【精神保健福祉士の合格率&推移グラフ】第1回から最新までまとめ

資格・受験

精神保健福祉士の合格率はどれくらいなん?

約63%だ。

第1回から第22回までの推移もグラフで伝えよう。

こんにちは!社会福祉士・精神保健福祉士ぱーぱすです。

精神保健福祉士の合格率は約6割といわれます

しかし、鋭い方ならば「年によって違いがあるんじゃないか?」「カンタンな年、難しい年があるんじゃないか?」と気になるはず。

そのような方にむけて、合格率推移をグラフにまとめました。精神保健福祉士国家試験の難易度を知るのに役立つでしょう。

ではさっそくまいりましょう!

【精神保健福祉士の合格率&推移グラフ】第1回から最新までまとめ

精神保健福祉士国家試験 合格率の推移

精神保健福祉士国家試験第1回は1998年。長野オリンピックの年でした。ちょうど生まれた頃という方もおられるでしょう。

最新の2019年度で22回目。第1回から第22回まで合格率の推移が↓のグラフです。

f:id:a_purpose:20200716214239p:plain
参考:厚生労働省 精神保健福祉士国家試験の受験者・合格者の推移

第1回・2回だけは異常な合格率ですが、第3回以降は60%前後を推移しています。

合格率の推移からみると、第23回以降にいきなり難易度が上がったり下がったりすることは考えにくいでしょう。

ちなみに、合格率の全平均は約63%でした。5人いれば3人受かるくらいですね。

精神保健福祉士国家試験 受験者数の推移

受験者数の推移もご紹介しましょう。↓が精神保健福祉士国家試験の第1回~第22回までの受験者数の推移です。

f:id:a_purpose:20200716214522p:plain
参考:厚生労働省 精神保健福祉士国家試験の受験者・合格者の推移

第7回以降の受験者数は7,000人前後ですね。

社会福祉士の受験者数は40,000人前後ですから、精神保健福祉士の受験者数は社会福祉士受験者数の5分の1くらいです。

精神保健福祉士
受験者数
  • 7,000人ほど
社会福祉士
受験者数
  • 40,000人ほど

精神保健福祉士国家試験 一発合格率は?

精神保健福祉士の合格率は約63%。実は、一発合格率はさらに高いことがわかっています。

学校 一発合格率
保健福祉系大学等 74.0%
短期養成施設 94.1%
一般養成施設 71.9%

短期養成施設の合格率は94.1%。驚異的じゃないですか?50人中47人が受かります。落ちるのはたった3人だけです。

一発合格率だけをみると、短期養成施設で勉強すれば受かりそうに思えてきます。

では、なぜ合格率の平均が63%なのかというと、既卒の方の合格率がとても低いからです。↓のグラフでわかります。

f:id:a_purpose:20200716215243p:plain
参考:厚生労働省HP 第22回精神保健福祉士国家試験学校別合格率

新卒の合格率 = 一発合格率です。新卒と既卒の合格率差は、約40%~55%あります。無視できないレベルです。

短期養成施設の合格率、めちゃ高いやん。

短期養成施設ってどこのことなん?

社会福祉振興・試験センターホームページでわかる。

社会福祉振興・試験センターホームページにて、短期養成施設・一般養成施設の一覧がわかります。進路選択に役立ててくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました