すべて私が経験したことです。

宿直や夜勤があって睡眠時間を削られる

宿直と夜勤の違いはこちらがくわしいです。

三重県|勤労福祉:宿直と夜勤の違いについて
三重県の雇用・労働に関する情報をお届けします

超カンタンにまとめると、

  • 宿直 眠ってもOK。でも、何か起きたら対応しないといけない。
  • 夜勤 眠ったらダメ。夜中にいつも通り仕事をすること。

私は宿直が多かったです。宿直時間中に見回り巡回もしないといけなかった。

最終に見回りをしてから即眠れたとしても、6~7時間の睡眠が限度。朝の定刻には起きて、ごはんの準備をしたり子どもたちに声をかけないといけなかったからですね。

睡眠時間をしっかり確保したい方にとっては、体が厳しいと感じると思います。実際、そういう方は多かったです。

それと、「何かあったら起きないといけない」という状態で眠るのはけっこうキツイです。緊張感があるので、眠りが浅くなるんですよねえ。

宿直明けに8時間勤務もザラ

宿直明けたら帰れるんちゃうん!?

って思うよな。

宿直明けには即帰宅?いいえ、そんなことはありません。宿直明けからさらに8時間勤務がスタートするのが普通でした。

なので、「8時間勤務 → 宿直 → 8時間勤務」というのが当たり前なんですね。拘束時間がとても長い!慣れないうちは翌日の勤務が眠くてたまらない・・・。

翌日の8時間勤務が終わったら、合宿から解放されたかのような心持ちになったものです。

残業がある

翌日の8時間勤務が終わったら帰れるのでしょうか?

いいえ!さらに残業があるのがよくあることでした。(二晩目を迎えて家に帰ることもありました)

少ない人員で現場を回している場合、次の職員が出勤するまで残業で間をつなぐのはよくあることです。

あと、残業時間になってはじめて自らの事務仕事ができるという現場もあります。残業ありきの体制になっているわけですね。

児童養護施設の職員はほんとに体力勝負です。

交代制勤務(シフト制)で6連勤、7連勤ということがある

このような宿直・残業の日々が、運悪く6~7日続くことがあります。(とうぜん、土日も勤務アリです)

少ない人員で回していると、各職員の予定や休みの都合でどうしてもしわ寄せがでてしまうことがあります。

わたし自身が勤務を組んでいたこともありますが、かなりの苦行でした。「あちらを立てればこちらが立たず」といった感じで、どうにもならないことがありますし、難解なパズルゲームのようになるんですね。

結果、誰かが6~7連勤になってしまうこともありました・・・。自分もふくめてそうなるのですが、勤務調整を担当する者の苦しいところです。

人手不足で有給休暇をとりにくい

6~7連勤ができてしまうくらいですから、かなりの人手不足なわけです。有給休暇だってとりにくいです。

私の現場では、有給休暇をとれる時というのは、体調をくずしたとき、メンタル疾患になったとき、家族の病気くらいなものでした。

毎年、使えなかった有給休暇が消えていきましたねえ。

子どもとの食事が休憩扱いで休まらない

食事を一緒に食べている時間が休憩時間あつかいとなるパターン。これは児童養護施設にかぎらず、福祉現場のあるあるでしょうねえ。

食事中のトラブルはよくあることですから、ごはんを食べつつ全体に目を配るわけです。ゆっくり落ち着いては食べられません。

とうぜん、労働基準法としては休憩とならないはずですが「チームワーク」の名のもとに強制されている現場は多いと思います。

メンタルが厳しい!

なぜ児童養護施設の仕事はメンタルが厳しいのか?理由は次のとおりです。

メンタルが厳しい理由

  1. 支援が思うようにはいかない
  2. 暴言や暴力を受けることもある
  3. 職員関係で気を遣う
  4. 休日に仕事の連絡がかかってくる

支援が思うようにはいかない

児童養護施設にかぎりませんが、支援というのは私たちが頑張ったからといって、結果がついてくるものではありません。

例えば、愛情に飢えている子や、心に傷を抱えている子にたいして、「愛情を伝えたい!」「傷をいやしたい!」と思うハートはとても素敵だと思います。

親に捨てられたと思っている子ども、誰も信頼できないと思っている子どもに、何とか手を差しのべたいという方は、きっとあたたかな思いのある方でしょう。

けれど、ハートだけではうまくいかないのが支援の奥深さ。ささいなことなら成長や変化がみられるものですが、深刻な課題ほど支援が思うようにいかないものだと思います。

支援は一筋縄ではいかないので、私たちは自信を失ったり、無力感にさいなまれたりします。メンタルがつらくなっていくんですね。

支援では「自己覚知」が必須です。これはより良い支援をするために大切なことですが、自らを守ることにもなります。

社会福祉士の自己覚知【必要な理由・やり方を社会福祉士が解説】
自己覚知ってどれくらい大切? 定年まで毎支援つづける。 それくらい大切だ。 どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 「自己覚知じこかくち」は...

暴言や暴力を受けることもある

支援が思うようにいかないポイントとして、子どもから暴言や暴力を受けることがあるでしょう。

私もたくさんの言葉を受けてきました。

  • 「黙れ!」
  • 「帰れ!」
  • 「話しかけてくるな!」
  • 「何も知らないくせに!」
  • 「だから大人は信用できん!」
  • 「くそじじい!」

たとえどんなに若くても、男性職員ならジジイ、女性職員ならババアと言われてしまうのが暴言あるあるです(苦笑)

また、言葉だけでなく、手や足がこちらに出てくる子どももいました。中学生や高校生となると体もしっかり育っていますから、力が強い。痛いし、実際にケガをすることもありました。

こういった暴力は、無差別なものではなくて、職員との関係性(愛着関係)のなかで起こるものでした。見ず知らずの人に暴力はしないんですよね。

彼らのこれまでの育ちの過酷さに思いをはせつつも、暴言や暴力行為を許すわけにはいかない。

優しさだけではなく、毅然とした関わりも求められる、難しい現場です。暴言や暴力は、体の痛み以上にメンタルの痛みがあるので気をつけましょう。

職員関係がツラい

児童養護施設や入所施設での仕事は、たくさんの職員と共同しないとできません。

なので、一緒に働く職員の立ち回りや子どもとの関わりよって、こちらも影響を受けることになります。(プラスもマイナスも)

例えばの話ですが、ある職員さんが子どもと関わると子どもが楽しくなりすぎて、大騒ぎになったり野放図でケンカが勃発したり・・・ということが実際よくあります。

したがって、職員同士でそれぞれの立ち回りや子どもとの関わりについて、指摘しあうことが多いものです。

良く言えば、人材の指導や育成がしやすい環境なのですが、運が悪ければ言い方のキツイ方がいたり、妙なコダワリのある方、とても支配的な方がいたりします。(私はすべて経験済み)

そうなると神経をすりへらしてして、メンタルにダメージを受けてしまうでしょう。

男性の皆さまは、こちらの記事を見てもらうと役立つかもしれません。

福祉現場で女性陣との人間関係にお悩みの男性へ【社会福祉士の体験談】
職場の人間関係うまくいかん~ 女性職員との関係はうまくとれているかい? どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 「女性の輪に入っていきにくい・・・」「同性なら話せ...

休日に仕事の連絡がかかってくる

児童養護施設は24時間365日稼働しています。誰かの休みは誰かの仕事日です。

「担当職員しか知らないこと」があったり、「上司に相談しないと判断できない場面」があったりします。

そうした時、けっこう気軽(?)に休日中の職員に電話やLINEされてしまいます。

休んでいるときに仕事の連絡がはいってしまうと仕事モードのスイッチが入ってしまって、すぐにOFFに戻れないんですよね。

休日連絡のツラさには個人差がありますけど、私は「カンベンしてくれー!」と思うタイプでした。

生活が厳しい!

児童養護施設の仕事は、生活も厳しい!

生活が厳しい理由

  1. 給料が良いとは言えない
  2. 土日休みが少なくて人と会いにくい

給料が良いとは言えない

職場によるでしょうけれど、児童養護施設は給料が良いとは言えません。生活はできるのですが、平均よりやや下くらいという感じでしょうか。もっと欲しいですね!

具体的な給料については、こちらの記事がわかりやすいです。児童指導員についてまとめた記事ですが参考になります。

【2021年版】児童指導員の給料・年収 | 児童指導員の仕事・なり方・年収・資格を解説 | キャリアガーデン
児童指導員を目指す人のための職業情報サイト|キャリアガーデン

お金のモンダイは、福祉の仕事共通の課題です。こんな記事もかいていますので、役立つ情報があるかもしれません。

お金の貯め方・増やし方TOP11【福祉関係の方むけ】2021年10月更新
お金が無い! 節約してるのに生活が苦しい・・・ 将来が心配・・・ 給料がぜんぜん上がらない! もう福祉の仕事やめよかなぁ・・・ 待てぇい! ...

土日休みが少なくて人と会いにくい

勤務シフトによっては土日も仕事があります。

彼氏や彼女、友だちや家族と会おうとしても休みが合いにくくて「いつの間にか疎遠に・・・」なんてことにならないように、努力と工夫がいります。

あらかじめ休みの希望を言えば通りやすい職場もあるでしょうから、予定は早めに相談して決めていくと良いでしょう。

さいごに

児童養護施設の仕事が厳しい理由をお話ししてきました。

これらの理由は障害児入所施設のように、「入所施設系ならだいたい同じことがある」と考えてもらって良いでしょう。

ここまでひどくない職場もあるでしょうし、もっとひどい職場もあるかもしれません。

正直、ここまでリアルに語ってしまうと「児童養護施設の仕事につきたいと思えなくなるんじゃないか?」と不安にもなりました。

けれど、「児童養護施設の仕事ってやりがいがあって楽しいよ!」なんて、期待や希望だけを見せてリアルを隠すようなことは言いたくないですね。

リアルを知ったうえで、仕事を選んでもらえると良いかなあと思います。

きびしい面ばかりクローズアップしてきましたが、児童指導員には魅力もあります!こちらの記事もご参考に。

児童指導員「やってて良かった」 やりがい・魅力TOP5
児童指導員やってて良かったことある?やりがいとか。 もちろんあるぞ! どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。 社会福祉士や精神保健福祉士は、児童指...

以上、児童養護施設の仕事が厳しい12の理由【元児童指導員解説】という話題でした!

【オススメ関連記事】

【児童養護施設実習が辛い!】あるある事例TOP5と対策
実習、きつすぎ・・・。 もうやめたい。 ほんと、お疲れ様だ。 ちょっと一息していってくれ。 こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。児童指...
児童養護施設で育つ人生を知っていますか?
児童養護施設育ちで20歳になった新成人を祝う記事が、WAMNETに掲載されています。 記事では「坂田さん」という女性がとりあげられています。 私は児童指導員として入所施設で働いていた経験がありますので、思うところをお話し...
【児童指導員の仕事】大変なことTOP5【知らなきゃヤバい!?】
児童指導員って大変なん? そりゃ、大変だぞ! どうも!社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。児童指導員の実務経験があります。 児童指導員は大変なことがたく...

コメント

タイトルとURLをコピーしました