知識・スキル

児童相談所の一時保護から子どもを早く取り戻したい保護者さんへ

知識・スキル

こんにちは。社会福祉士・精神保健福祉士のぱーぱすです。

  • 子どもを一時保護された・・・
  • 児童相談所に一時保護された子を早く取り戻したい

上記のような保護者さんへ、児童相談所での児童福祉司(ケースワーカー)経験をもとにお話しいたします。

児童相談所の一時保護から子どもを早く取り戻したい保護者さんへ

一時保護について(児童相談所の視点)

児童相談所の児童福祉司(ケースワーカー)は、子どもを一時保護せざるを得ないことが多々あります。

一時保護は、児童福祉法第33条に規定された行政処分です。

到底納得されないと思いますが、好き好んで一時保護しているわけではありません・・・。

第三十三条 児童相談所長は、必要があると認めるときは、第二十六条第一項の措置を採るに至るまで、児童の安全を迅速に確保し適切な保護を図るため、又は児童の心身の状況、その置かれている環境その他の状況を把握するため、児童の一時保護を行い、又は適当な者に委託して、当該一時保護を行わせることができる。
引用元:児童福祉法

ネット上のデマについて

まず、ネット上では「一時保護を年間〇件するノルマがある」とかいう情報が流されていますが、全くデマです。

一時保護に係る費用は行政がもちます。財源は税金です。保護者さんに請求することは原則ありません。

また一時保護をすれば、児童相談所は膨大な業務を背負います。しかも保護者さん等からは、相当の反発・怒りを受けます。

児童福祉司も人間ですから、心理的にダメージを受けます。冷静を装いますが、ロボットではありません。

しかし一時保護は、児童相談所の責務です。子どもの安心・安全・利益を最優先に行っているのです。

一時保護がいきなり何の連絡もなく実行される理由

多くの場合、一時保護は保護者さんに了解なく実行されます。一時保護した後、保護者さんへ連絡し、話をしていきます。

保護者さんの了解よりも一時保護が先んじる理由は、児童相談所が「一時保護します」と言って、「はいわかりました」と言う保護者さんはほとんどいないからです。(時に、すんなり了解されることはありますが、それはそれで心配です)

もちろん事前に了解を取る方が良く、その努力が必要とされています。

しかし児童相談所としては、保護者さんの反対にあって一時保護を遂げられなかった結果、子どもの命が失われてしまうことは絶対に避けないといけません

子どもに対しては、一時保護の必要性を説明し、納得してもらうように努めます。

(一時保護所は、刑務所等のように施錠できません。抜け出せる構造になっています。抜け出されると安心・安全を保障できませんから、子どもの同意は大切なのです。)

もちろん、保護者さんの元から急に子どもを離すことは、保護者さんにとっても、子どもにとっても大変ショックな場合が多いです。

しかし一時保護の判断は、何よりも子どもの安心・安全・利益を最優先に行います。最悪の事態は避けねばなりません。

また一時保護は、保護者さんが虐待をしているかどうかよりも、現在の環境では子どもの安心・安全が深刻に脅かされているという点に焦点をあてています。

「お前がやったんだろう」と保護者さんを決めつけたり、追求したり、批判するためでは決してありません。(児童相談所は、あくまで子ども中心の機関です)

ネットで「子どもを取り戻す方法」を調べる保護者さんへ

最近はインターネットで、「児童相談所から子どもを取り戻す方法」等の記事が公開されています。例えばこちらは、東京駅前総合法律事務所さんの記事です。

保護者さんの中には、上記のような記事をご覧になって、安心する方もいますが、心配をさらにつのらせる方もおられるでしょう。

「一時保護期間が1年以上かかることもある」といったワードだけが独り歩きして、「自分たちの場合もそうなるのでは・・・」と不安・怒りを感じる方もおられます。(実際に聞かれます)

ただし上記記事でも言われていますが、冷静に話した方が良いのは確かです。

それは、一時保護に至った原因・課題の解決を早めるためです。(保護者さんの立場にしてみれば「子どもを早く取り戻す」ということ)

感情的になっても、攻撃しても、脅しても、事態は好転しないでしょう。

そうした反応に児童相談所は慣れていますし、「虐待事実を認めない」「支援を拒む」という点は虐待の再発リスクと判断されかねません。

一時的に取り乱されるのは自然ですが、その後は「現実的にどうしていくと良いか(改善するか)」にシフトする方が良いと思います。

児童相談所や市区町村では、リスクアセスメントシートを活用することがあります。下記で示されているような点が、虐待リスクとして検討されます

児童相談所では「何があったか」という調査は大切ですし、保護者さんとはそうした話し合いをします。

この際、事実を隠したり、矮小化わいしょうかして伝えるのは良い結果につながらないでしょう。児童相談所は既に事実をつかんでいる場合があります。

そもそも子ども第一に考えれば、ありのままを率直に話される方が今後につながります。

事実がわかった後は、「今後どう対策するか」「再発しないようにどうしていくか」に焦点を当てた話し合いに移っていきます。

こうした話し合いで、感情的に反発するのは得策ではありません。敵意を向けるのも、良い結果につながらないでしょう

子どもの安心・安全のために冷静・協力的に話し合えた方が、より早く進みます

「子どもがかわいそうでしょう!」「それくらいどこの家でもあることです!」と感情的になるほど、肝心な課題解消の話にたどり着かず、時間を要してしまうと思います。

安易に施設入所を検討されるのか?

ネット上では「児童相談所は簡単に施設入所をすすめる」という話も出回っていますが、児童相談所が施設入所(里親など含む)をすすめる場合は、相当の事情があるからです。

根拠なく、安易に施設入所をすすめるわけではありません

例えば児童相談所の面接・訪問に応じないとか、仕事等を優先して一向に話し合いができないとか、一時保護が繰り返しになっているとか、極端なケースです。

そもそも施設入所は、親権者さんが反対すれば、児童相談所は家庭裁判所の承認が必要となります。(児童福祉法第28条の審判)

児童相談所の判断だけで強制されるわけではありません。

ただし児童相談所の立場としては、「28条の審判に持ち込む」ということは、「親権者と法的に対決する」ということです。

言い換えると、児童相談所が施設入所をすすめる場合は、客観的根拠があると踏んでいるわけです。家庭裁判所に却下される見込みならば、簡単にすすめることは無いでしょう。

実際、28条審判の結果の統計では承認がほとんどを占め、却下されることは稀です。

子どもの安心・安全が守られる世になりますよう、児童相談所の業務実態が正しく伝われば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました